フランス・オピネル社から”剪定バサミ”が登場! | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2016.05.04

    フランス・オピネル社から”剪定バサミ”が登場!

    『オピネル』といえば、特徴的な丸いグリップにブレードを収納できるフォールディングナイフを思い浮かべる人が多いだろう。
    その原型は、1890年にジョセフ・オピネルが開発。多少の改良はあったものの、基本的なデザインは、なんと、1200年以上も変わっていない。

    そんなオピネル社から、新たに“剪定バサミ”が発売された。
    ●オピネル/プルーナー
    4-124-2グリップにカラフルなポリアミド(ナイロン)が使われ、パッと見はポップ(!?)。鋭い…とまではいえないものの、切れ味もなかなか。しかしながら、日本の伝統的剪定バサミのようにバネ仕掛けが露出していないので、うっかり指を挟んでしまう心配がない。扱いやすさは抜群だ。

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    ブレードはトヨクニが鋳造!重量わずか20gの立つミニナイフあります

    2024.07.16

    キャンプでの薪割りに必要な道具は?やり方は?手順を解説&おすすめアイテムを紹介

    2024.07.14

    ヘレナイフの人気クラシックナイフが10年ぶりにカムバック!オールラウンダー「フューチュラ」

    2024.07.07

    焚き火で活躍する手斧!「まさかり斧」と「スウェーデン斧」どっちがおすすめ?

    2024.06.25

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14