まるでロボット!あまりにオシャレなコールマン「シングルガスストーブ120A」をレビュー | バーナー・燃焼器具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    バーナー・燃焼器具

    2022.04.23

    まるでロボット!あまりにオシャレなコールマン「シングルガスストーブ120A」をレビュー

    筆者私物

    誰もが振り向く、圧倒的な存在感

    キャンプ業界でトップクラスの人気を誇るコールマンから、この上なくオシャレなガスバーナーが販売されています。

    それが今回レビューする「シングルガスストーブ120A」。いわば家庭用のカセットコンロを、キャンプ用に新設計したかのような製品です。

    まるでロボットのようなフォルムが魅力。

    使い勝手に関してはこのあとでお伝えするとして、まずなによりも特徴的なのが、コールマンらしさ全開のカラーリング。

    ネオクラシックな雰囲気ただようその見た目は、カッコよくも、可愛らしくも感じられます。

    アウトドアショップで見かけたら、目が釘付けになること間違いなし。そう言えるほど、大きな存在感を放つガスバーナーです。

    アタッシュケースのようなハードケースが付属

    大切なバーナーを衝撃から守ります。

    シングルガスストーブ120Aに付属する、真っ赤なハードケース。これがまた、バーナー本体の特別感をいっそう際立たせています。

    ケース上部には、2つのロックを装備。不意の脱落を防止します。

    簡単かつ確実なロック。

    爪を引っかけるだけの簡素なロックではなく、スライドさせてガッチリと固定する仕様。信頼性は十分です。

    持ち手は折りたたむことができ、自宅で保管するときも、車で運搬するときも邪魔になりません。

    付属品といえど十分に機能的でチープさを感じさせない、作りのよいケースです。このケースだけ、もう1つ欲しいと思えるほどに。

    ロースタイル・ハイスタイルに変形するギミックが面白い!

    スリムなシルエットが美しいスタンド。

    シングルガスストーブ120Aは、スタンドの構造もユニークです。

    スタンドの開き方を変えることで、ロー(高さ15cm)・ハイ(高さ23cm)の2通りのスタイルに対応します。

    テーブル上で使いやすいロースタイル。

    ロースタイルで使いたいときは、向かって左側に折りたたまれているスタンドのうち、短いほうを展開します。

    反対側は、ガスカートリッジそのものがスタンドとして機能する仕組みです。つまり、ほぼ3点で支えていることになります。がたつきもなく、安定感は申し分なし。

    高さが欲しいときはハイスタイルで。

    ハイスタイルにしたいときは、本体の左右に折りたたまれている長いスタンドを、両方とも展開します。

    スタンドを最後まで展開すると、「カチッ」とロックが作動。スタンドが勝手に戻ることはありません。

    さらにスタンドの先端にはゴムパーツが備わっており、テーブルの上でも滑らず安定します。ハイスタイルでは、大容量のガスカートリッジも装着可能です。

    ガスカートリッジの接続方法も独特。

    ちなみにガスカートリッジ(OD缶)の装着は、バーナー本体の接続部を傾けておこないます。接続部が目で見えるため、装着がスムーズでストレスフリー。この工夫も素晴らしい!

