ガスランタンのおすすめは?魅力と選び方、使い方を紹介 | ランタン・ライト 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ガスランタンのおすすめは?魅力と選び方、使い方を紹介

    2021.12.14

    キャンプの夜に欠かせないランタン。なかでもガス缶を燃料とするガスランタンは、ガソリンランタンやオイルランタンと比較して扱いやすく、初心者にも人気です。

    ガスランタンの魅力や注意点、選び方のポイントと、おすすめの商品をご紹介します。

    ガスランタンの魅力

    ランタンの種類は、ガスランタン、LEDランタン、ガソリンランタン、オイルランタンなど多岐に渡ります。その中で、ガスランタンにはどんなメリットや魅力があるのか、3つのポイントを紹介します。

    扱いやすい

    ガスランタンの特徴のひとつが、扱いやすいこと。ガス缶を装着してツマミをひねるだけで点火できるため、初心者にもおすすめです。また、ガソリンランタンやオイルランタンに比べると、使用後のメンテナンスの手間も少なく手軽に使えます。

    十分な明るさ

    手軽に扱えるにも関わらず、十分な明るさがある点もメリットです。ガスランタンの明るさはガソリンランタンには劣りますが、同じく初心者向きのLEDランタンより明るく、メインランタンとしての使い方もできます。

    キャンプの雰囲気が盛り上がる

    明るい、扱いやすいと実用面でのメリットがあるのに加えて、デザインが豊富でおしゃれなものが多いのもガスランタンの魅力です。なかには、自分で塗装してオリジナルのランタンにアレンジして楽しむ人も。

    炎のゆらめきには独特の雰囲気があります。ランタンスタンドやハンガーに吊り下げたり、テーブルに置いたりしてサイトをアレンジすれば、キャンプサイトのムードが盛り上がること間違いなしです。

    燃料となるガスの特性を理解しよう

    ガスランタンを使うなら、燃料となるガスの特性をおさえておきましょう。ガスは、気温が低いと気化が妨げられるため、着火しにくくなることがある点に注意が必要です。

    ガス缶に充填されているガスの種類は、主にプロパン、イソブタン、ノルマルブタンの3種類。それぞれ耐寒性に差があります。このため、寒くなってくると、充填されている燃料次第ですぐガス欠になってしまうこともあります。

    厳冬期のキャンプや登山で使用する場合、プロパンなど比較的耐寒性のあるガスがより多く混合された、寒冷地仕様のガス缶を選ぶなど、ガスカートリッジに工夫が必要です。

    ガスランタンの注意点

    寒さに弱い点以外にも、ガスランタンには注意点があります。まず、他のランタンと比較して燃費が悪く、ランニングコストはやや高いです。また、強力な明るさの商品では、人によってはガスの燃焼音が気になる場合があります。

    さらに、火傷にも注意が必要です。特に燃焼中や直後のランタンは非常に熱くなっているため、誤って素手で触らないように注意しましょう。

    ガスランタンの光源は炎です。安全性を考慮して、テント内など屋内では使用しないように注意してください。一酸化炭素中毒や火事の原因になります。特に肌寒い時期、ガスランタンがあると暖かいですが、絶対に室内では使用しないようにしましょう。

    ガスランタンの選び方

    ガスランタンの選び方のポイントを4つ紹介します。ガスランタンは修理するなどして長く使えるため、ぜひお気に入りの1台を見つけてください。

    ガス缶の種類

    燃料として使用するガス缶には、CB缶とOD缶の2種類があり、どちらを使うかは商品によって異なります。それぞれのガス缶の特徴を紹介します。

    ガス式CB缶

    CB缶は、カセットコンロで使用するカセットボンベのことです。スーパーやコンビニでも売っているため入手しやすく、OD缶と比較して価格がリーズナブル。取り付けも簡単です。

    ただし、CB缶を使用できる機種はOD缶と比べると少なく、火力はやや不安定です。寒冷地仕様のCB缶もありますが、OD缶と比較すると、やはり火力は劣ります。

    ガス式OD缶

    OD(アウトドア)缶は、アウトドア専用に設計されたガス缶です。アウトドア専門店やホームセンターで購入しなければならないため、CB缶と比較すると入手しにくい燃料です。

