おしゃれなスリーブで温かい飲み物を飲もう!レザーでカップスリーブ作り | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 自作・DIY

    2020.12.14

    おしゃれなスリーブで温かい飲み物を飲もう!レザーでカップスリーブ作り

    私が書きました!
    ライター
    マリ
    自然とランニングを愛するアラサー女性。今年はトレイルランニングに挑戦予定!レザークラフトが好きで、靴やカバンも自作しています。

    レザーでオリジナルのカップスリーブを作ってみよう

    キャンプで紙コップに飲み物を入れたとき、熱々で持てなかったり、どれが誰のものだかわからなくなったりしませんか?

    今回はそんな悩みを解決するカップスリーブの作り方を紹介します。

    レザーを使えばチープな紙コップも高級感ある見た目になりますよ。型紙作りも簡単で、縫う場所も短いので、初心者にもおすすめです。

    材料・道具

    • 革(2〜3mm厚)(25cm×10cm)
    • 麻糸
    • 紙コップ(型紙用)
    • スタンプなど装飾に使うもの
    • ハサミ(紙コップが切れるもの)
    • コンパス
    • 革包丁(カッターで代用可)
    • 銀ペン(ボールペンなどで代用可)
    • トコノール
    • ガラス板やヘリ磨き
    • 4本菱目
    • 革用縫い針

    革はできれば3mmくらいあった方がいいでしょう。2mm以下だと、熱い飲み物を入れたとき熱さを感じてしまいます。

    スタンプなど装飾に使うものは、なくても大丈夫です。模様などを入れたい場合は用意しましょう。刻印、スタンプと革用のスタンプ用インク、転写シート、ハンダゴテなどが使えます。

    作り方

    今回使う紙コップ。100円ショップのものを使いました。

    まずは紙コップを使って、型紙を作ります。

    赤が作りたい大きさ、黒が型紙用の印。少し上にずらします。

    作りたいカップスリーブの大きさをカップにメモします。その線より1〜2cm(このカップより大きい場合は2〜3cm)上にずらしたところに印をつけます。

    作りたい大きさぴったりに作ってしまうと、厚く固い革を巻いたときに遊びがないため、サイズが合わなくなってしまいます。少し上にずらすことで、遊びを作り、サイズを合わせています。

    紙コップを開きました。

    切れ込みを入れ、紙コップを開きます。

    コンパスを使って線を引いているところ。

    つけた印に合わせて、コンパスで線を引きます。

    コンパスは円を描く道具としてではなく、端から一定の長さを測る道具として使っています。針を刺して固定するのではなく、鉛筆と針を一緒に動かしながら使います。

    線が引けました。

    引いた線に沿ってハサミで切り取ったら、型紙の完成です。

    革に銀ペンで印をつけているところ。

    作った型紙を使って革に銀ペンで印をつけ、革包丁でカットします。革包丁を扱う際には怪我に気をつけましょう。

    床面(革の裏側)の処理をしているところ。

    革の裏面と断面にトコノールを塗り、ガラス板やヘリ磨きでこすって毛羽立ちを押さえます。

    今回はシルクスクリーンで馬のシルエットを入れました。

    装飾を入れたい場合は、ここで入れます。

    アルファベットスタンプと、革に使えるスタンプ台。

    革の装飾は刻印(メタルスタンプ)、革用のインクを使ってスタンプを押す、ステンシルなどの方法があります。革に使えるペンや絵具も市販されていますよ。ハンダゴテを使って描くのも楽しいです。

    一度糸を針に刺してから穴に通すと、扱いやすいです。

    いよいよ縫う工程に入ります。

    縫い始め。革の裏側から糸を通します。糸は大体50cmくらい。

    革の端に4本菱目で穴を開け、糸で縫っていきます。穴を開ける際、怪我に十分注意して行いましょう。

    糸の両端に1本ずつ針をつけ、革の裏側から糸を通します。

    1目縫えたところ。

    横の穴に入れ、ループを作ります。

    同じ穴にもう1度ずつ糸を通し、2重にします。

    どんどん縫っていきます。

    片方の糸端を下の革の裏側から出し、上の革の穴に入ります。

    縫い目がボーダーになるように縫っていきます。

    もう片方の糸端も同様に縫います。

    先に縫った糸端は下から上へ縫いましたが、今度は上の穴から出て下の穴に入ります。

    裏側はこうなっています。

    裏側は糸がクロスしています。

    最後まで縫えました!

    最後まで縫ったら糸端を固結びして、完成です。

    紙コップをかっこよくカスタムしよう

    白い縫い目がポイントのレザーカップスリーブができました。

    今回は縫い目をボーダーにしましたが、編み上げブーツのようにクロスしながら縫ってもかわいいですよ。

    革の色や縫い方、装飾を工夫して、ぜひオリジナルのカップスリーブを作ってくださいね。

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    タイダイ染めで世界で1枚のTシャツを作ろう!やり方を徹底解説

    2024.06.04

    DIYでミニテーブルを作成! 端材を有効活用して自分だけの道具を作ろう

    2024.05.14

    ソーホースブラケットとは?DIYアイデアやおすすめ商品を紹介

    2024.05.06

    「最強の竹とんぼ」の作り方を伝授!奥の深い知育玩具を親子で楽しもう

    2024.04.10

    DIY初心者におすすめしたいお役立ち道具11選!ひと味違うDIYを実現できる個性派ショップも

    2024.03.04

    ハンモックを自作しよう!布で作る簡単な作り方教えます

    2024.01.03

    クリスマス工作のすすめ!拾ったどんぐりや木の葉でサンタハウスを作ろう

    2023.12.08

    家具に“つくる”選択肢を! カインズがDIYで仕上げるオーダーカット家具のプラットフォーム「CAINZ DIY MARKET」開始

    2023.11.14