【100円アウトドア】ダイソー「耐熱折りたたみコップ」でベランピング・コーヒーだ! | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【100円アウトドア】ダイソー「耐熱折りたたみコップ」でベランピング・コーヒーだ!

    2021.11.08 ちゆゆ

    筆者私物。

    アウトドアでホットドリンクを堪能。そんなときこそ100均耐熱携帯コップ

    寒空の下で味わうホットコーヒーは、格別においしいもの。アウトドアでマイボトルを持ち歩く人も多いことでしょう。

    そんな人向けに今回は、120度C耐熱、コロンとかわいいダイソー「携帯折りたたみコップ」をご紹介します。自然の中でもよく映える、さわやかなカラーバリエーションもポイントです。

    商品特長

    ダイソーオリジナルブランド「JOYTHM(ジョイズム)」発のコップ。以下、その特長です。

    ・カラビナ付きで携帯に便利
    ・120度C耐熱でホットもOK
    ・コンパクト設計
    ・持つ手が熱くならない
    ・安定感がある
    ・超軽量
    ・ケース付きで衛生的

    今回写真に使用した商品は、2021年購入の筆者私物です。

    それでは、ベランピングを楽しみつつ、この便利なコップの詳細をチェックしていきましょう。

    ダイソーコップでベランピング・コーヒー開始

    手のひらサイズの、キュートな円筒ケース。

    カラビナ付きケースに収められた折りたたみコップ。バッグやリュック、ベルトフックなどに吊りさげておけば、アウトドア時の喉の渇きもすぐに癒せます。

    我が家では、ベランピングテント内に吊って保管し、いつでも取り出せるようにしてあります。

    中はこんな感じ

    カラビナは取り外して、別に使うこともできます。

    4連の入れ子になった半透明の輪。これが、コップに変形する部分です。

    一番外側の輪を持って引き出し、コップの形状を作ります。

    この輪を引き上げると、継ぎ目が重なり、このとおり立派なコップに早変わり。「キュッ」という抵抗感のあるところまで、しっかり引き出して固定しましょう。

    「継ぎ目から漏れるのでは?」と初使用の際はちょっとドキドキしますが、力まかせに引っ張る必要はまったくありません。極力、継ぎ目が斜めにならないよう、まっすぐに引き出すのがコツです。

    こんなところに気配り設計

    キャップ付きで、小さな収納物も紛失することなく安心です。

    フタの裏側の凸部は小さな収納スペースになっていて、お薬やサプリメント、飲み物のトッピングなど、ちょっとした小物を入れられるようになっています。なんという気のきく設計……!

    一般的なカップ入りのコーヒーフレッシュが、すっぽり収まるサイズ感。ほか、粒チョコレートやキャンディなど、ひと口サイズのおやつを入れておくのもいいですね。

    紙コップと比べてみると……?

    紙コップは、アウトドア時のお役立ち定番アイテム。

    このダイソー折りたたみ携帯コップは、一般的な紙コップと比べて、

    ・倒れにくい
    ・持つときに熱くならない
    ・繰り返し使える
    ・大人数のキャンプなどでマイコップにすれば、取り違えが起きにくい

    などの利点があります。

    もちろん、紙コップの“使い捨てできる”という点は、お手軽さの面で最大のメリット。シーンによってうまく使い分けたいものですね。

    ベランダにてアツアツを堪能

    いい香り。底が安定しているので、注ぐ際はコップに手を添える必要もありません。

    95度Cで保温中のアツアツのホットコーヒーを、勢いよく注いでみました。それでも、継ぎ目から漏れる気配はありません。

    半透明で、中身のドリンクの色がちゃんと見えるのもいいですね。

    柄(え)の重いスプーンを入れても大丈夫です。

    底がしっかりしているため、長さのあるスプーンやマドラーを入れても、倒れることはありません。

    底のケースは、結露の受け皿としても優秀。またこのように底を支えて持つと、より安定感が増します。

    容器全体が断熱性に優れていて、側面や底面、どの部分に触れても、熱くなることなく安心です。

    混ぜたあとのスプーンの置き場に困ること、ありませんか?

    底のケース部分は、スプーンなどのチョイ置きにもちょうどいいスペース。

    また、キャンプ中は飲み物に灰や虫、砂などが入りやすいので、こうしてケースの上半分をフタ代わりにするのもおすすめです。

    冬のホット、夏のコールド、どんなドリンクだって楽しめます。

    小さな子どもにも扱いやすい、軽さと丈夫さ。落として割れにくいのも魅力です。

    少しの水滴残りであれば大丈夫

    ケースがあるから衛生的です。

    飲み終えたあとのコップは、出先で洗えなくても大丈夫です。ケースにはそこそこ密閉性があるため、少々の水滴残りを気にせず持ち帰ることができます。

    冬のホットドリンクを、アウドドアでも安全に

    ダイソーならではの工夫が光る折りたたみコップです。

    数ある携帯折りたたみコップの中で、熱湯を注げるコップは限られています。「ホット缶の飲み口が熱いから、冷めるまで待とう」という“ホットドリンクあるある”も、このコップに移し替えれば即解決できます。

    またこのコップは、折りたたみ時の厚みがたったの3.5cm。常時携帯しておけば、出先での急な災害時にも役立ちます。

    屋外でのドリンクタイムをより便利にする、ダイソー携帯折りたたみコップ。とくに、ホットの恋しい冬アウトドアのお供にいかがでしょうか。

    ダイソー 携帯折りたたみコップ(ジョイズム、カラビナ付き)

    価格 110円
    容量 220ml
    素材 本体:ポリプロピレン、カラビナ:アルミニウム
    ※電子レンジ不可

    私が書きました!
    フリーライター
    ちゆゆ
    パソコン一辺倒20年、肩こりや体のダルさの原因がどうやら自然とのふれあい不足にあるらしいと気づき、バイク&アウトドアを謳歌するようになったイイオトナ年齢の女性(兵庫県民)。いつもの暮らしにアウトドア要素をほんのちょっと取り入れたら、目に見えて人生に彩りがふえました。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    メスティンはダイソーより”スリコ”!? 高級感もあり初心者におすすめ

    2022.11.28

    自衛隊規格の金型!湯切りや蒸し料理、2段調理も可能な「ロゴス 23式ハンゴウ(2合)」

    2022.11.26

    南部鉄器&燕三条とのコラボ!ハリオ「Zebrang」初の調理ギアは飯盒

    2022.11.21

    ダイソー「アウトドアコーヒーメーカーカップセット」がコスパ最強すぎ!

    2022.11.20

    キャプテンスタッグ「たためる ソロトング」が魅力的な理由とは?快適な焚き火メシに欠かせないギア

    2022.11.18

    ついにソロキャンサイズ登場!ハリオ「Zebrang」のアウトドア仕様ドリッパーで最高の1杯を楽しもう

    2022.11.11