    シングルバーナーやツーバーナー、ストーブなどと併用できますが、メーカーによって接続部分の構造が異なるものもあるため、併用するには機器を同じメーカーで統一する必要があります。

    燃焼性能に優れ、火力が安定している点が特徴です。気温が低くても安定して使用できる、寒冷地仕様のOD缶もあります。厳冬期のキャンプや登山では、OD缶がおすすめです。

    明るさ

    明るさは、用途に合わせて選びましょう。ランタンの明るさを表す単位は、ルーメン、キャンドルパワー、ワットなどさまざまですが、メインランタンとして使う場合、1500ルーメン、200ワット程度が目安です。

    メインのランタンとセットで、卓上でサブランタンを使う場合、サブランタンの明るさはメインランタンより抑え気味にするのがおすすめです。明るさに強弱をつけることで、卓上に虫が寄ってくるのを防ぐことができます。

    燃焼時間

    燃焼時間は商品によって異なるため、必ずチェックしましょう。一般的に、ガスの消費量は明るさに比例するため、光量の値が大きい商品ほど、連続燃焼時間は短い傾向です。

    連続燃焼時間が長いものなら、予備のガス缶を携帯する必要がなく、荷物を減らすことができます。

    持ち運び

    持ち運びに便利な軽量・小型のタイプや、ホヤ(ガラスカバーの部分)が収納できてコンパクトになるもの、ハードタイプの専用ケースつきのものもあります。

    また、本体を延長できるアダプター付属のものなら、普段はコンパクトな状態で使用し、メインランタンにしたいときは高さを出して使用することもできて便利です。

    ガスランタンの使い方とメンテナンス方法

    ガスランタンを初めて使う際には、マントルと呼ばれるパーツをライターなどで着火して燃やす「空焼き」が必要です。

    マントルとは、電球でいうフィラメントの役割をする合成繊維のパーツです。空焼きによってマントルを灰状にすることで、光を拡散できるようになります。ただし、空焼き後のマントルは脆くなるため、慎重に扱う必要があります。

    最初に空焼きが必要なこと以外、使い始めてからは特にメンテナンスの必要はありません。ときどき、ホヤの汚れを拭く程度で大丈夫です。

    ガスランタンの中には、マントルがないタイプもあります。マントルの取り付けや空焼きの手間がない点がメリットですが、一般的にマントルがあるタイプのほうが、明るさがあります。

    コールマン / Coleman

    ルミエールランタン

    205588

    人気アウトドアブランド、Coleman(コールマン)のガスランタン。キャンドル風のデザインがおしゃれでクラシカルな印象です。マントルが不要なタイプで扱いやすく、炎の大きさはレバーで調節できます。
    ●サイズ:約φ7.3cm×6×18.3(h)cm ●重さ:約210g ●ガス:OD缶 ●連続燃焼時間:約28~38時間(230g缶使用時) ●付属品:プラスチックケース

    華奢なデザインがおしゃれ。テーブルの上を優しく照らします。

    専用のプラスチックケースつきです。


    コールマン / Coleman

    ノーザンノバ

    2000027890

    3,000ルーメンの明るさを持つガスランタン。十分な明るさで、メインランタンとしてサイト全体を照らせます。スタンドを使用して地面に直置きすることも可能です。
    ●サイズ:約38×33×45(h)cm ●収納サイズ:約20×19×29(h)cm ●重さ:約1.9kg ●ガス:OD缶 ●明るさ:約3,000ルーメン ●連続燃焼時間:約2~4時間(470gレギュラー缶使用時) ●素材:スチール、他 ●付属品:ソフトケース

    ガス缶を取り外し、スタンドを折り畳んでコンパクトに収納できます。

    マントルが付属しています。

    収納に便利なソフトケースつき。


    コールマン / Coleman

    2500ノーススターLPガスランタン

    2000015520

    約1,500ルーメンの大光量が頼もしいガスランタン。メインランタンとしての使い方に最適です。マントルは、ワイヤークリップで簡単に取り付けることができます。
    ●サイズ:約φ14.5×26(h)cm ●重さ:約1.3kg ●ガス:OD缶 ●明るさ:約320キャンドルパワー/200ワット相当(レギュラーガス使用時)約1,543ルーメン ●連続燃焼時間:約4~8時間(470g缶使用時) ●付属品:ソフトケース


