薪を「割る」より「切り揃えたい」ときってあるよね。ペン型の超小型ノコギリをどうぞ | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2022.05.23

    薪を「割る」より「切り揃えたい」ときってあるよね。ペン型の超小型ノコギリをどうぞ

    長さの切り揃えられた市販の薪ではなく、落ちている枝などを拾って焚き火をする場合、重宝するのは鉈ではなくノコギリである。

    枝の場合、細いのも太いのもあるから小割りにする必要がなく、むしろ長さを切り揃える道具があったほうがよい。最近は小さい焚き火台も多いから、市販の薪であっても短く切り揃えたい場合もあるだろう。

    というわけでノコギリの出番となる。ホームセンターで売っている庭仕事用(植木剪定用)の折りたたみノコギリを使っている人も多いかもしれないが、それらのものは軽さ、コンパクトさの点でちょっと物足りない。

    渓流や海岸に持っていくための軽量コンパクトなノコギリがないものかと思っていたら、この「バタフライSAW 剪定刃」を見つけた。

    折りたたむと、長さ約13cm、幅2cmほどになる。ズボンのポケットに入るどころか、太目のペンを持つ感覚でシャツの胸ポケットに差しておくことができる。

    真鍮製のハンドルは、軽量化のための丸い穴が開けられて、全体の重量は115g。ハンドルの素材が木や樹脂ならば、もう少し軽くなりそうだが、強度を考えるとやはり金属となるのだろう。

    ブレードの素材は、硬度が高く、切れもよい「SK5」という炭素鋼。7,700円という価格はけっして安くないが、見た目もかっこよく、所有欲をかきたてられるノコギリだ。

    ノコギリで木を切っている。

    ブレードは細いけれど厚さがあるので、力を込めて切ることができる。

    ノコギリをたたんだ状態。

    ハンドルの真鍮はメッキ仕上げ。ノコギリとは思えぬ高級感。

    たたんがノコギリを革製ケースに入れている。

    牛皮製のケースが付属。

    動画もご覧ください。

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    バタフライSAW 剪定刃 7,700円

    https://www.pal-shop.jp/category/IP_001_800_003_001/A55206007.html

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12