テントで快適に眠れる人気コット8選。種類や選び方も紹介 | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • テントで快適に眠れる人気コット8選。種類や選び方も紹介

    2022.05.14

    キャンプの準備をしている人の中には、コットを使いたいと思っている人もいるでしょう。コットにもいくつか種類があります。選び方、おすすめのコットを8つピックアップして紹介するので、キャンプ中の睡眠を快適にしたい人はチェックしましょう。

    コットでキャンプ中の睡眠を快適に!

    (出典) pexels.com

    コットはキャンプ中の睡眠を快適にしてくれるアイテムですが、キャンプ初心者の中には本当に必要か迷う人もいるでしょう。キャンプで活躍するコットの魅力を解説します。

    地面からの冷気や熱気を防ぐ

    コットとは折りたたみ式の簡易的なベッドのことです。キャンプで気を付けなければならないのが、地面からの冷気や熱気、虫などです。コットは脚が付いているので地面から距離を取ることができ、底冷えや地面の凹凸、虫刺されなどを気にすることなく寝ることができます。

    さらにコットはベッド以外にも使い道があります。横長なので椅子として使ったり、荷物置き場として使ったりもできます。コットは持ち運びがしやすいよう設計されているので、キャンプなどのアウトドアシーンで活躍するアイテムの一つです。

    コットの種類

    関連記事:寝るだけじゃない!コールマン「コンバータコット」の魅力を徹底解説!

    コットにはロータイプとハイタイプ、テント一体型の大きく3種類があります。それぞれの特徴や向いている用途を解説します。

    軽量かつ安定感がある「ロータイプ」

    ロータイプは地面からの高さが20cm程度のコットのことです。軽量で安定感があり、重心が低くなるので寝返りを打っても倒れにくくなっています。

    高さが低い分、子どもでも使いやすいでしょう。安価に手に入るものが多いので、初めて買う人におすすめです。

    天井からの高さを確保できるので、テント内で寝ているときもある程度の開放感を得られます。ただし地面からの距離が比較的近いため、ハイタイプに比べると冷気の影響を受けやすい点に注意しましょう。

    ベンチや荷物置きにもなる「ハイタイプ」

    ハイタイプは地面から40cm程度の高さのコットです。高さがある分、地面からの冷気の影響を受けにくく、虫なども近寄りづらいことがメリットです。

    また椅子とほぼ同じ高さなので、ベンチや物置としての使い勝手も良いのがポイントです。荷物を収納するときは、ロータイプに比べてコット下のスペースを有効活用できます。

    ただしハイタイプは作りが複雑になっているものもあり、設営に労力が要る場合があります。またテント内で使用すると天井との距離が近くなるので、圧迫感を持ちやすいのもデメリットの一つです。

    テント内で使用する場合は、天井の高いテントを用意するなどの工夫が必要でしょう。

    屋根の付いた「テント一体型」

    テント一体型とは、その名の通りテントとコットが一体になったタイプです。両者の良いところを兼ね備えていることが特徴です。

    テントのように屋根が付いており、フルクローズにすれば目隠しもできます。コットの利点である高さもあるので、地面からの冷気の影響も受けにくく、地面のコンディションに左右されずどこでも設営が可能です。

    テントと一体になっているので、設営が難しいと感じる人もいるかもしれません。しかし一体型も折りたたみ式なので、テントのようにペグを打ち込む必要はなく、広げるだけで簡単に設営できます。

    コット選びのコツ

    関連記事:キャンプの快適さはこのギアにかかっている!?コット&ピロー8選

    コットのタイプを理解したところで、購入する際の選び方を押さえましょう。コットを選ぶときは、設営方法とサイズに注目することがポイントです。

    設営方法は「展開式」と「はめこみ式」

    コットの設営方法には展開式とはめこみ式があります。展開式は脚が折りたたまれて収納されており、ワンタッチで簡単に設営できることが特徴です。力に自信のない女性でも組み立てやすいでしょう。ただし収納サイズは、はめこみ式と比べると少し大きくなります。

    はめこみ式は各パーツがバラバラに収納されており、一つずつはめこんで設営するタイプです。パーツをはめるときに少し力が要りますが、はめこみ式のメリットは収納時のサイズがコンパクトなことです。中にはバイクに積める大きさのものもあるので、ツーリングに持っていくこともできます。

    サイズはテントの大きさや体型を考慮

    コットがテントや体の大きさにマッチしているかも、重要なポイントです。コットにはそれぞれ耐荷重が設定されているので、自分の体重よりもひと回り大きいサイズを選びましょう。