    SOTO / 新富士バーナー

    Hinoto(ひのと)

    SOD-251

    アウトドア火器を扱うブランド、SOTO(ソト)のガスランタン。ライターガス、CB缶、OD缶から燃料を専用タンクに充填して使用できる他、OD缶に直接取り付けて使うこともできます。キャンドル風のコンパクトなタイプです。
    ●サイズ:幅38×奥行38×高さ156mm ●重さ:232g ●ガス:OD缶または充填式専用タンク ●連続燃焼時間:充てん式専用タンクで1〜2時間(タンク充てん状況や火力により変動) ●材質:アルミニウム、真鍮、ステンレス、ガラス、樹脂 ●付属品:ホヤガード、保管スペーサー


    SOTO / 新富士バーナー

    レギュレーターランタン

    ST-260

    マイクロレギュレーター搭載で、安定した光量を保つガスランタン。転倒しても火炎が燃え上がりにくい構造です。
    ●サイズ:幅100mm×奥行130×高さ150mm(使用時)、幅65mm×奥行105×高さ150mm(収納時) ●重さ:247g ●ガス:CB缶 ●明るさ:150ルクス(80W相当)ST-760、ST-700使用時 ●連続燃焼時間:約4.5時間(ST-760、ST-700使用時) ●材質:メッシュホヤ・燃焼塔・器具栓つまみ/ステンレス、ボンベホルダー・点火スイッチ/樹脂 ●付属品:専用収納ケース、マントル1枚

    燃料は、入手が容易なCB缶です。

    ガラスと比較して壊れにくい、ステンレスメッシュのホヤを採用しています。


    SOTO / 新富士バーナー

    プラチナランタン

    SOD-250

    プラチナ製の発光体を採用した、マントル不要のガスランタン。ホヤもなく、代わりにリフレクターが備え付けられている珍しいフォルムです。発光体は消耗品で、100~200時間の総発光時間を目安に交換が推奨されています。
    ●サイズ:幅77mm×奥行65×高さ110mm(使用時)、幅33mm×奥行58×高さ142mm(収納時) ●重さ:210g ●ガス:OD缶 ●明るさ:120ルクス(80W相当)SOD-725T、SOD-710T使用時 ●連続燃焼時間:約6.0時間(SOD-725T/1本使用時)、約2.0時間(SOD-710T/1本使用時) ●材質:発光体/プラチナ、ヘッドガード・リフレクター・器具栓つまみ・発光体ガード/ステンレス、点火スイッチ・空気調整レバー/樹脂 ●付属品:専用収納ケース

    ステンレス製のリフレクターは、発光体をガードするだけでなく、光を反射することで光量をアップさせています。


    SOTO / 新富士バーナー

    虫の寄りにくいランタン

    ST-233

    オレンジ色の光で虫が寄りにくいガスランタン。また、リフレクターを装着することで虫が多い森や茂み側の光をカットし、照らしたい方をより明るく照らすことができます。メインランタンとして使える、十分な明るさです。
    ●サイズ:直径136×高さ375mm(使用時)、直径136×高さ225mm(収納時) ●重さ:1.3kg ●ガス:CB缶 ●明るさ:660ルクス(230W相当)ST-760使用時、550ルクス(210W相当)ST-700T使用時 ●連続燃焼時間:約3.0時間(ST-760使用時)、約3.5時間(ST-700使用時) ●材質:本体ケース/樹脂、ハーフスクリーンホヤ/耐熱ガラス、ヘッドカバー/スチール(耐熱塗装)、燃焼塔・フレーム/ステンレス ●付属品:マントル1枚

