火起こしが楽しくなるタキビナイフ[読者投稿記事] | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 火起こしが楽しくなるタキビナイフ[読者投稿記事]

    2021.05.21

    私のとっておきのギアは、タキビナイフです。持った時の握りやすさと重厚感。抜群の切れ味。見た目もカッコイイのですが、一番のお気に入りポイントは、ナイフ自体を火打金として使えるところです。ナイフと火打金、必要最小限の機能を持ち合わせたタキビナイフは、マルチツールの究極の形ではないでしょうか。
    素材は炭素鋼なので、ナイフの峰を鋼より固い石に打ちつけると、火花が出ます。その火花を火口(チャークロス等)にうまく乗せることができれば、火種ができます。ブッシュクラフトに興味を持ち始めた頃に、このタキビナイフに出会い、ブッシュクラフトの楽しさを知りました。タキビナイフを使って、火打石式発火法をマスターし、今では、モミキリ式発火法で火が起こせるようになりました。
    普通に考えれば、現代人にとって火起こしは、文明の利器を使えば容易いことで、「なにも鋼や石を使わなくても」と馬鹿にされそうですが、私自身、火起こしは「人類の浪漫」と捉えています。生きる術を自らの手で紡ぎ出す。なんとも贅沢なアクティビティでしょうか。私にとって、このタキビナイフは、ブッシュクラフトに欠かせないものであり、宝物として、これからもずっと大切に使っていきたい逸品です。

    私がキリモミ式発火法で使う道具です。
    左から
    ○タキビナイフ
    ○セイタカアワダチソウの棒
    ○スギの板

    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    トリノキモサシさん

    趣味→ブッシュクラフト・庭キャンプ・農作業・DIY・古武術・ゴルフ・野球・自転車・釣り・他。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    ハンドルは2種類!DLCコーティングの墨色が男前なセミカスタムナイフ

    2022.10.03

    土佐伝統の鍛冶工房とBE-PALがタッグ!伝統の小割り鉈がよみがえった

    2022.09.26

    愛用の包丁をキャンプでも!貝印トップブランド「関孫六」発のブレードガード

    2022.09.06

    夏休みにデビューしよう!子どものファーストナイフの選び方

    2022.08.11

    火おこし愛好家に捧ぐ!意外と珍しい「ファイヤースチール付き」の鉈

    2022.07.23

    3種の「村の鍛冶屋×藤次郎 アウトドア包丁」でキャンプ飯の格上げが叶う!使い勝手を徹底レビュー

    2022.07.21