コスパと使い勝手が抜群!100円ショップのボトルをキャンプに活用しよう | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • コスパと使い勝手が抜群!100円ショップのボトルをキャンプに活用しよう

    2021.04.27 のまどう

    私が書きました!
    アウトドアライター
    のまどう
    行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子どもとのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。
    写真は全て著者の私物です。

    100円ショップにはいろいろなボトルが販売されていますよね?中にはアウトドアの使用にぴったりなボトルがあるのはご存じでしょうか?

    今回は100円ショップで手に入るウォーターボトルとシーズニングボトル、温水も入れられるウォーターボトルの3種類をご紹介したいと思います。

    セリアのシーズニングボトル

    シーズニングボトル125ml。

    シーズニングボトルとは調味料用のボトルのことです。登山やキャンプに調味料をそのまま持っていくのはかさばりますよね?そのような時にシーズニングボトルに醤油や油などの調味料を小分けにすればコンパクトです。

    セリアで販売されているシーズニングボトルのサイズは15ml、30ml、60ml、125mlの4種類です。商品ラベルには「液体調味料を入れても漏れない」と記載されています。

    醤油を入れたシーズニングボトル。

    実際に醤油を入れてみました。逆さにしても全く漏れませんでした!

    蓋の内側。

    蓋のつくりを見てみましょう。蓋の内側には液漏れ防止によく使われているような、シリコン製のパッキンは見当たりません。シリコン製のパッキン部分はカビることがあるので、パッキン無しでも漏れないつくりなのは嬉しいです。

    液体だけでなく、塩や砂糖などの粉状の調味料も入れることができます。かさばらないので、いろいろな種類の調味料をキャンプに持っていくことができますね。

    私はこのボトルにアルコールストーブの燃料のアルコールを入れて使っています。アルコールを入れたまま登山に行っても漏れたことは一度もありませんよ。

    セリアのウォーターボトル

    ナルゲンボトルとセリアの400mlのウォーターボトル。

    セリアで販売されているウォーターボトルです。私は無地のシンプルなボトルを購入しましたが、同じデザインで、アウトドアに映えそうなロゴやイラストが入ったものも販売されていましたよ。サイズは確認できたもので、300ml、400ml、500mlのボトルがありました。

    比較のために、アウトドア用のウォーターボトルとして人気の高いナルゲンのボトルと並べてみました。

    冷水、お茶専用です。

    セリアで販売されているボトルは耐熱温度が100度Cと記載されていますので、高温の液体を入れるのは避けたほうが良さそうです。

    取り外しができる飲み口。

    ウォーターボトルの飲み口が広いと、飲む際に、中身をこぼしてしまうことがあります。このボトルは、内側に取り外しができる飲み口がついているので、こぼす恐れがありませんね。

    コーヒー豆を入れてみました。左が400mlのボトル、右が300mlのボトル。

    水だけでなく、コーヒーやお米などを入れることもできます。気密性が高いので、中の物が湿気ることがありませんよ。キャンプに持っていく食材の容器としても便利ですね。

    キャン★ドゥで見つけた温水も入れられるボトル

    500mlの温水も入れられるボトル。

    こちらはキャン★ドゥで発見したボトルです。素材はなんと!Tritan(トライタン)製!

    こちらのボトルも、無地以外にかわいいイラスト入りのものも販売されていました。

    温・冷どちらも可、BPA FREEと表記があります。

    トライタンとはナルゲンボトルに使われている素材と同じ素材です。強靭性、耐久性が高いので割れにくく、食洗器に入れて洗うことができます。

    またBPA FREEで健康に配慮した安全な素材です。

    BPA FREEと表記がありますが、BPAとはビスフェノールという化学物質のこと。ポリカーボネートやエポキシ樹脂の材料のひとつです。ビスフェノールは体に入ると有害な物質です。トライタンは、そのビスフェノールが使われていない、健康に配慮した安全な素材というわけです。

    トライタンは熱に強いので、温かい飲み物を入れることもできます。お湯を入れて湯たんぽのかわりに使うこともできますよ。ただ、熱湯はNGと表記があるので、お湯を入れる際は、沸騰したお湯をしばらく冷ましてから入れるようにしましょう。

    お湯を入れてみました。

    実際に沸騰してからしばらく置いて、冷ましたお湯を入れてみました。ボトルが溶けることなくお湯を入れることができましたよ!

    ボトルを強く握ると、わずかにゆがみます。

    キャン★ドゥのボトルはナルゲンボトルと同じトライタン製のボトルなので、非常に強度が高いボトルです。ただ、ナルゲンボトルと比べると厚みが薄いつくりです。

    ナルゲンボトルは中身を入れた状態で地面に落としても、表面に傷がつくだけで割れることはありません。キャン★ドゥのボトルは、ナルゲンボトル程の強度はないように感じます。試してはいませんが、高いところから落とすと、割れる恐れがあります。破損に注意して使用してくださいね。

    ちなみに、著者の近所にあるセリアでは見かけませんでしたが、セリアでも同じようなトライタン製のボトルが販売されているようです。

    さいごに

    トライタン製のボトルはコスパ抜群!

    キャンプや登山のアウトドアに便利な3種類のボトルをご紹介させて頂きました。個人的にはトライタン製のボトルが100円ショップで手に入るのは驚きです!シーズニングボトルも扱いやすく、どのボトルもコスパ以上に機能性の高い優秀なボトルだと思います。是非アウトドアでご活用くださいね。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    子どもだけでなく大人も楽しい!アウトドアフィールドで遊べるおもちゃ「アウトドアトイシリーズ」

    2023.01.29

    飾りじゃないのよこのツノは!卓上ギアハンガー「ツノクランプ」はシルエットも美しい

    2023.01.28

    キャンプの名脇役にも影の主役にもなる!便利な”高機能系”キッチンバサミを使ってみよう

    2023.01.26

    夢の「Myサウナテント」が買える!? 渋谷ロフトのサウナイベントでチェック

    2023.01.21

    【売り切れ続出】キャンパーに大人気!あれこれ使えるダイソー「シリコーン保存袋」

    2023.01.16

    傘をさしたまま写真が撮れる「GLIDER ハンズフリー傘ホルダー」をレビュー!

    2023.01.12

    z