長寿命のワンボックスカーを車中泊カーに変える、頼もしいサービスを発見 | クルマ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 長寿命のワンボックスカーを車中泊カーに変える、頼もしいサービスを発見

    2022.07.18

    新規登録から13年経過すると税金が上がるため、10年をめどに愛車の買い換えを検討する人が多い。

    ところがキャンパー人気の高いハイエースやキャラバンなら走行距離10km以上は当たり前、メンテナンス次第で20km以上使い続けている人もいるほど長寿命だ。まだまだ元気に走るクルマを手放すのは残念だし、傷や汚れひとつにも家族との思い出がある。

     話題のクルマが集結する「モーターキャンプエキスポ2022」(大阪・万博記念公園にて2022年734日開催)で、次の10年に向けて気分を一新できるリノベサービスやキットを探してみた。

    インテリアをガラリと変える4点セット

    「W3インテリア4点セット」(32万5000円)。

    ハイエースのカスタムが得意なneru海(https://www.nerukai.com)は無垢材のベッドキットと床板パネル、ベッド天板が車内テーブルになるロングタイプのテーブル脚、Dピラー&スピーカーというお得な200系ハイエースバンスーパーGL標準ボディ用「W3インテリア4点セット」を用意している。

    ベッド天板は車内テーブルとするほか、別売の脚を4本取り付ければ屋外でも使えるミニテーブルになるという仕掛けだ。無垢材のため自分で塗装できるのも高ポイント。

    「Easy camping styleベッドキット」(19万8000円)。

    こちらは20色以上から選べるベッドマット、110色以上の棚色を用意したのが200系ハイエースバンスーパーGL標準ボディ用「Easy camping styleベッドキット」。色の組み合わせでオリジナリティを出せるし、くたびれたフロアも別売の「床板パネル」を使って一新できる。

    ベッドの下はおおよそW85×H45cmの広大な収納スペースがあるので、クーラーボックスやポータブル電源など大きくて重いものの置き場所にぴったり。

    neru海では、棚なしベッドキットも用意しており、こちらは車幅いっぱいをベッドとして使える。棚なしキットを選び、あとから棚のみを購入することも可能。これなら家族との車中泊旅は棚なし、仕事に使うときは小物整理に便利な棚を取り付けるといった使いわけもできる。

    ノーマル車が快適になるシェード

    モールシステムシェード」(荷室サイドウインドウ2面分4万8000円、助手席側窓用・運転席側窓用は各2万4500円)

    ハイエースやキャラバンはとにかく荷室が広い。このメリットをできる限りいかすために、ノーマルのまま使っているユーザーもいるだろう。

    CCcouplerhttps://cccoupler.com)はハイエースやキャラバンのサイドウインドウや三角窓に取り付ける「モールシステムシェード」を販売している。横方向にウェビングが貼り付けられたMOLLEシステム風のシェードで、フックを使って小物整理ができるというもの。あまりに重いモノは掛けられないが、MOLLEシステム対応のポーチを取り付けた壁面収納でノーマル車でも手軽に硬派なインテリアを演出できる。もちろん日差しや視線を遮り、落ち着いて仮眠ができるのは言うまでもない。

    「ファンプレート」(4900円)。

    ハイエースやキャラバンのサイドウインドウに手持ちの作業服用ファンユニットを取り付けられる「ファンプレート」というアイデア商品は、昨今の車中泊人気を見据えて開発。車中泊での換気に役立ちそう。ポータブルクーラーのダクトを取り付けるための穴なし「DIYプレート」(3980円)もあるという。

    ベッドキットやシートをカスタムオーダー

    ハイエースやランドクルーザーの専門店、FLEXではいち早くリノベーションに注目し2017年よりRenocahttps://www.flexnet.co.jp/renoca/)というプロジェクトを立ち上げているのはご存じの通り。

    会場では、製作例としてYouTuberでありドキュメンタリー映像製作会社を経営しているご夫婦の機材車を展示していた。

    RENOCA COAST LINES」フェイスはシェビーバンをイメージした角目で、これだけでも印象をガラリと変えられる。

    シートカバーやマットレス、コンソールボックスはクラフトプラス(https://www.craftplus.jp)、ベッドキットは藤本工務店のカスタムオーダーだそう。マルチテーブルやスライドベッドは木目のデコボコが強調されるうづくり加工で表情豊か。カスタムオーダーなら細部までこだわれるのがいい。

    ボンゴブローニィのリノベサービス

    ハイエースやキャラバンの影に隠れがちだが、ボンゴもタフなクルマだ。キャンピングカープラザ大阪はエレベーティングルーフとロングスライドレールで使い方の自由度を高めたキャンピングカー「RIW」シリーズ(https://riw.jp)が有名だが、ボンゴブローニィをRIW風にリノベする「RIW Brawny」でも密かな人気。エレベーティングルーフではなくルーフトップテントを取り付けているので車内で立って作業するのはつらいが、車外に持ち出せるテーブルなどその雰囲気はRIWそのもの。椅子やテーブルは重ねれば棚になり、車内にハンターカブを積載できるほど大きな空間が生まれる。

    壁紙や床板からレイアウトまで、ユーザーの希望が詰まったオンリーワンのブローニィだ。

    気になるリノベーション参考価格は2189000円で、ベースカーは120万円程度とのこと。キャンピングカープラザ大阪にベース車両を探してもらうほか、ブローニィの持ち込みもOKだ

    10年ごとに愛車を買い換えるのもいいけれど、ハイエースに代表される長寿命のクルマであれば家族とともに走り続けたクルマを子ども世代が受け継ぐことも夢ではない。キットやリノベサービスは、その日を目指して大切に乗り続ける人たちを応援してくれる頼もしい製品だ。

    私が書きました!
    ライター
    大森弘恵

    フリーランスのライター、編集者。主なテーマはアウトドア、旅行で、ときどきキャンピングカーや料理の記事を書いています。https://twitter.com/utahiro7

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 クルマ 』新着編集部記事

    テント泊で疲れたらフランス車で帰るなんてどう?シトロエンのクロスオーバー「CX5」レビュー

    2022.12.07

    かつての難所が有名観光地に変貌!箱根キャンピングカー旅で発見

    2022.11.28

    「軽トラックOn my mind」東田トモヒロの愛車の話

    2022.11.23

    ホンダ・ステップワゴンは外遊びグルマの永世定番になる!

    2022.11.22

    東京・日本橋から京都・三条大橋まで東海道500km!晩秋のキャンピングカーひとり旅

    2022.11.19

    「長く愛せるクルマ作り」を実践する、国分太一さんのアメ車カスタム計画は必見!

    2022.10.30