    CB缶を外せば、ホヤ部分をコンパクトに収納可能です。

    CB缶をセットして使用します。

    虫が感じにくい、波長の長いオレンジ色の光。


    スノーピーク / Snow Peak

    リトルランプ ノクターン

    GL-140

    アウトドア総合メーカー、Snow Peak(スノーピーク)のガスランタン。キャンドルのような小さな炎が、キャンプの雰囲気を盛り上げます。ガスの消費量は、1時間あたりわずか7グラムです。
    ●サイズ:42×40×105(h)mm ●重さ:102g ●ガス:OD缶 ●材質:アルミニウム合金、ブラス、ゴム、ガラス、ステンレス鋼

    本体下の部分から、ライターなどで着火する仕様です。

    キャンドルのような柔らかい灯がテーブルを灯します。

    キャンプサイトの雰囲気作りにも最適。


    スノーピーク / Snow Peak

    ギガパワー BFランタン

    GL-300A

    約170ワットの大光量で、キャンプサイトを明るく照らすガスランタン。上部のハンドルでランタンスタンドに吊り下げて使用することもできます。専用ケースつきです。
    ●サイズ:φ130×235(h)mm ●重さ:1,025g(ヘッドのみ) ●ガス:OD缶 ●明るさ:170ワット相当 ●ガス消費量:約80g/h ●材質:ステンレス、アルミニウム合金、ブラス、耐熱ガラス

    周囲を照らすのに十分な明るさです。

    上部のハンドルは、持ち歩く際にも便利。


    スノーピーク / Snow Peak

    ギガパワーランタン 天 オート

    GL-100AR

    1998年にスノーピーク最初のランタンとして発売されたロングセラー商品を、リニューアルしたモデルです。片手に収まるほどの小型ながら、80ワット相当の十分な光量があります。
    ●サイズ:φ59×95mm ●収納サイズ:62×65×103(h)mm ●重さ:125g ●ガス:OD缶 ●最大光量:80ワット相当 ●材質:ステンレス、アルミニウム合金、ブラス、耐熱ガラス

    収納ケースつき。

    ホヤ部分にロゴが入っています。

    小さいながら、テーブルの上をしっかり照らしてくれます。


    プリムス / PRIMUS

    2245ランタン

    IP-2245A-S

    100年以上の歴史を持つスウェーデンの燃焼器具ブランド、PRIMUS(プリムス)のガスランタン。2245ランタンは、長年愛されてきたブランドを代表するモデルです。ホヤにはスリガラスを使用。優しい灯が特徴です。本体に備えられたワイヤーサスペンダーは、吊り下げて使用する際に便利です。
    ●サイズ:8.3×8.3×12.7cm ●重さ:200g ●ガス:OD缶 ●明るさ:約370ルクス(Tガス使用時) ●連続燃焼時間:約8時間(IP-250タイプガス使用時) ●ガス消費量:30g/h ●付属品:プラスチックハードケース


    プリムス / PRIMUS

    541マイクロンランタン

    P-541

    重さわずか115gの軽量・小型のガスランタン。山でのテント泊やツーリングキャンプにもおすすめです。ホヤは、割れにくいメッシュ素材を採用しています。本体の吊り下げに便利なワイヤーサスペンダーつき。
    ●サイズ:6.1×6.2×10.6cm ●重さ:115g ●ガス:OD缶 ●明るさ:約320ルクス(Tガス使用時) ●連続燃焼時間:約8時間(IP-250タイプガス使用時) ●ガス消費量:30g/h ●付属品:ナイロンスタッフバッグ


    ユニフレーム / UNIFLAME

    フォールディングガスランタン UL-X クリア

    620106

    新潟県燕三条のキャンプ用品総合メーカー、ユニフレームのガスランタン。ホヤ部分を本体内部に収納できる構造で、コンパクトかつ安全です。燃料は、CB缶を使用するタイプ。押し込むだけで簡単に取り付けられます。
    ●サイズ:約13.5×12×35.5(高さ)cm(使用時)、約13.5×12×21(高さ)cm(収納時) ●重さ:約1.4kg ●ガス:CB缶 ●最大照度:240ワット相当(プレミアムガス)、210ワット相当(レギュラーガス) ●連続燃焼時間:約4時間(プレミアムガス)、約5時間(レギュラーガス) ●材質:ヘッドカバー・フレーム・ハンドル/ステンレス鋼、本体ケース/アルミニウム ●付属品:マントル1枚


