冬キャンプはラーメンが旨い!「袋麺」の簡単アレンジレシピ3選 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 冬キャンプはラーメンが旨い!「袋麺」の簡単アレンジレシピ3選

    2022.01.09 のまどう

    3種類の袋麺が並んでいる

    冬キャンプで定番の食事といえば、鍋や煮込み料理。寒空の下で食べるアツアツの料理は、冷えた体を芯から温めてくれますよね。

    ただし、鍋や煮込み料理は調理に時間がかかります。キャンプでもう少し何か食べたいときや、チェックアウト前の忙しい時間に、サッと温かい食事を用意するなら、インスタントラーメンが便利です。

    しかし、そんなインスタントラーメンの中でも、筆者はカップ麺ではなく、袋麺のほうがキャンプにはおすすめだと考えています。今回は、その理由とおすすめのレシピをお伝えいたします。

    なぜキャンプには袋麺がおすすめか?

    1.収納性に優れる

    角型のクッカーに収納された2個の袋麺

    袋麺は、ダイソーの3合炊き用メスティンにぴったり。

    キャンプに袋麺をおすすめする理由のひとつ目として、その収納性があります。袋麺はカップ麺よりも収納性に優れています。

    ダイソーの3合炊き用メスティンのように、適度な大きさの角型のクッカーがあれば綺麗に収納できる上、麺の破損も防ぐことができます。

    徒歩や自転車旅などの、荷物をできるだけ減らしたいスタイルの場合は、なおさら袋麺がおすすめです。

    2.アレンジが自在

    カップめんにお湯を注いでいます

    カップめんはお湯を注ぐだけでできあがる。

    ふたつ目の理由として、アレンジ性があります。カップ麺の調理は、基本的にお湯を注ぐだけなので、アレンジには不向きです。

    対して、袋麺はクッカー等を使用し、煮込んで調理するためアレンジし放題。入れる具材もガラッと変えられるので、カップ麺よりも飽きが来にくいのです。

    さて、ここからは冬キャンプにぴったりな、袋麺のアレンジレシピを紹介していきます。

    アレンジレシピ1 本格トムヤムヌードル

    iMeeのトムヤムヌードルの袋麺

    業務スーパーで手に入ります。

    業務スーパーで5食セットで販売されている、iMeeのトムヤムヌードルを使用します。酸味と辛み、複雑な香味野菜やハーブの香りが特徴的なトムヤムスープ。こちらの袋麺は再現度が高く、本場のトムヤムスープに匹敵する味付けなのでおすすめです。アレンジレシピとして、有頭エビの出汁を加えることで、さらに濃厚な味付けを楽しむことができます。

