【ロープワーク完全マスター講座】第4回 本結び―フィッシャーマン結び | ロープワーク 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

【ロープワーク完全マスター講座】第4回 本結び―フィッシャーマン結び

2016.07.18

テントやタープを張ったり、ランタンや食器を吊り下げたり、自分の体の安全を確保したり、ロープワークはアウトドアのあらゆるシーンで僕らを助けてくれる。ロープワーク7つの基本をマスターしよう! 今回は本結びの応用編、フィッシャーマン結びを解説。

【フィッシャーマン結び】
ロープとロープを結ぶときに左右対称のきれいな結び目にしたい場合は、フィッシャーマン
結びにするとよい。太さの異なるロープを結んだときにほどけにくいという利点もある。

1.一方の末端を矢印のようにまわす
r-18-12.矢印のように輪に通すr-18-2

3.もう一方の末端を矢印のようにまわす
r-19-34.矢印のように輪に通す
r-19-45.ふたつの結び目ができたら、末端を引っ張って結び目を締める
r-19-56.両側から引っ張って結び目どうしをくっつける
r-20-67.完成
r-20-78.裏から見たときこうなっていれば正解r-20-8

イラスト/田中斉、長谷川弘
構成/DOCO(大塚真)、大澤竜二

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ロープワーク 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。