『空模様 気にして設置 橋の下』[読者投稿記事] | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

『空模様 気にして設置 橋の下』[読者投稿記事]

2020.10.21

キャンプ当日や撤収日に雨が降るのは誰しも嫌なもの。メインの焚き火も出来ません。数週間前から毎日『週間天気予報』をチェック。
しかし、てるてる坊主も効き目がない時は橋の下にテントを張るのがベスト。今までいろんな橋のタープにお世話になりました。



※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

テナガエビ太郎さん

大阪府和泉市在住。
月2回ペースでキャンプをしています。
1月から5月までは和歌山 徳島 高知の清流でカヌーキャンプ。6月の鮎解禁と同時に川から琵琶湖中心に。
夏のカヌーをしない時は川で避暑キャンプ。秋から年末まで川のカヌーキャンプに戻ります。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。