モーター駆動で乗り味スムーズ、 観音開きで乗り降りスマート! サステナブルで 気持ちいい クロスオーバーEV | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • モーター駆動で乗り味スムーズ、 観音開きで乗り降りスマート! サステナブルで 気持ちいい クロスオーバーEV

    2021.07.27

    凝った作りのマツダ/MX-30にEVモデルが登場。環境に配慮したというその出来栄えを確かめてきました!

    マツダ/
    MX-30 EVモデル ハイエスト セット

    ¥4,950,000
    問い合わせ先:マツダ 0120-185-533
    https://www.mazda.co.jp

     

    image

    早:昨年秋に登場したMX-30は、ガソリンエンジンにモーターアシストが付くマイルドハイブリッド車でしたが、今回テストしたのはモーターだけで走るEVモデルです。
    櫻:見た目は同じなので、乗ってみないと違いはわからないけどね。
    早:見た目といえばこのクルマ、観音開きの「フリースタイルドア」が特徴ですよね。昔マツダが作っていたRX-8という4ドアスポーツカーも観音開きだったのを思い出しました。
    櫻:どちらも2ドアクーペに見えるスタイリッシュさを狙って採用されたものだ。MX-30は車体が小さめなので、横から自転車を積めるほどの開口部ではないけど、乗り降りや荷物の出し入れはしやすいね。
    早:展開の仕方が凝ったテーブルや椅子みたいで、僕は好きです。こういうの。
    櫻:うん。気分がアガるギミックは大事!
    早:そしてEVモデルとしての特徴ですが、ハイブリッド車と比べて乗り味が断然滑らかですよ~。
    櫻:モーター駆動のメリットはそこにあるんだけど、このクルマはぐんぐん加速するのではなく、アクセルペダルの踏み込みに応じてじんわりと加速する、ドイツ車的なフィーリングだ。
    早:確かに重厚な感じですね。不快な振動もなく、とても快適。これなら長距離を走っても疲れにくいです。
    櫻:MX-30はインテリアにペットボトルのリサイクル素材や、木を伐採することなく皮を剝いで作れるコルクを使うなど、サステナビリティーに配慮した設計。だから排気ガスが出ないEVモデルは、マツダのコンセプトを最も体現しているんだ。
    早:マツダは2030年までに電動化を完了させると聞きました。MX-30のEVモデルはその先鋒として、重要なクルマですね。
    櫻:しかもEVモデルの次は、新設計のロータリーエンジンで発電してモーターで走る、レンジエクステンダーEVの投入が計画されているんだって。
    早:おおーっ。アウトドアを愛するひとりとして、サステナブルなクルマが増えるのは大歓迎です。
    櫻:うん。ハイブリッド車よりも約200万円高いEVモデルだけど、試す価値はあると思うよ。

    都会的なクロスオーバーSUVスタイル

    都会的なクーペスタイルが特徴。最低地上高は130mmと低く2WDのみの展開だが、ボディー下部をブラックモールで覆い、フィールドでの使用にも対応する。ハイブリッド車との違いはエンブレムなどごくわずか。

    image

    image

    image

    SPECIFICATIONS

    【ボディー寸法】
    全長 4,395mm
    全幅 1,795mm
    全高 1,565mm
    最低地上高 130mm
    最小回転半径 5.3m
    ホイールベース 2,655mm
    トレッド 前1,565mm/後1,565mm
    タイヤサイズ 215/55R18
    車両重量 1,650kg
    乗車定員 5名

    【エンジン・燃料】
    形式 交流同期電動機
    総電力量 35.5kWh
    最高出力 
    107kW(145PS)/4,500〜11,000rpm
    最大トルク 
    270N・m/0〜3,243rpm
    一充電走行距離【WLTC】 256km

    【トランスミッション】 
    電気式無段変速機

    2〜3人分のキャンプ道具が積める広さ

    image

    後席の背もたれをたたんだ状態。体を休めるほどの奥行きはないものの、少人数でのキャンプには十分対応する広さを誇る。

    image

    ラゲッジは幅1000mm、高さ約500mm、奥行き約800mm。床下収納も付く。積み下ろしの際に、体に負担をかけない高さに設計されている。

    居心地良好な室内空間は優しさにあふれる

    image

    シートは理想的な着座姿勢で運転できるように設計されている。

    image

    視認する頻度に応じた表示とレイアウトで、運転に集中できる。

    image

    コンソールの一部にコルクを使用。小物の収納もしやすい。

    image

    特徴のひとつである「フリースタイルドア」を試す、本誌・早坂。「2021年中に減量化を完了させる見込みですが、今のふっくら体型でもスマートに乗り降りできますよ~」

    振動が少ないから疲れにくい!

    image

    ボンネットの下、特に助手席側は空間に余裕が。開発中のレンジエクステンダーEVでは、ここにロータリーエンジンが搭載されるという。

    image

    駆動用電池を床下に積み、骨格の一部としても使用。強固な車体は振動が少なく、快適!

     

    テスター
    編集・早坂
    記者・櫻井

    ※構成/櫻井 香 撮影/小倉雄一郎

    (BE-PAL 2021年5月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    モーターだけで走るから快適!クリーンな外遊びグルマ「電気自動車」10台を徹底チェック

    2023.02.07

    あなたにとってのベストモデルは!? 最新版ハイブリッドカー15台、忖度なしの徹底レビュー

    2023.02.07

    自分だけの移動基地が作れる!スズキ「スペーシア ベース」を徹底レビュー

    2023.01.08

    ビジネス街から里山まで~2拠点生活にも使えるレクサス RXをレビュー

    2022.12.29

    小回りが利いてたっぷり積める!フォルクスワーゲンのEV「ID.4」をレビュー

    2022.12.26

    運転も楽しみたい大人キャンパーに!容量たっぷりのラゲッジを備えるマツダ「CX-60」試乗レポ

    2022.12.20

    z