フランス・オピネル社から”剪定バサミ”が登場! | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • フランス・オピネル社から”剪定バサミ”が登場!

    2016.05.04

    『オピネル』といえば、特徴的な丸いグリップにブレードを収納できるフォールディングナイフを思い浮かべる人が多いだろう。
    その原型は、1890年にジョセフ・オピネルが開発。多少の改良はあったものの、基本的なデザインは、なんと、1200年以上も変わっていない。

    そんなオピネル社から、新たに“剪定バサミ”が発売された。
    ●オピネル/プルーナー
    4-124-2グリップにカラフルなポリアミド(ナイロン)が使われ、パッと見はポップ(!?)。鋭い…とまではいえないものの、切れ味もなかなか。しかしながら、日本の伝統的剪定バサミのようにバネ仕掛けが露出していないので、うっかり指を挟んでしまう心配がない。扱いやすさは抜群だ。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    ハンドルは2種類!DLCコーティングの墨色が男前なセミカスタムナイフ

    2022.10.03

    土佐伝統の鍛冶工房とBE-PALがタッグ!伝統の小割り鉈がよみがえった

    2022.09.26

    愛用の包丁をキャンプでも!貝印トップブランド「関孫六」発のブレードガード

    2022.09.06

    夏休みにデビューしよう!子どものファーストナイフの選び方

    2022.08.11

    火おこし愛好家に捧ぐ!意外と珍しい「ファイヤースチール付き」の鉈

    2022.07.23

    3種の「村の鍛冶屋×藤次郎 アウトドア包丁」でキャンプ飯の格上げが叶う!使い勝手を徹底レビュー

    2022.07.21