    テーブルの上に置いて使うときはロースタイルで。地面に置いて使用するとき、あるいは低いテーブルで使用するときはハイスタイルで。

    このように使い分けられるため、キャンプでの楽しみ方の幅が広がります。

    点火も火力調整も、つまみを回すだけの簡単操作

    どなたでも迷わず使えます。

    使い方はとってもシンプルです。点火も火力調整も、本体正面に備わったつまみを操作するだけ。

    つまみを回すとガスが出始め、最後まで回すと「カチンッ」と点火します。世の中に数多く出回っているカセットコンロと、操作感は同様です。

    つまみを奥に押し込まなければ回らない構造で、「知らないうちにガスが出ていた」ということも起こりません。

    点火して、真上から見た様子。

    点火すると、青い炎がリング状に勢いよく立ちのぼります。

    公表されているスペック上の出力は、約2,150Kcal/h。通常サイズのガスカートリッジ1本で、連続3時間使用できます。

    簡単な焼き料理であれば、出来上がるまであっという間。OD缶タイプのガスバーナーらしい、安定した火力も持ち味です。

    風防つきの大きなゴトクで料理が快適

    ゴトクが大きく、幅広い調理器具に対応。

    ゴトクのサイズは、対角線で25cm。直径27cmまでのフライパンや鍋に対応しています(ダッチオーブンは直径20cmまで)。

    耐荷重10kgとタフなため、大人数で食べる料理を作る場合も、問題ありません。ゴトクと一体となったシルバーのプレートも、使い勝手に貢献している装備。

    火力は十分。焼き料理も煮込み料理も、お手のもの。

    風防としての機能をもち、料理中の立ち消えを防いでくれます。また、反射熱により、鍋やフライパンを効率的に加熱する効果も期待できそうです。

    プレート底部のくぼみが、鍋から吹きこぼれた水分を受け止めてくれるため、掃除も簡単です。

    どうしてもシングルガスストーブ120A特有の派手なデザインに注目したくなりますが、そのデザインに負けないほどの、ハイレベルな実用性を備えていることがわかります。

    「ソロキャンプには、これ1つで十分」と思える

    ローチェアとの組みあわせがとくにおすすめ。

    キャンプで料理をするにあたり、必要な量の食事で済ませる人、常に何かを食べていたい人など、さまざまなスタンスがあることでしょう。

    前者にとっては大きなガスバーナーを持っていく必要性が薄く、いっぽうで後者の場合、小さなガスバーナーではあまり快適に過ごせない可能性があります。

    見た目も機能も100点満点!

    その点、シングルガスストーブ120Aのサイズは、幅広いスタンスのキャンパーに受け入れられるのではと感じます。

    大人数でのキャンプでは不足を感じるかもしれませんが、少なくともソロキャンプにおいては、これ1つあれば十分でしょう。

    そして料理に対するスタンスは違えど、自然に囲まれた環境で食事をすること自体は、多くの人にとって楽しみであるはず。

    その楽しみにしている料理の中心に、最高にハッピーなデザインの道具があったらどうでしょう?

    たとえ簡単な料理であっても、より美味しく、より色鮮やかに感じられると思います。

    コールマン
    シングルガスストーブ120A

    使用時サイズ:【ハイ】約37×23×23cm、【ロー】約31×23×15cm
    収納時サイズ:約31.5×12.5×25cm
    総重量:約2.9kg
    耐荷重:約10kg
    火力:約2,150kcal/h
    燃焼時間:約3時間(470gレギュラー缶使用時)


    私が書きました!
    アウトドアライター
    斎藤純平
    キャンプに関する記事を中心に執筆しているアウトドアライター。趣味はキャンプ・国内旅行・バイク・スキューバダイビング。温泉や神社を巡るのも好きで、そこそこ詳しい自信あり。どこにも定住しない自由気ままな生活を目指すため、ライターとして活動している。

    NEW ARTICLES

    『 バーナー・燃焼器具 』新着編集部記事

    世界1899台限定、ヘリテージ缶入りのオプティマス「NOVA」を買えるのは今だけ!

    2024.05.15

    ツーバーナーのおすすめ9選!キャンプ飯づくりが捗るおしゃれな名品を紹介

    2024.05.06

    エスビットの人気ギアを一挙紹介!固形燃料、ポケットストーブ以外のアイテムまで徹底解説

    2024.04.17

    個性際立つものばかり!アウトドアで必須のストーブ(バーナー)おすすめ9選

    2024.04.01

    SOTO(ソト)/レギュレーターストーブST-310 

    2024.03.18

    その名も富士山ストーブ!BE-PAL×笑’sコラボの固形燃料ストーブはシェラカップに収まる小ささだぞ

    2024.03.01

    固形燃料の定番品ならコレ!上手な使い方や調理法まで徹底解説

    2024.02.07

    イワタニの名品シングルバーナー!「ジュニアコンパクトバーナー」ほか人気バーナーを紹介

    2024.02.04