リッチな気分に浸れて悪路もイケる!ビッグなグランドチェロキーを試乗レポート | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • リッチな気分に浸れて悪路もイケる!ビッグなグランドチェロキーを試乗レポート

    2022.07.29

    私たちがテストしました!

    編集・早坂(右)、記者・櫻井(左)

    新型グランドチェロキーを、霧が立ち込める峠で試乗。不安を感じさせない頼もしさです。「ラグジュアリーな内装にもうっとり(早坂)」

    アウトドア大国アメリカの気分が味わえる

    早:アメリカは昔も今もアウトドアの情報発信地。クルマにおいてもジープ/ラングラーという不変の名車があります。
    櫻:うん。近年、ジープはラングラーを核に、ユーザーのライフスタイルに合わせた様々なモデルをそろえている。今回テストした新型グランドチェロキーはフラッグシップで、各社が力を入れている高級SUVのパイオニアといえる存在。
    早:かつて日本でもブームになったチェロキーの兄貴分ですね。アメリカサイズとあって、デカいっす!
    櫻:標準ボディーよりも全長が380mm長い、3列シートの「L」だからね。

    ジープらしさを表現したロングボディー

    オーバーハング(車軸からボディー先端までの距離)を切り詰め、取り回しがしやすい。

    スリット入りのグリルや台形のホイールアーチはラングラーに由来。

    ロードクリアランスは212mmが標準で、-46mm~+60mmまで5段階に調節可能。

    ビッグサイズのラゲッジが気持ちいい!

    早:でも運転してみると、思ったほど大きさを感じません。なぜでしょう?
    櫻:ボディーの前後端が切り立っているので、車両感覚がつかみやすいんだ。オフロードで最も大切な視認性と取り回しを考慮した、ジープらしい設計だね。
    早:なるほど~。でもアメリカの人は、こんな贅沢なクルマで岩場とか湿地帯を走るんでしょうか?
    櫻:少数派だろうけど、平日は通勤で乗り、週末は大自然に繰り出すユーザーをイメージしたクルマだから。
    早:アメリカの都会と郊外の落差は日本とは比べ物になりませんからね。備えあれば憂いなし、と。

    image

    2列目の片側と3列目をたたんだ状態。ラゲッジの床はフラットになり、左右の出っ張りもなく、4人分のキャンプ道具を余裕で積むことができる。

    床下収納も十分な容量を確保。

    3列の空間を生かしてロングツーリングへ

    櫻:それに、高級車ではあるけれど、これみよがしなところがないんだな~。
    早:確かに! ギラギラしたクルマはフィールドが似合わないけど、グランドチェロキーなら馴染みます。
    櫻:理由として、随所にラングラーのテイストを盛り込んでいるのがまずひとつ。そして内装のデザインはシンプルにまとめて、ウッドやレザーも華やかさより肌触りを重視した印象だ。
    早:だからどの席に座っても気分が落ち着くんですね~。長距離を走るアメリカのクルマとあって、乗り心地は最高です!
    櫻:テスト車両はエアサスペンション仕様ということもあって、特に乗り心地がいい。それでいて車高を106㎜の幅で調整できて、4WDは副変速機付き。約60㎝の深さまで水に浸かっても走れるタフギアという一面も持っているんだ。
    早:でも、高嶺の花です。
    櫻:アメリカ車は頑丈だから。長く乗れると考えれば、コスパに満足できるはず。

    テスト車両の2列目は独立したキャプテンシート。3列目も広く、ストレスフリー。

    2~3列目はラゲッジ側から電動で収納できる。

    車中泊も快適。天井が高く、開放的だ。

    リッチな走りと装備が気分をアゲる!

    コンソールは使いやすさ重視の設計で、初めてでも操作に迷わない。

    オーディオは18個ものスピーカーが付くマッキントッシュ製。モニターにアナログ表示もできる。

    もちっとした質感のレザーシート。大きくてクッション性に富み、大柄な人でもリラックスできる。これもアメリカ車の特徴。

    パワフルなV6エンジンを搭載。音も頼もしい。

    ジープ/グランドチェロキー L サミット リザーブ

    車両本体価格:¥9,990,000

    SPECIFICATIONS

    【駆動方式】 4WD

    【ボディー寸法】
    全長 5,200mm
    全幅 1,980mm
    全高 1,795mm
    最低地上高 212mm
    最小回転半径 6.3m
    ホイールベース 3,090mm
    トレッド 前1,665mm/後1,665mm
    タイヤサイズ 275/45R21
    車両重量 2,250kg
    乗車定員 6名

    【エンジン・燃料】
    形式 V型6気筒DOHC
    排気量 3,604cc
    最高出力 210kW(286PS)/6,400rpm
    最大トルク 344N・m/4,000rpm
    燃料タンク容量 87L
    燃料種類 無鉛レギュラーガソリン
    燃費(WLTCモード) 7.7km/L

    【トランスミッション】 8AT

    問い合わせ先

    ジープ 

    TEL:0120-712-812 

     

    ※構成/櫻井 香 撮影/小倉雄一郎 問い合わせ先:レクサス 0800-500-5577

    (BE-PAL 2022年6月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    自分だけの移動基地が作れる!スズキ「スペーシア ベース」を徹底レビュー

    2023.01.08

    ビジネス街から里山まで~2拠点生活にも使えるレクサス RXをレビュー

    2022.12.29

    小回りが利いてたっぷり積める!フォルクスワーゲンのEV「ID.4」をレビュー

    2022.12.26

    運転も楽しみたい大人キャンパーに!容量たっぷりのラゲッジを備えるマツダ「CX-60」試乗レポ

    2022.12.20

    テント泊で疲れたらフランス車で帰るなんてどう?シトロエンのクロスオーバー「C5 X」レビュー

    2022.12.07

    ホンダ・ステップワゴンは外遊びグルマの永世定番になる!

    2022.11.22

    z