モンベルの大ヒット焚き火台「フォールディング ファイヤーピット」にSサイズ登場! | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 道具・ギア

    2022.05.12

    モンベルの大ヒット焚き火台「フォールディング ファイヤーピット」にSサイズ登場!

    「フォールディング ファイヤーピット」イメージ

    2021年春に登場したモンベル初の焚き火台「フォールディング ファイヤーピット」。多くのキャンパーから高い評価をうけ、2021年冬に雑誌『BE-PAL』が開催した日本初のアウトドアアワード「第1回BE-PALアウトドアアワード」でも、焚き火台部門にノミネートされている。

    さらに2022年夏、フォールディング ファイヤーピットに12人向けのSサイズが登場!よりコンパクトになり、ソロキャンプなどにおすすめだ。

    燃焼効率の高さと煙が少ない快適性はもちろんそのまま!

    フォールディング ファイヤーピットで話題になっていたのは高い燃焼効率と、煙が少ない快適性。独自の二重・深型構造により、薪が燃え出す際に発生する煙の未燃焼ガスを再度燃やす二次燃焼が起こり、煙やススが少ない状態で楽しめる仕組みとなっている。

    「フォールディング ファイヤーピット S」

    「フォールディング ファイヤーピット S」¥17,600。

    折り畳みコンテナから着想を得たという燃焼室とフレームが一体化されたデザインも特徴的で、わずか数秒でセッティングや片付けが可能。フォールディング ファイヤーピットの重量は付属品の焼き網、収納袋を含めても4.3kgと軽量だったが、Sサイズでは3.03kg。さらに軽くなっている。

    フォールディング ファイヤーピット折り畳み

    折りたたむと厚さはわずか5cmに!

    付属の焼き網でバーベキューが楽しめるのはもちろん、別売の専用五徳「クッカースタンド S」を装着すれば、ダッチオーブンなどを載せることもできる。より耐久性を求めたいなら、炭を置くこともできる「ステンレスロストル」など、専用パーツも充実している。

    収納袋

    収納袋もおしゃれ!

    ソロキャンプで充実した焚き火ライフを送りたい人はぜひ要チェックを。

    モンベル 
    https://www.montbell.jp/

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    GREGORYのロングセラーバックパックにコンパクトで機能的な新モデルが登場

    2024.05.28

    水陸両用サンダルは今季もトレンド!大注目のホカ「HOPARA 2」を試してみた

    2024.05.28

    キャンプ×スムージーを手軽に叶う、レトロかわいいミルクボトル型のブレンダーはいかが?

    2024.05.27

    ファミリーキャンプにあったらいいな!LOGOSの広々座れるアウトドア用ソファ

    2024.05.27

    山岳テント最強はどれ?ベストバイアイテムを徹底解析

    2024.05.26

    VASTLANDの新作「マルチグリドル」は焦げ付きにくく、専用の取っ手カバー付きだ!

    2024.05.26

    ソロストーブのレンジャーをおすすめする理由!特徴から拡張アクセサリーまで紹介!

    2024.05.25

    「DOD」「niko and …(ニコアンド)」人気ブランド同士のスペシャルコラボが帰ってきた!

    2024.05.25