残り少ない線香も無駄なく使える、メイド・イン・オーストラリアのシンプルな蚊取り線香ホルダー | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア雑貨・小物

    2022.05.18

    残り少ない線香も無駄なく使える、メイド・イン・オーストラリアのシンプルな蚊取り線香ホルダー

    Crochead 蚊取り線香ホルダー

    春も終盤となりつつある今日このごろ、アウトドアがますます楽しい季節になってきた。だが気温が上がるにつれて厄介なのは、虫が元気に動き回ること。中でも蚊対策は絶対に必要となるが、人体に影響が少ない蚊取り線香を愛用する人も多いだろう。

    日本の古き良き夏のアイテムというイメージが強い蚊取り線香だが、こちらの「蚊取り線香ホルダー」はオーストラリア製。挟んで固定するだけのシンプルな設計ながらも、使う場所に合わせてさまざまな方法で設置できる優れものだ。

    一年中蚊に悩まされるクイーンズランドで、3年かけて商品化!

    蚊取り線香ホルダー単体

    「Crochead 蚊取り線香ホルダー」価格: 2000円 ※シルバーはなくなり次第終了。終了後はブルー(1900円)に変更。

    商品単体だと一見知恵の輪のようにも見えるが、ホルダーの底辺をつまんで上部のニッパー部分を開き、蚊取り線香を挟んで固定することが可能。線香が残り少なくなってもしっかりホールドするのはもちろん、太巻きタイプの蚊取り線香でもしっかり対応できる。

    残り少ない線香を挟むことができる蚊取り線香ホルダー

    残り少ない線香をしっかり挟むことができる。

    そして立てて使うのはもちろんのこと、横に寝かせたり、カラビナなどにひっかけて使うことも可能だ。

     蚊取り線香ホルダー・横

    横に寝かせてもOK!

    こちらは「Crochead(クロックヘッド)」というオーストラリアの会社が製造しており、素材の調達から製造まですべてオーストラリア製。クロックヘッドは年中蚊に悩まされるというクイーンズランドに位置しており、同社が3年かけて作り上げたものだという。

    Crocheadロゴが入った日本オリジナルのパッケージ。

    日本での発売はNPI合同会社の直営オンラインショップ「Amber Ark」(https://amber-ark.jp/collections/crochead)またはAmazonで取り扱い中。日本語の説明書つきによる日本オリジナルのパッケージで販売されているので、プレゼントにも喜ばれそうだ。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    L.L.Bean(エル・エル・ビーン)/ウォータープルーフ・アウトドア・ブランケット、エクストララージ プラッド 

    2024.06.20

    LOGOS×Afternoon Tea×PEANUTSのトリプルコラボ!アウトドアで目立つスヌーピーアイテムだっ

    2024.06.17

    釣りから生まれた「どこでもカラビナ」が超おすすめの理由!

    2024.06.14

    パワーアークの“充電しながら使えるネッククーラー”がパワーアップ!冷却プレートの面積も拡大

    2024.06.10

    バッテリーにもランタンスタンドにもなるOD缶…!?

    2024.06.09

    登山向けサングラス7選|紫外線・砂埃対策に必須!おすすめ偏光・調光サングラス

    2024.06.09

    パラコードを使う際の結び方!キャンプで活躍する7つの方法を紹介

    2024.06.08

    顔も体も、食器も服も洗える!天然由来成分100%「ドクターブロナー マジックソープ」の限定セットが狙い目

    2024.06.05