9,900円とは思えぬ上質さ。創業70年の鍛冶屋が作るフォールディングナイフ | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2021.07.20

    9,900円とは思えぬ上質さ。創業70年の鍛冶屋が作るフォールディングナイフ

    「トヨクニ」は、日本有数の刃物の産地、土佐(高知県)で70年以上刃物を作り続けている鍛冶屋である。鉈や包丁などの伝統的な刃物だけでなく、アウトドアユーザー向けにさまざまなナイフも製造している。このフォールディングナイフ「MASAMO 005 遊」もそのひとつ。ブレードは錆びにくいステンレス製。刃長は7.9cmと、長すぎず、短すぎず、ちょうどよい長さ。ハンドルの根元の口金は洋白、ハンドル内側の中板は真鍮。金属の素材を買えることで色の違いが生まれて、ナイフの個性となっている。ハンドルはココボロ製。ココボロは中南米原産のマメ科の広葉樹で、硬くて耐久性があることで知られている。明るい色、暗い色、木目の筋が太いもの、細いものなど、1本1本表情が違う。9,900円で世界に2つとない自分だけの1本が手に入るなんて、とてもお徳です。

    折りたたんだときの長さは約10.8cm。手のひらに収まるサイズ。

    ハンドルの背にロックスイッチ。ブレードを閉じるときはここを押す。

    ハンドルのココボロ材の色の違い。どんな色のものがくるかはお楽しみ。

    フォールディングナイフ「MASANO 005 遊」9,900円

     

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12