焚き火で大活躍!なのに1000円以下!キャプテンスタッグ「イージー送風機電池式」で火起こしが超ラクラクに | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    焚き火・火おこし道具

    2022.02.19

    焚き火で大活躍!なのに1000円以下!キャプテンスタッグ「イージー送風機電池式」で火起こしが超ラクラクに

    筆者の私物です。

    キャンプをする上で、火起こしは非常に重要です。

    火起こしの際、着火剤などを使って炭や薪に火をつけた後、風を送り込んで、その火力を広げていく必要があります。そんなときには、うちわを使って風を送り込むのが一般的です。

    しかし、キャプテンスタッグの「イージー送風機電池式」を使えば、楽に効率よく風を送り込むことができ、簡単に火力を広げることができます。

    つまり、簡単に火起こしができるのです。

    ここでは、そんなキャンプで非常に役立つギアである、キャプテンスタッグ「イージー送風機電池式」の魅力を紹介していきます。

    このように単1電池を取付して使用します。

    キャプテンスタッグの送風機を利用するメリット

    ピンポイントに風を送り込むことができる!

    火起こしの際などに、うちわであおいで風を送ろうとした場合、どうしても風を送る範囲が広くなってしまうという難点があります。

    しかし、このキャプテンススタッグの送風機なら、ノズルの先が直径2cmほどの筒となっているので、ピンポイントに風を送り込むことができます。

    結果、一番最初に火がついた炭や薪にピンポイントで風を送り込むことで、その火力を効率よく広げることができるのです。

    また、BBQや焚き火が終盤になり火力が弱まったとき、火力を強くしようとうちわであおいでしまうと、灰が大きく舞ってしまうことがあります。

    その灰が目に入ってしまったり、網の上で焼いている肉や野菜に付着したりしてしまうこともあるでしょう。

    しかし、この送風機を使えば、灰が舞うのを最小限に抑えることができ、弱まった火力を大きくすることができるのです。

    電動なので風を送り込むのが楽!

    経験者なら分かることですが、炭や薪に火をつけるために、うちわであおぐのは非常に大変です。

    少しあおぐだけでも腕がパンパンになってしまう、という人もいます。

    しかし、このキャプテンススタッグの送風機はスイッチを入れるだけで、電動で動き、風を送り込んでくれます。

    キャンプが終盤になり火力が弱まってきたときにも、電動で風を送り込んでくれるので、キャンプ終盤の疲れているときには非常にありがたい存在に。この送風機はキャンプを通して大活躍します。

    この赤いスイッチを入れて風を送り込みます。

    ノズルが長い!

    風を送り込む際には、なるべく炭に近いところで風をあてた方が、効率よく火力を強くしたり、広げたりすることができます。

    しかし、火にあまり手を近づけすぎると、火傷をしてしまう恐れがあります。

    そんなとき、このキャプテンスタッグの送風機なら、ノズルが長いため手を炭に近づけることなく、適切な距離を保ったまま、奥の炭にも風をあてることができます。

    そのため、危険を避けながら効率的に火力調整が可能なのです。

    ノズルが長いため、手を炭に近づけることなく風を送り込むことができます。

    値段が安い!

    これだけ使い勝手がいい電動式のキャプテンスタッグの送風機。なんと、1,000円以下で買えてしまいます(筆者の購入価格)。

    初心者でも手の出しやすい価格なのではないでしょうか。

    また、単1電池一本で動く電池式です。

    私は1年以上愛用していますが、一度も電池を取り替えていません。もちろん利用する電池にもよりますが、かなり電池の持ちはいいと言えるでしょう。

    この点も、コストを抑えることができるという大きなメリットになると思います。

    筆者の送風機のおすすめの使い方

    筆者は、七輪を使ってキャンプをすることが多いのですが、七輪の火力が弱くなりはじめた終盤にこの送風機を使うと特に便利です。

    「炭を新たに足してまでたくさん焼くものはないけど、もう少し火力がほしい」

    そんなときは、七輪の空気窓のところにノズルをあて、送風機から風を送ります。

    火力の弱まった炭に風を送り続けることで、火力が強くなり、炭を足さなくても、強い火力を得ることができるのです。

    うちわで、調理をしている間ずっとあおぐのは非常に困難なので、この電動送風機ならではの使い方だと思います。

    こうすることで、新しい炭に着火させる手間も省くことができますし、炭を節約することもできるのです。

    七輪の空気窓から風を送ることで、強い火力を得ることができます。

    まとめ

    このように、キャプテンスタッグの送風機は、お手頃な価格で手に入れることができ、簡単に、そして楽に火を起こしたり、火力を調節したりすることができるギアです。

    BBQにおいても、焚き火においても、大活躍間違いなしのキャプテンスタッグの「イージー送風機電池式」。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

    キャプテンスタッグ

    イージー送風機電池式

    サイズ(約)幅75×120×全長200mm
    材質 本体:ABS、パイプ部:アルミ
    電源 単1電池使用(別売)

     

    私が書きました!
    アウトドアライター
    えいしょう
    北陸在住。北陸の海、山、食材をこよなく愛するアウトドアライター。週末に外でのむ酒、外で食べるキャンプ飯、そして焚き火。それだけを楽しみに毎日を生きています。好きなキャンプ飯は、自分で刺した「せせり串」です。北陸ならではのキャンプの魅力を伝えていけたらと思っています。

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    気軽に焚き火を楽しみたい!を叶える折りたたみ式焚火台「Butterfly Fire Stand」はいかが?

    2024.06.15

    ベルモントの焚き火台「TABI」の魅力を解説!超軽量&コンパクトで料理にもピッタリ

    2024.06.12

    100均の焚き火シートを活用!ダイソー・セリア・キャンドゥ各社のシートを紹介

    2024.06.11

    焚き火ベストは何が便利?おすすめのポイントと商品を余すところなく紹介!

    2024.06.02

    ソロストーブのレンジャーをおすすめする理由!特徴から拡張アクセサリーまで紹介!

    2024.05.25

    対流式石油ストーブのトヨトミから、炎の美しさにこだわったおしゃれな焚火台が誕生

    2024.05.20

    焚き火台、焚き火シート、耐熱グローブ、火ばさみの焚き火台4点セットはいかが?

    2024.05.17

    オイルマッチは永久に使える?特徴から使い方まで紹介!

    2024.04.28