100均アイテムで作る!「子ども用焚き火セット」で家族キャンプを楽しもう | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

100均アイテムで作る!「子ども用焚き火セット」で家族キャンプを楽しもう

2021.11.27

写真は全て筆者私物です。

子ども専用のキャンプグッズはありますか?

ファミリーキャンパーのみなさん。子ども専用のキャンプグッズを持たせていますか?

「危ないから無理……」「何を持たせたらいいかわからない」

このように、不安に思う保護者の方も多いでしょう。

我が家では、100均アイテムを使って子ども専用の焚き火セットを作ってみました。

「自分専用のキャンプグッズ」は、キャンプをよりワクワクさせる魔法のアイテムです。

今回は子どもの意見を交えて、内容や使ってみた感想について紹介します。

子ども用のキャンプアイテムを作ったきっかけ

子ども用焚き火セット

我が家の子どもは10歳と6歳です。

キャンプは好きだけれど、大人の指示でお手伝いをするだけでなく、主体的にやってみたいと思うようになってきた、と言っていました。

「危ないからあれはダメ、これはダメ……」と言われてしまうと、キャンプ自体が嫌になってしまうかもしれません。

特に10歳の長男は、ファイアースターターを使った火起こしも経験しており「自分でやりたい!」という思いが強くなっていました。

そんな姿を見て「せっかくだから、子どもだけのキャンプアイテムを作ってあげよう!」と思い立ったのが始まりです。

子ども用焚き火セットの内容

子ども用焚き火セットの中身について紹介します。

ファイアースターター:セリア「ファイアスターター」

火を起こすのに使います。

着火するためのファイアースターターは、セリアの商品を選びました。

以前に使ったことがあり、子どもたちも使い慣れているためです。

麻ひも:ダイソー「麻ひも」

麻ひもは、火を燃えやすくするために使います。

麻ひもは大工用品や手芸用品の売り場にあります。麻ひもをほぐして火口として使います。

使う際は手で割くようにして、フワフワとした状態になればOKです。

火吹き棒:セリア「ステンレス火吹き棒40cm」

子どもが大好き火吹き棒。

火吹き棒は火に酸素を送り、火をより大きくするために使います。

小さな子どもは細くて長いものが大好き。

火吹き棒をくわえたまま歩いたり走ったりすると、のどを突く危険があります。必ず大人の近くで使うようにしましょう。

網:ダイソー「メスティン専用網」

メスティンが蒸し器にもなります。

メスティンで蒸し物ができる網です。

かさばるように見えますが、裏返して入れるとフラットな状態に!

使う機会は少ないかもしれませんが、入れておくと調理の幅が広がるのでオススメです。

入れ物:ダイソー「メスティン」

人気アイテムのダイソーメスティン。

焚き火セットを一つにまとめるための入れ物は、ダイソーのメスティンです。

このサイズが子ども用焚き火セットにピッタリ!もちろん調理もできます。

スプーン・フォーク

すぐに食べられるよう、スプーンとフォークも用意しておきます。

調理してすぐに食べられるよう、スプーンとフォークもセットしておきます。

ちょうどいいサイズのスプーンとフォークがあったので、手作りのカトラリーケースに入れて収納しています。

焚き火台:SOTO「ミニ焚き火台 テトラ」

焚き火台は、SOTOのミニ焚き火台 テトラを使います。

メスティンにピッタリと収納できるサイズです。

収納袋:セリア「メスティンケース」

メスティンにピッタリサイズの収納袋。

火吹き棒やミニ焚き火台はメスティンに収まらないので、全てまとめて収納袋に入れます。

全て収納袋に入れてみました。

コンパクトでおしゃれな「子ども専用焚き火セット」のできあがりです!

子どもの感想は?

子どもに「自分専用焚き火セット」の感想を聞いてみました。

1.10歳男子

・自分専用というのがうれしい。キャンプが楽しみ。

2.6歳男子

・(自分で火起こしができないから)お兄ちゃんだけできてズルい。火吹き棒がかっこいい。

キャンプで子どもたちに火起こしをさせてみましたが、6歳の次男には難しかったみたいで、すぐに飽きてしまいました。

10歳の長男は根気よくファイアースターターを使い、火起こしに成功。

枝を拾ってきては、火を大切に育てていました。

6歳では火起こしが難しいため、大人の手助けが必要です。

メスティンでご飯を炊いてみた

今回は焚き火セットに100均の固形燃料をプラスし、メスティンでご飯を炊いてみました。

お米一合と水200ccをメスティンに入れて、セットします。

固形燃料の助けを借りました。

ミニ焚き火台に100均の固形燃料と麻ひもを乗せて、ファイアースターターで火をつけます。

少し固めの、おいしいご飯が炊けました。

火が消えたらご飯のできあがり。ふっくらと炊けました。

固形燃料があると火が簡単に使えるので、調理が楽になります。

まとめ

子どもが喜ぶ焚き火セット。

我が家の子ども用焚き火セットを紹介しました。

子どもたちは自分だけのキャンプ用品ができて、うれしいと思っているようです。

焚き火セットを使って火起こしをする場合は、必ず大人の手の届く位置で使ってくださいね。

お子さんの好みや年齢に合わせて、子ども専用のキャンプアイテムを作ってみませんか?

私が書きました!
フリーライター
おおしまはな
愛知県在住。ファミリーデイキャンプが中心のフリーライター。昔はインドア派でしたが、外で食べるご飯のおいしさに目覚めました。最初は組み立て方もわからないギアが多かったのですが、経験を積むうちにできるように。これからキャンプを始めよう!と思う人が、参考になるような記事を書いていきます。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。