    耐荷重はものが静止しているときに耐えられる重さのことです。睡眠中は寝返りなどで動く場面が多いため、一部に大きな負荷がかかることも考えられます。そのため、自分の体重とほぼ同じ耐荷重では少し不安が残るでしょう。

    また肩幅よりも少し広いサイズのものを選ぶと、寝返りを打ったときに落下する心配が少なくなります。自分が持っているテントに対して、コットが大きすぎないかも忘れずチェックしましょう。

    ロータイプのおすすめコット

    (出典) pexels.com

    ここからは、おすすめのコットをタイプ別に紹介します。まずは、ロータイプでおすすめのコットを3つ紹介します。

    DOD「バッグインベッド」

    リュックに収納できるコンパクトさと軽量さが売りのコットです。耐荷重は約120kg、横72×縦183cmなので、男性でも安心して使えるでしょう。地面からの高さは15.5cmです。重さは2.6kgと比較的軽く持ち運びやすいため、好きな場所でコットを広げて昼寝をするといった使い方もできます。

    ツーリングバッグにも入りやすいので、バイク乗りにもおすすめです。カラーはベージュ・タン・カーキの3色が展開されています。設営方法ははめこみ式ですが、各ポールはワイヤーでつながれているので、さほど手間はかからないでしょう。

    DOD
    バックインベッド

    サイズ:(約)W183×D72×H16mm 
    収納サイズ:(約)W51×D13×H16cm 
    重量(付属品含む):(約)2.4kg 
    静止耐荷重:120kg

    クオルツ「レバーロックベッドメッシュ」

    はめこみ式ですが、レバーを留めるだけで簡単に設営できるコットです。レバーも少しの力ではめることができるので、女性でも安心して使えます。サイズは横66×長さ195.5×高さ18cm、耐荷重は80kgなので、大人が寝るには十分でしょう。

    丈夫な生地を使用しており、体重をかけても生地伸びが少なくなっています。寝るときもしっかりと支えられている感覚を味わうことができるでしょう。生地はメッシュになっているので、雨にぬれても水がたまらないところもポイントです。

    クオルツ
    レバーロックベッドメッシュ

    サイズ:使用時(約):190cm×62cm×高さ20cm
    収納サイズ゛:(約):長さ70cm×20cm×厚み8cm 
    重量:3.95kg
    耐荷重:80kg
    付属品:収納ケース

    Hilander「軽量アルミローコット」

    重さが2kgと軽量さが魅力のコットです。レバーを留めるだけで設営できるはめこみ式で、収納時のサイズは長さ約55cm、直径約14cmとコンパクトに持ち運べることも魅力です。

    展開時のサイズは約長さ188×幅68×高さ16cmで、狭いスペースでも使えます。そのため、車中泊でも十分使える優れものです。耐荷重は80kgで、大人が寝る分には問題ないでしょう。

    ハイランダー
    軽量アルミローコット

    サイズ:長さ約188cm×幅 約68cm×高さ約16cm 
    収納サイズ:直径約14cm×長さ約55cm 
    重さ:約2kg

    ハイタイプのおすすめコット

    (出典) pexels.com

    ハイタイプでおすすめのコットを3つ紹介します。ハイタイプは、椅子や荷物置きとしても使えるかといった部分にも注目して選ぶと良いでしょう。

    ロゴス「Tradcanvas 抗菌防臭 FDコット」

    銀イオンによる抗菌防臭加工がされており、清潔な状態を保てるコットです。高さは約42cmで、地面からの冷気を遮断するには十分でしょう。キャンバス風の生地が使われているので、寝心地も抜群です。

    サイズは横76.5×縦190、耐荷重は120kgで、体の大きな男性でも安心して使えるでしょう。

    ハイタイプは重量が重くなりがちなのがデメリットですが、Tradcanvas 抗菌防臭 FDコットのフレームには軽量のアルミが使われており、持ち運びやすさにも配慮されています。総重量は約6kgで、収納ケースにしまえば背負って持ち運ぶことも可能です。

    設営方法は折りたたみ式ですが、サイドポールのみはめこみ式になっています。

    ロゴス
    FDコット

    重量:(約)6.0kg 
    サイズ:(約)幅76.5×奥行190×高さ42cm
    収納サイズ:(約)幅22×奥行95×高さ12cm 
    耐荷重目安(静止均等荷重):(約)120kg

    ユニフレーム「リラックスコット ブラウン×ブラック」

    サイズは横69×縦193cm、脚を広げるだけで簡単に設営できる展開式のコットです。本体が3つの『スパン』に分かれていることが特徴で、1スパンあたりの耐荷重は約80kgです。