    【材料と道具】

    机の上に材料が並んでいる

    材料

    ・iMee トムヤムヌードル 1袋
    ・有頭エビ 2尾
    ・薬味ねぎ 適量
    ・湯切り網

    使用する道具として、クッカーに入るサイズの湯切り網も必要です。

    薬味ねぎを刻む

    ナイフで薬味ねぎを刻んでいる様子

    お好みの量を刻みましょう。

    薬味ねぎを、お好みの量刻んで、用意します。

    有頭エビを茹でる

    鍋に入っている有頭エビ

    有頭エビを丸ごと茹でます。

    500mlの沸騰したお湯に、有頭エビを入れて、全体が赤くなるまで茹でます。

    有頭エビの殻からだし汁をとる

    皿の中に有頭エビの殻があり、まな板の上に有頭エビの身がある。

    殻と身をわけます。

    有頭エビの全体が赤くなったら、お湯から取り上げ、殻と身をわけます。わけたら、クッカーの中に湯切り網をセットして、殻だけ湯切り網の中に戻します。

    有頭エビの殻を、上からスプーンで潰して、砕いている

    殻を細かく砕きます。

    お湯に漬けながら、上からスプーンや割りばしなどで殻を潰して、だし汁をとります。細かく砕いて、だし汁がでたら、湯切り網ごと、殻を取り除きます。

    麺を茹でる

    殻を取り除いただし汁入りのお湯にラーメンを入れている

    麺を茹でます。

    だし汁入りのお湯を沸騰させ、麺を入れ、3分間茹で、付属の調味料で味付けします。

    トッピングしてできあがり

    盛りつけられたトムヤムヌードル

    できあがり。

    器に麺とスープをよそったら、上にエビの身を添え、用意しておいた薬味ねぎをちらしてできあがりです。

    アレンジレシピ2 ボリューム満点のチキンラーメン

    チキンラーメンの袋麺のアップ

    日清のチキンラーメン。

    世界で最初のインスタントラーメンとして知られ、根強い人気のある日清のチキンラーメン。このチキンラーメンを、コンビニで手に入る食材を使用してアレンジします。

    【材料】

    サラダチキンと温泉卵が並んでいる

    コンビニで手に入ります。

    ・日清のチキンラーメン 1袋
    ・サラダチキン 1袋
    ・温泉卵 1個

    クッカーの上でサラダチキンを温める

    クッカーの蓋の上で温められているサラダチキン

    サラダチキンを蓋の上で温めます。

    クッカーに水を450ml入れ、蓋をして火にかけます。蓋の上にサラダチキンを置いて、温めます。

    麺を茹でる

    クッカーの中に入ったチキンラーメンの麺

    麺を茹でましょう。

    水が沸騰したら、麺を入れ、3分間茹でます。この間も蓋をして、その上にサラダチキンを置いて温めてください。

    盛りつけてできあがり

    サラダチキンと温泉卵をトッピングしたチキンラーメン

    できあがり

    麺を3分茹でたら、手で裂いたサラダチキンと温泉卵を乗せてできあがりです。サラダチキンが食べ応えあるので、ボリューム満点です。

    アレンジレシピ3 野菜炒め味噌ラーメン

    サッポロ一番味噌ラーメンのアップ

    サッポロ一番味噌ラーメン。

    インスタントラーメンの中でもファンが多い、サッポロ一番味噌ラーメンを使用したアレンジレシピです。

    コンビニやスーパーなどで、購入できる袋入りの野菜と、焼き肉のたれを使用します。焼肉のたれはバーベキューなどでよく余るので、冷蔵庫に放置している方も多いはず。この機会に再利用しましょう!

    【材料】

    机の上に材料が並んでいる

    材料

    ・サッポロ一番味噌ラーメン 1袋
    ・野菜炒め用の野菜 1袋
    ・豚肉 200gほど
    ・しょうが(チューブのしょうがを使用) 適量
    ・焼肉のたれ 大さじ2杯(目安になります。好みの濃さに調節してください。)
    ・バター 1片(10gほど)
    ・薬味ねぎ 適量

    薬味ねぎを刻む

    薬味ねぎを適量刻み、別皿に取り分けます。

    具材を炒める

    フライパンに具材が入っている

    野菜に火が通るまで炒めましょう。

    フライパンに豚肉を入れて炒めます。火が通ったら、野菜炒め用の野菜を1袋入れて、全体がしんなりするまで炒めます。

    味付けする

    具材を焼き肉のたれで味付けしている

    しょうがと焼肉のたれで味付けをします。

    全体がしんなりしたら、しょうがと焼き肉のたれを味を見ながら加えて、1分ほど炒めます。

    麺を茹でる

    茹でた麺に付属の調味料を入れている

    麺を茹でます。

    クッカーで水550mlを沸騰させ、麺を入れて3分間茹でます。通常の水の量は500mlですが、今回は具材を焼肉のたれで味付けするので、味のバランスをとるために、水の量を多めにしています。

    3分間茹でたら、付属の調味料を入れて、よく溶かしましょう。

    器に盛りつけてできあがり

    盛りつけられた野菜炒め味噌ラーメン

    できあがり。

    器に麺とスープをよそい、上に野菜炒めをのせます。薬味ねぎをちらし、バターを1片添えてできあがりです。

    さいごに

    袋麺は持ち運びやすく、アレンジが効くので、アウトドアにはおすすめの食材です。今回ご紹介した中で、個人的に最もおすすめなのが、トムヤムラーメンです。エスニックな料理が好きなら、満足していただけると思います。

    寒い冬空の下、アツアツのラーメンをすすれば、ほっこりと身体が温まりますよ。ぜひお試しくださいね!

    私が書きました!
    アウトドアライター
    のまどう
    行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子供とのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    冬のキャンプ飯にも!? 100%プラントベースの新主食「ZENB」が絶品ラーメンへと進化

    2022.12.10

    山頂でカフェタイムを!ホットサンドメーカーで簡単にできる“山デザート”レシピ2選

    2022.12.09

    冬キャンプにぜひ!旬のほうれん草とカラダが温まるスパイスで作る「サグカレー」

    2022.12.08

    アルペン×エバラ「焼肉のたれ」はキャンプめしに最適だ!洋食の定番ハヤシライスのレシピ

    2022.12.07

    ほりにし”ブラック”もう食べた?燻製風味を楽しむコブサラダレシピも紹介

    2022.12.05

    親子でキャンプ飯クッキングを楽しむ5つのポイント!野菜たっぷりカレー鍋レシピも紹介

    2022.12.04