知床のヒグマ猟師が10年愛するクルマ「トヨタ/ランドクルーザー80VX ’97年式」 | クルマの活用術 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

知床のヒグマ猟師が10年愛するクルマ「トヨタ/ランドクルーザー80VX ’97年式」

2017.01.02

12-1バキッ! ゴリゴリ、ガツッ! 知床半島の山中深く、車幅よりも狭い林道を進むのは、ヒグマ猟師・久保俊治さんのランドクルーザー。
「だってランクルだもの。これくらいなんでもないべさ」と笑う久保さんの愛車はひっかき傷だらけ。ラジオのアンテナは「買ってすぐに折れて無くなった」という。

道東は北海道でも雪は少ない土 地だが、ときに積雪は2m以上に。深い雪への強さは必須。

道東は北海道でも雪は少ない土地だが、ときに積雪は2m以上に。深い雪への強さは必須。

「おっ、まだ新しいな」
道端に何かを見つけた久保さんが、車を降りて手に取ったのはホヤホヤのヒグマの糞。
「堆肥の草が混じってる。牧草地で、堆肥と一緒に捨てられた飼料を食ったんだべな」
ヤマブドウやサルナシなど、餌場を確認しながら進んでいくと、林道は湿地で行きどまりに。すると久保さん、ぬかるみでヒラリと車を切り返すともと来た道を戻りだした。

車で押しのけられない倒木が出てきたら、鉈でって取り除く。

車で押しのけられない倒木が出てきたら、鉈でって取り除く。

「昔は2駆で来たんだもの。普通の車が入る道なら、ランクルで行けないことはない」
ときにマイナス30度Cを下回り、2m以上も雪が積もることもある知床の山。ここでは「車には絶対の信頼感が必要だ」と久保さんはいう。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 クルマの活用術 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。