キャンパーなら知っていて当然?ペグにまつわるトラブルの解決法3選 | アウトドアの知識 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

キャンパーなら知っていて当然?ペグにまつわるトラブルの解決法3選

2022.09.04

ペグケースに入ったハンマーとペグが地面に置かれている。

キャンプでは地面が硬くてペグがささらなかったり、強風が吹いてペグが抜けてしまったりといった「ペグにまつわるトラブル」が起こりがちです。

いざというときに慌てないように、今回はペグにまつわるトラブルの解決法をご紹介いたします。

1.ペグを家に忘れてしまった場合の解決法

キャンプには衣食住に関わる様々なものを持っていくので、出かける前に入念にチェックをしていたとしても忘れ物をしてしまうことがあります。

そして、万が一ペグを家に忘れてきてしまった場合も、慌てることはありません。

そんな時は、キャンプ地でみつかる木の枝でペグを自作すればいいのです。

必要な道具

ナイフとのこぎりが地面に置かれている。

必要な道具。

  • ナイフ
  • のこぎり

木の枝でペグを自作する手順

指ぐらいの太さの枝を持っている。

指ぐらいの太さの枝。

まずは、材料となる木の枝を探しましょう。

太さは、成人男性の指ぐらいあるものが望ましいです。テントやタープに使用したい本数分の枝を用意しましょう。

枝は完全に乾燥しているものよりも、多少水分が残っている方が望ましいです。水分が残っている枝の方がしなるため、折れにくいからです。乾燥しきった枝は両手に持って曲げると「ポキン」と折れてしまいます。曲げた時に適度にしなる枝を使いましょう。

林間にあるキャンプ場ならば、地面に落ちている枝を拾うことができますが、キャンプ場で枝を探す場合は、必ずキャンプ場のスタッフに許可を得てから拾うようにしましょう。

枝をナイフで削っている様子。

鉛筆を削る要領で先端をとがらせましょう。

枝を見つけたら、ナイフを使って枝の先端を削ります。

枝にのこぎりを当てている様子。

まずは枝に対して垂直にのこぎりを引きましょう。

先端がとがった状態になったら、その反対側にテントのループやガイラインを引っかける刻みを入れます。

枝に対して垂直にのこぎりを当て、枝をカットしない程度に切り込みを入れましょう。

刻み部分のアップ。

テントのループやガイラインを引っかける刻み部分ができました!

切り込みを入れた下部にのこぎりを斜めに当て、はじめに入れた切り込みめがけて、のこぎりをひきましょう。

切込みが繋がり、木片がとれて刻みができます。

枝で作ったペグが地面に刺さっている。

ペグのように地面に打ち込みましょう。

地面に打ち込んで、刻みにガイラインをひっかければペグの代わりとして使用ができます。

2.ペグが効かない場合の解決法

キャンプ地によっては地面が硬すぎたり、砂地などで地面が柔らかすぎたりして、ペグが効かないことがあります。

そのようなトラブルが起きた場合はロープを使って、テントのループ部分に石や丸太などの重いものを結びつけましょう。重いものにロープを結びつけることで、ペグの代わりにすることができます。

石や丸太などをロープに結ぶには「エバンスノット」という結び方が最適です。結び方を解説いたします。

人差し指にロープが巻き付けられている。

ロープを3回巻きましょう。

まず、ロープの先端を人差し指に3回巻きつけます。

片手で3重になった輪を押さえ、もう片方の手でロープを持っている。

3重になった輪が崩れないように片手で押さえましょう。

3回巻きつけたら、人差し指をロープから引き抜いて、3重になった輪が崩れないように、片手で押さえます。

3重になった輪にロープを通そうとしている様子。

3重になった輪の下からロープを通しましょう。

3重になった輪から20cmほど下の位置のロープをつまみ、3重になった輪の下からつまんだロープを通します。

大きな輪のアップ。

大きな輪ができあがりました!

ロープを通したら、3重になった輪の部分を片手で押さえながら、輪になったロープの先端を引っ張って、大きな輪を作ります。

輪を大きくして、石や丸太に通した後に、3重になった輪の結び目を押さえながら、ロープの部分をひっぱれば、輪が閉まって固定することができます。

3.強風が吹いてペグが抜けてしまう場合の解決法

キャンプ地で強風が吹くと、その勢いでペグが抜けてしまうことがあります。

30cm以上の長めのペグがあれば抜けにくいので安心ですが、短めのペグしか持っていなかった場合は、以下の解決法でペグを抜けにくくすることができます。

まず、1本目のペグを地面に対して60度ぐらいの角度で斜めに打ち込みます。

地面にペグが十字に打ち込まれている。

2本のペグが十字になるように地面に打ち込みましょう。

2本目のペグを1本目とクロスさせる形で、地面に対して60度ぐらいの角度で打ち込みます。

2本のペグが地面に埋まる寸前まで打ち込まれている様子。

ペグの頭が埋まる直前までしっかりとペグを打ち込みましょう。

2本のペグが地面に埋まる手前まで打ち込み、ガイラインやテントのループにひっかけて固定します。

はじめに打ち込んだペグを2本目に打ち込んだペグが支えることにより、簡単には抜けなくなります!

さいごに

キャンプに必須であるテントやタープを支える要となるのがペグです。

ペグの固定をおろそかにすると、テントやタープが倒壊してしまうこともあります。

そのような事態になる前に、今回ご紹介した解決法を参考にして、安全なキャンプを楽しんでくださいね!

関連動画もチェック!

私が書きました!
アウトドアライター
のまどう
行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子供とのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドアの知識 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。