軽くて、ベトつかない! 猛暑の夏は「紙」を着るべし | 道具・ギア(買い物) 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

軽くて、ベトつかない! 猛暑の夏は「紙」を着るべし

2022.07.16

青いシャツ。

「KAMIKO ハーフスリーブシャツ」のインディゴ。

日本には古くから和紙を糊で貼り合わせた「紙衣(かみこ)」という衣服があった。戦国武将が羽織として着たこともあったが、次第に廃れてしまった。が、これをモンベルが現代的にアレンジして「KAMIKO」として復活させた。紙には汗を吸いとって放出させるという利点があるが、ゴワゴワとして固いという難点がある。モンベルは、マニラ麻から作った紙糸にコットンを混ぜることで、この難点を解決した。洗濯機での洗濯に耐える強さも備えている。

羽織ってみると、とても軽い。肌ざわりはサラサラとして、ベトつかない。生地が薄いので風通しもなかなかのもの。ボタンが竹製というところも涼しさを感じさせて、グッドだ。

生地のアップ。

ボタンは竹の質感がよく出ている。生地は透けるほど薄い。

茶色。

「ブラウン」。

白。

「ホワイト」。

モデルが着用。

いかにも涼しげな印象。胸ポケットあり。

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

KAMICO ハーフスリーブシャツ 各6,490円

https://www.pal-shop.jp/item/A55208005.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 道具・ギア(買い物) 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。