クロスカブにぴったりの「アンモボックス」[読者投稿記事] | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア雑貨・小物

    2020.07.08

    クロスカブにぴったりの「アンモボックス」[読者投稿記事]

    私にとって最強のアウトドアギアは、クロスカブというオートバイです。
    そのクロスカブ用のリアボックス、何か良いのがないかなーとずっと思ってました。
    プラのコンテナボックスを荷台に積むのもなんだかなーって感じだし、機能的に優れたオートバイ専用のリアボックスがあることはわかっているけど、これもイマイチそそられない。
    しかし見つけました!
    某A出版社の女子向けアウトドア誌で紹介されていたのが、ポーランド軍の弾薬箱であるアンモボックス。
    サイズは350×400×120mm、クロスカブの荷台に大き過ぎず小さ過ぎず!迷うことなく即、購入しました。

    アンモボックスの収納の中身です。
    ガスカートリッジ、ガスストーブ、ケトル、マグカップ、コーヒーミル、コーヒードリッパー、コーヒーフィルター、水1リットル、コーヒー豆、計量スプーン、さらにコッヘルと箸。
    ひとり分ですが、けっこう余裕で収納できます。コッヘルの中にマグカップを納めてしまえば、2リットルの水も収納できそうです。
    ツーリング先で挽きたてのコーヒーを楽しめるし、コッヘルがあれば即席麺やレトルト食品程度は作ることができます。
    レトルト食品は箱から取り出して、クッションがわりに詰め込むという手もありますね。

    クロスカブの荷台にジャストなサイズ。
    木材用ワックスを塗り込んで、少しばかり着色しました。

    クロスカブに珈琲セットを積んで、山カフェ、海カフェ、河カフェ、さらには雑木林カフェや田んぼカフェなど、気分次第で楽しんでます。
    ちなみにこの写真を撮影した場所は、今は廃校となった山の分校。
    ここもお気に入りのコーヒーブレークの場所です。


    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    ずんだくんさん

    外に出て自然の中で過ごすことが好きですが、最近では、家の中でネコたちとまったりしている時間が多くなりました。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    L.L.Bean(エル・エル・ビーン)/ウォータープルーフ・アウトドア・ブランケット、エクストララージ プラッド 

    2024.06.20

    LOGOS×Afternoon Tea×PEANUTSのトリプルコラボ!アウトドアで目立つスヌーピーアイテムだっ

    2024.06.17

    釣りから生まれた「どこでもカラビナ」が超おすすめの理由!

    2024.06.14

    パワーアークの“充電しながら使えるネッククーラー”がパワーアップ!冷却プレートの面積も拡大

    2024.06.10

    バッテリーにもランタンスタンドにもなるOD缶…!?

    2024.06.09

    登山向けサングラス7選|紫外線・砂埃対策に必須!おすすめ偏光・調光サングラス

    2024.06.09

    パラコードを使う際の結び方!キャンプで活躍する7つの方法を紹介

    2024.06.08

    顔も体も、食器も服も洗える!天然由来成分100%「ドクターブロナー マジックソープ」の限定セットが狙い目

    2024.06.05