【試乗】絶景や釣り場など「いい場所」にアクセスするためのSUV「スズキ/エスクード」。 | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【試乗】絶景や釣り場など「いい場所」にアクセスするためのSUV「スズキ/エスクード」。

    2017.01.30

    28

    話題のコンパクトSUVの実力を確かめるべく、バイク雑誌で活躍するカメラマンの関野温さんに、スズキ/エスクードを試乗してもらいました!

     

    ちょうどいいサイズのSUV

    「ステアリングフィールドがしっとりと上質で、1クラス上のクルマを運転してるみたいに安定しています。僕みたいに、高速道路を長時間走る人は助かるでしょうね」

    先代までのエスクードは、どちらかというとクロカン四駆に近いヘビーデューティーなモデルだった。しかし、この新型から一転。サイズがひと回りコンパクトになったにもかかわらず、舗装路での走りっぷりがいっそう洗練されたものになった。

    「自転車やバイクを荷室に積んで、車中泊もするとなると大きいクルマのほうが便利に決まっているんですが。作品撮影のために地方の細い道を走ることが多いので、なかなかそういうわけにもいかないんですよ。いまは軽自動車ですが、本当はこのエスクードぐらいがちょうどいいバランスかもしれませんね」

    近年のコンパクトSUVらしくイ ンテリアの質感は上々。パドルシフト付きでスポーティーに走れる。

    近年のコンパクトSUVらしくインテリアの質感は上々。パドルシフト付きでスポーティーに走れる。

    シーンに応じた4つのモードが選 べるスズキ独自の四駆システム「オールグリップ」を採用する。

    シーンに応じた4つのモードが選べるスズキ独自の四駆システム「オールグリップ」を採用する。

    29-5

     

    いい写真、いい釣りのための最強SUV

    岬でクルマを停めると、関野さんはラゲッジルームから自転車と撮影機材、さらに趣味の釣り道具を降ろした。

    「簡単にアプローチできない場所だからこそ、価値のあるモノが潜んでるんです。運動性能抜群のエスクードでも、最後はやっぱり自分の力で走ることになると思います(笑)」

    荷室の天井が高いので、リアシー トを片方だけたためば前輪を外したMTBを縦に収納できる。

    荷室の天井が高いので、リアシートを片方だけたためば前輪を外したMTBを縦に収納できる。

    フルフラットにはならないものの、 リアシートを倒せば何とか大人が寝転がれるスペースを確保できる。

    フルフラットにはならないものの、リアシートを倒せば何とか大人が寝転がれるスペースを確保できる。

     

    ●スズキ/エスクード

    ¥2,210,000 ※4WD/6AT29-7 29-6サイズ 全長4,175㎜×全幅1,775㎜×全高1,610㎜
    最低地上高 185㎜
    最小回転半径 5.2m
    車両重量 1,210㎏
    乗車定員 5名
    エンジン 1,586㏄直列4気筒DHOC16バルブ
    最大出力 117㎰/6,000rpm
    最大トルク 15.4㎏-m/4,400rpm
    燃料種類 無鉛レギュラーガソリン
    燃費(JC08モード) 17.4㎞/ℓ
    ※アトランティスターコイズパールメタリック、ブラック2トーンルーフ塗装車。【まだまだある!小さな遊びグルマ】

    ●トヨタ/アクアX アーバン
    ¥1,944,54529-8抜群の燃費性能を誇るハイブリッドコンパクト、アクアをベースしたクロスオーバーモデル。駆動方式はFFのみだが最低地上高が20㎜アップし、大径タイヤや専用デザインのフロントマスクなどを採用している。全14色の豊富なカラーバリエーションで個性をアピール!

    ●スバル/XV
    ¥2,120,000~29-9「小さな」というにはギリギリだけど、"遊び性能"の高さに免じてノミネート。特徴は何といっても走破性。ルックスこそ都会派SUVながら、重量バランスに優れた水平対向エンジンとアクティブトルクスプリットAWDにより、雪道などの滑りやすい路面でも安定して走れる。

    ●ジープ/レネゲード
    ¥2,750,000~29-10ジープ初のコンパクトSUV。丸いヘッドライトを採用したボディーは全長約4.3mと日本の山道でも扱いやすいサイズ。FFと4WDがあり、前車は1.4ℓターボエンジン、後車は2.4ℓ自然吸気エンジンを搭載。本格的な走破性を求める人には最低地上高が20㎜高い4WDがオススメ!

    ●ルノー/キャプチャー
    ¥2,474,074(インテンス)29-11ルノー・ルーテシアと基本骨格を共有するクロスオーバーモデル。駆動方式はFFのみで、あくまで普段使いに重点をおいた仕様だ。エンジンはトレンドである1.2ℓのダウンサイズターボを搭載。お洒落な2トーンカラーと、ジッパーで表皮を着脱して丸洗いできるシートが面白い。

    ●ダイハツ/キャスト アクティバ
    ¥1,130,000~29-123種のスタイルを用意するキャストのなかでSUV風の意匠を採用するのがこの「アクティバ」。他のモデルより最低地上高が少し高いほか、4WDモデルにはDAC(ダウンヒルアシストコントロール)やグリップサポートといった電子デバイスも装備されている。ボディーカラーも多彩。

    ◎構成/佐藤旅宇 ◎撮影/小倉雄一郎

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    ドアを開けると夢の世界が!超高級SUV「レンジローバー」をテスト

    2022.09.10

    アウトドアに寄り添う実用性!最新装備のルノー・キャプチャーをテスト

    2022.09.08

    日産アリアからフィアット、ボルボまで!2022年上半期登場のEVをテスト

    2022.08.15

    リッチな気分に浸れて悪路もイケる!ビッグなグランドチェロキーを試乗レポート

    2022.07.29

    ”普段履き”にも最高のトレッキングシューズ的クルマ!日産・サクラ&三菱・eKクロスEVを試乗レポート

    2022.07.27

    抜群の使いやすさが限られた室内空間を補完する、フォルクスワーゲン・ポロを試乗レポート!

    2022.07.25