日本屈指の氷の滝! 鳥海山「二ノ滝氷爆」で絶景ハイキング | 日本の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

日本屈指の氷の滝! 鳥海山「二ノ滝氷爆」で絶景ハイキング

2022.01.04

鳥海山の二ノ滝氷瀑

スノーシューでしか行けない冬限定の絶景

「二ノ滝の完全凍結は、例年2月上旬ころですね」という遊佐町のトレッキング・ガイドさん。

(とすれば、滝はまだ凍ってないかも…?)

取材時期が1月上旬なのは残念だよな~、との思いに取材班一同、口数は少なく足も重い。

スノーシューがズボズボ埋まる深雪をラッセルし、夏なら1時間の山道を歩くこと2時間半。

鳥海山の雪山をスノーシューで歩く

車道を1時間半歩き、ブナ林の急斜面を約20分トラバース。

ブナの森の斜面をトラバースしていくと、谷間に突然、水の落ちる音が響いた。

やはりまだ早すぎたか……。

 

と、前を歩く写真家・後藤さんが

「おぉー!」

と叫んだ。

 

飛び込んできたのは、岩壁にしがみつくようにむんずと立ちあがる巨大な氷瀑アーチ。

氷の隙間からほとばしる流水に息をのむ。

かつて見たことのない“半熟の氷瀑”であった。

鳥海山の二ノ滝氷瀑

滝の中へ入ると、氷に包まれた。空気の流れがなく意外と温かい。

その辺にぶら下がっているツララを溶かして、馬肉入りラーメンを食べた。

しみる〜! 

落水の轟音。仰ぎ見れば凍る滝。時間が止まったみたいだ。

雪山の静寂にしばらく身を委ねたい……ところだが、背中の汗が冷えてきて「早くラーメン食って下山しないと!」と急かす。

(ここは氷点下の雪山、激寒いので長居は危険なのである)

人間を寄せつけない荘厳さが、この滝を昔のままの姿に保ち、日本屈指の絶景たらしめているのだ。

 

鳥海山・二ノ滝(山形県)

アクセス:山形県飽海郡遊佐町。二ノ滝へのスノートレッキングのベスト時期は2月上旬〜3月上旬。 JR遊佐駅から車で15分の「胴腹滝」へ行き、そこから雪の中を歩いて往復約4時間。ガイドツアーがおすすめ。

ツアーやガイドのお問い合わせ先(※新型コロナウイルスの影響で中止の可能性があります)

遊佐鳥海観光協会 

営業時間 8:30~17:30 (日曜日・年末年始は休み・祝日は営業)
0234-72-5666
https://www.yuzachokai.jp/

●「来ちゃいなよ遊佐町」
http://yuzamachi.com/

 

鳥海山ハイキング後の立ち寄りスポット

遊佐町の名勝「丸池様」

湧き水がブルーに輝く美しい湖、遊佐町の名勝「丸池様」。一つ目の魚が棲むという伝説が残る。

アルケッチャーノ

地元、庄内食材を用いた奥田政行シェフのイタリア料理店「アル・ケッチァーノ」は日本における地産地消レストランのパイオニアたる名店。時間が許すなら、ぜひ訪れたい。

アルケッチャーノ「タラとカラスミのクリームパスタ」

3800円のコースは「タラとカラスミのクリームパスタ」など全6皿だった。

アル・ケッチァーノ

0235-78-7230
http://www.alchecciano.com/

 

文=森山伸也 撮影=後藤匡人(「BE-PAL」2015年3月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本の旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。