    生地には斜めにカットするバイアスカットが施されています。生地全体が均一に伸びることで、包まれているような寝心地を実現しています。しっかりとした作りになっているため、ベンチとしてだけでなくベッドとしても活躍します。

    ユニフレーム
    リラックスコット ブラウン×ブラック

    サイズ:使用時 約193×69×(高さ)45cm 収納時 約77×32×18cm 
    材質:フレームフルハードスチールパイプ(約φ19mm 16mm)シート ポリエステルオックスフォード600D PVCラミネート加工樹脂部分 ハイデンスポリプロピレン 
    重量:約7.5kg 
    分散耐荷重:約80kg(1スパンあたり)

    FIELDOOR「アウトドアコット」

    豊富なカラーラインナップが特徴のコットです。ほかのキャンプギアとの組み合わせや好みに合わせて、好きな色を選べます。サイズはノーマルタイプとワイドタイプに分かれており、ワイドタイプの横幅は86cmなので、ベッド以外にもベンチや物置として活躍してくれるでしょう。

    ノーマルタイプの横幅は69cmなので、大人が寝るには十分な大きさです。さらに耐荷重はどちらのタイプも180kgもあるため、大人2〜3人で並んで腰掛けても問題ありません。用途に合わせてさまざまな役割を果たす優れものです。設営方法は折りたたみ式で、サイドポールのみはめこみが必要です。

    FIELDOOR
    アウトドアコット

    サイズ 本体 : (約)190cm×69cm×40cm 座面 : (約)190cm×60cm 折りたたみ時 :(約)92cm×17cm×8cm 
    重量 (約)5.1kg 
    材質  生地 : ポリエステル65%、コットン35% フレーム : アルミ合金 (A6063) 
    耐荷重 180kg

    テント一体型のおすすめコット

    (出典) pexels.com

    テント一体型のおすすめコットを2つ紹介します。一体型は自分だけのスペースを作ることができるので、秘密基地のようなワクワク感を味わえます。

    Kamp-Rite「コンパクトテントコット ダブル (CTC)」

    横140×縦216cm、耐荷重226kgと大人2人が並んで寝られるテント一体型のコットです。地面からの高さは50cmと高めなので、地面からの冷気や虫を避けるには十分です。1人でも簡単に設営できるのもうれしいポイントでしょう。

    テント内部には小物入れが付いているため、貴重品やちょっとしたアイテムを収納することもできます。脚を付けずにテントのみでも使えるので、別でテントを用意する必要もないでしょう。

    Kamp-Rite(キャンプライト)
    コンパクトテントコット ダブル 【CTC】

    対象体重:約226kg
    本体サイズ:テントコット 約L216cm×W140cm×H150cm
    ベッド 約L216cm×W140cm
    テント 約L216cm×W140cm×H105cm
    収納時:約L115cm×W31cm×H31cm
    本体重量:約19kg

     

    Kamp-Rite「オリジナル テントコット」

    テントコットとしてだけでなく、ラウンジチェアとしても使える便利なコットです。長さ214×幅71cmの1人用で、高さは28cmです。高さでいうと、ロータイプとハイタイプの中間に位置するでしょう。

    これが1台あれば、寝泊りやちょっとした休憩も全て対応できるので、ソロキャンパーに特におすすめです。持ち運びに便利なキャリーバッグも付属しています。

    Kamp-Rite(キャンプライト)
    オリジナルテントコット

    ベッド寸法(長さ×幅×高さ):84×28×35インチ。
    テント寸法 (長さ×幅×高さ): 84×28×24インチ。
    折りたたみ時寸法 (長さ×幅×高さ): 35×31×6インチ。

     

    まとめ

    キャンプで活躍するコットの魅力や選び方、おすすめの商品を紹介しました。コットの本来の役割は簡易ベッドですが、椅子や物置としても使える万能なアイテムです。テント一体型のように、それだけで寝床を作れるタイプもあります。

    コットを選ぶときは種類だけでなく、設営方法やサイズにも注目して選びましょう。コットを上手に使えば、ワンランク上のキャンプを楽しめます。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    ホタルみたいにかわいいミニライト。明るさは驚きの350ルーメンだ!

    2022.10.04

    ハンドルは2種類!DLCコーティングの墨色が男前なセミカスタムナイフ

    2022.10.03

    手軽で風味も良し!ロゴス「フレンチプレスコーヒーポット」が登場

    2022.10.03

    アウトドアにおすすめの枕10選!コンパクトに収納できるタイプも

    2022.10.02

    分解して洗える!ケルティのクーラーボックスは多機能で色も良し

    2022.10.02

    個性的なギアが欲しいならプラスマニア。固形燃料用超小型バーナー「can+ro Ⅱ」の魅力とは?

    2022.09.30