木を縦にも横にも切りやすい! 「両刃」の折りたたみのこぎり | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2022.01.14

    木を縦にも横にも切りやすい! 「両刃」の折りたたみのこぎり

    折りたたみのこぎりといえば、剪定用などの片刃のものがほとんどだが(というか、それ以外に見たことがない)、ここに両刃の折りたたみのこぎりが登場した。一方は、刃が大まかで角度が浅い「茨目(いばらめ)」で、木を縦に(繊維に沿って)切るときや生木を切るときに適している。もう一方は、刃が細かくて角度が鋭い「江戸目(横目)」で、木を横に(繊維を垂直に)切るときや乾燥した堅い木を切るときに適している。刃の長さは11.5cmで、おりたたむと全長が13.5cmに収まる。このコンパクトさがありがたいが、さらに注目したいのが重量だ。わずか110gしかない。ハンドルが薄いステンレスと天然木で構成されていることによって、よくあるゴム製ハンドルの折りたたみのこぎりよりも軽くできている。両刃で折りたためて軽い。ライバルのいない注目作だ。

    作っているのは、大阪市の「コニファーコーン」。大正8年(1919年)創業の金属加工会社「田中文金属」が2016年に立ち上げたブランドだ。創業当時から十能(灰や炭を運ぶスコップ)を作っていたというから火の道具はお手のものだ。

    ハンドルの素材は北米産のブラックチェリー。六角レンチが付属しているので、ボルトがゆるんだら締め直すことができる。

    茨目。

    木を縦に切るときは、茨目だと切りやすい。

    江戸目(横目)。

    木を横に切るときは江戸目(横目)のほうが切りやすい。

    動画もご覧ください。

    6,600円

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    バタフライソー2

    https://www.pal-shop.jp/item/A55201010.html

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12