    EPIgas

    MB LANTERN AUTO

    L-2010

    ガスストーブやコンロなどの燃焼器具で知られる、EPIgasのガスランタン。約200ワットの大光量で広範囲を灯せます。ホヤはスリガラス調で、柔らかな灯です。
    ●サイズ:H141×φ104mm(使用時)、H150×D109×W107mm(収納時) ●重さ:約265g ●ガス:OD缶 ●出力:400ルクス(約200ワット相当) ●連続燃焼時間:約200分 ●ガス消費量:80g/h ●付属品:専用ケース、くもりグローブ、専用マントル1枚


    キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

    キャンドル ガスランタン

    UF-19

    日本のアウトドア用品総合ブランド、キャプテンスタッグのガスランタン。マントルを使わず、直接炎が出るタイプです。キャンドルのような形がおしゃれ。
    ●サイズ:外径46×高さ156mm(使用時)、外径62×高さ168mm(収納時) ●重さ:155g(ガスランタンのみ約110g) ●ガス:OD缶 ●連続燃焼時間:約32時間(キャプテンスタッグレギュラーガスカートリッジCS-250を使用した場合) ●ガス消費量:7g/h ●材質:器具栓/アルミニウム合金・真鍮、ホヤ/耐熱ガラス、収納ケース/ポリエチレン

    ポリエチレン製の収納ケースつき。

    ホヤの真下にあるリングを回すことで、炎の大きさを調節できます。

    テーブル用のランタンに最適。


    キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

    テラパワーガスランタン〈L〉

    UF-2

    1,400ルクスの光量で、キャンプサイトを明るく照らすガスランタン。本体上部には、吊り下げや持ち運びに便利なハンドルつきです。
    ●サイズ:外径200×高さ230mm(使用時)、幅215×奥行175×高さ280mm(ケース収納時) ●重さ:1.5g(ガスランタンのみ1.1kg) ●ガス:OD缶 ●照度:1,400ルクス(白熱電球:280W相当)(点火から3分後の最高照度) ●連続燃焼時間:2時間40分~3時間(CS-250使用時) ●ガス消費量:100g/h ●材質:器具栓/アルミニウム合金・真鍮、ホヤ/耐熱ガラス、収納ケース/ポリエチレン

    ランタンを保護する収納ケースが付属しています。

    ホヤはクリアなタイプです。


    キャプテンスタッグ / CAPTAIN STAG

    フィールド ガスランタン<M>

    UF-9

    照度350ルクスのガスランタン。卓上に置いたりスタンドに吊り下げたりして、サブランタンとして使用するのに適しています。
    ●サイズ:幅105×奥行100×高さ155mm(使用時、ハンドル含まず)、幅100×奥行100×高さ165mm(収納時) ●重さ:610g(ガスランタンのみ510g) ●ガス:OD缶 ●照度:350ルクス(白熱電球:60W相当)(点火から3分後の最高照度) ●ガス消費量:45g/h ●材質:トッププレート・バーナー/18-8ステンレス製、フレーム/鉄(クロムめっき)、器具せん/真鍮、ケース/ポリプロピレン

    ポリプロピレン製の収納ケースつき。

    スリガラス調のホヤで、柔らかな灯が楽しめます。


     

     

    関連記事

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

    おしゃれなオイルランタン6選!選び方や使い方、注意点もあわせて解説

    2022.12.07

    焚き火用ブロワーにもランタンにもなるエアポンプ!?

    2022.11.30

    乾燥した冬のテント内にぴったり!灯りと湿度を保つ「LEDランタン加湿器」

    2022.11.23

    大人気・ベアボーンズのレイルロードランタン日本先行発売モデルは…ブラス(真鍮)モデルだ!

    2022.11.02

    LEDメーカーが本気で作ったランタン。LEランタンの”規格外”の強みとは

    2022.10.21

    即日完売も!持っているだけで気分が上がるランタン、ゼインアーツ「ZIG」をレビュー

    2022.10.15