夏が食べごろ!? 昆虫食人気ベスト3 | ナチュラルライフ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ナチュラルライフ

    2015.07.17

    夏が食べごろ!? 昆虫食人気ベスト3

    第1位はイナゴ。
    「やはりイナゴは全国区ですね。50%くらいの人が抵抗なく食べられるようです。前に食べたという経験者も多いし、海老のような触感も悪くないと受け取られるからでしょう」
     
    第2位はハチノコ。
    「これも有名な昆虫のひとつなので、支持者は比較的多い。食感が柔らかめなので少し抵抗を感じる人もいるようですが」
     
    第3位セミ
    「大都市でも身近に見られる昆虫なので、意外に思われる人も多いのでは? セミといっても成虫ではなくて幼虫が人気です。クリーミーな味は、一度食べてしまえば抵抗感がなくなるという人が多いです」
      
    では本誌が突撃した蚕に対する一般の人気はどうなのだろう。
    「難しいところですね。幼虫にしろ蛹にしろ成虫にしろ、独特な味に好き嫌いが分かれてしまうようです。食べた直後に、ふっと鼻に抜ける臭いにクセがあるんです」
     
    なあるほど。ま、記者は糞茶も含めておいしくいただきましたけどね。そのときへえと思ったのは、蚕の幼虫には食べごろがあるというところ。

    「カイコは5齢幼虫が繭を作りますから、5齢になると体内に絹糸ができてしまって旨くなくなる。だから、その直前のたっぷり栄養を蓄えた4齢がベストなんですよ」
     
    う~む、最先端を走る昆虫料理研究家の興味は、すでに”旬”の探索にも入っているのだった。

    取材・文・撮影=三宅直人

    昆虫食

    ジャイアントミールワームは体長4cmにもなる。これはハードルが高いが、右のようにつみれ汁にしてしまえば、ベスト3に入るかも。

    NEW ARTICLES

    『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

    縄文、ハニワって面白い! 夢枕 獏と考古学者・若松良一が語る「古代史の遊び方」

    2024.07.09

    破けたら直して使おう! 簡単にできて刺繍がかわいい「ダーニング」超入門

    2024.07.09

    水辺で拾った海洋ゴミで楽器作りはいかが?夏休みの自由研究にもおすすめ

    2024.07.07

    1本の竹から作る竹工作円ギア6選!難易度別に作り方を解説

    2024.07.06

    気象予報士・菊池真以さん伝授!昼は雲、夜は星を肉眼で楽しむ「空の観察」の楽しみ方

    2024.07.05

    地方の0円物件でアウトドア拠点を手に入れられる!?

    2024.07.02

    虫の絵の描き方、おもしろ樹木探し…すぐ始められる自然観察の楽しみ方3選

    2024.06.30

    ハーブティ、軟膏も手作りで!自然遊びのプロが指南「身近な薬草で作るナチュラル・レメディ」

    2024.06.30