RVパークで車中泊〈RVパークあじがうら〉[読者投稿記事] | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • RVパークで車中泊〈RVパークあじがうら〉[読者投稿記事]

    2020.09.18

    今回のお宿は茨城県の阿字ヶ浦。到着前に犬達の散歩を兼ねてペットOKの「ひたち海浜公園」に寄り道です。ここは春の青いネモフィラ花畑が有名ですね。ポカポカ陽気のせいか、家族でピクニックや犬を連れている人もたくさんいましたよ。

    広大な公園を散歩していてだいぶ日が傾いてしまいました。公園の近くにある本日の目的地に急ぎます。

    「RVパークあじがうら」は民宿の「満州屋」さんが経営をしており、敷地の一部がRVパークになっています。地面は芝生。ちょうどクリスマスシーズンということもあり場内は可愛らしく飾り付けられていました。住宅街の中ですが幹線道路から離れているので、とても静かです。

    トイレは炊事場と隣接していてサイトからすぐ。仮設トイレですが洋式で暖房も入っており、とてもキレイに掃除されています。女性やお子さんも抵抗なく使えそうですよ。

    場内はwifiも使えるので、車内で動画鑑賞しながら寛ぐなんて楽しみ方もできそうです。

    ここに宿泊を決めた理由は温泉施設が徒歩圏内ということ! 宿の前の細い道を下って5分ほど歩くと「阿字ヶ浦温泉のぞみ」という日帰り温泉があります。お風呂は塩泉で温まります。目の前が海で明かりが少ないので、露天から星空を期待していたのですが…この日は夕方から曇りだったためあまり星は見えず。 残念! 夕飯はここでアンコウと鮮魚を楽しみました。RVパークがある満州屋さんでも、予約すればお部屋でアンコウ鍋コース等の食事ができるようです。

    温泉から帰り、車内で再び酒盛りです。RVパークから徒歩30秒ほどの所に酒屋というかコンビニのような店があるので、足りないツマミもお酒も買いに走れますよ〜♪ 飲んで食べて22時には就寝。

    翌朝は前日とガラリと変わって寒い寒い!

    朝食はRVパーク近くにある「道の駅日立おさかな市場」の身勝手丼。好きな海鮮を選んで自分で盛りつける丼なのです。お腹が空いていたせいか乗り切らず2回に分ける欲張りっぷり!

    食事を終えて、道の駅の中をブラブラしながら買い物をしているともう昼近く。首都高が混まないうちに帰路につきます。

    三浦半島の自宅から3時間くらいの距離だったでしょうか。ちょうどいい距離の週末くるま旅でした。

    ※この内容は過去のものです。最新の情報は施設にお問い合わせください。


    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    黒柴900Rさん

    海や山が好き過ぎて三浦半島に移住。都内まで鬼の2時間通勤もなんのその!軽キャンピングカーMiniPopBeeでの車中泊キャンプが中心ですが、たまにバイクキャンプも。中型MIX犬と黒柴を飼っています。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    かつての難所が有名観光地に変貌!箱根キャンピングカー旅で発見

    2022.11.28

    実践者が解説!起床から就寝まで、キャンピングカーのリアルな衣食住とは?

    2022.10.30

    現役世代のキャンピングカーにこそ「ハイエース」バンコン!その5つの理由

    2022.10.23

    東田トモヒロ流バンライフ

    2022.10.13

    キャンピングカーに冷蔵庫は必要?定番品「ENGEL冷蔵庫」で検証!

    2022.10.01

    家族3~4人で泊まれるキャンピングカー「アルファ・プラス」レポート

    2022.08.17