茨城県・大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラを徹底紹介! | キャンプ場 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 茨城県・大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラを徹底紹介!

    2020.10.27 また たびこ

    私が書きました!
    アウトドアライター
    また たびこ
    旅・キャンプ・温泉・猫が大好きなアウトドアライター。群馬県在住。フリースクール運営のかたわらライター活動中。夫婦でキャンプ&車中泊の日本一周をしたり直感で旅する世界一周をしたり、根っからの旅好きです。今年、家庭菜園を始めました!

    東日本で人気が高いキャンプ場のひとつ、茨城県の「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」。整備が行き届いたキャンプフィールドのほか、温泉やバーベキューサイトなど、充実の施設がある高規格のオートキャンプ場です。おしゃれなキャビンやトレーラーサイトは、手ぶらでも利用可能!アウトドア初心者にもおすすめのグリンヴィラの魅力をお伝えします。

    広々としたフィールド内にさまざまなサイトが点在

    大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラのサイトは大きく分けて2タイプです。1つはテントサイト。区画に分けられた個別サイトと広々としたフリーサイトがあります。もう1つは、トレーラー・キャビンサイト。テントを持っていない人もキャンプを楽しめます。

    美しい芝生が広がるテントサイト

    左に写っているのがサテライトハウス。炊事場もトイレもかなり清潔!

    32サイトほど設営できるフリーサイトは、広々としており平坦なフィールド。美しく整備された芝生が広がり、とても気持ちのよいサイトです。サイト内には炊事場やトイレがあり、温泉や売店があるセンターハウスは道を隔てて目の前にあります。

    画像は個別サイト。43サイトあり、1サイトの広さは約10m×10m(駐車スペースを含む)

    個別サイトとキャンピングカーサイトには、電源設備があります。オートキャンプの良さは、手軽さ。電気が使えるのは安心ですね。車両スペースと芝生スペースがきちんと区画整理されています。キャンピングカーサイトには、給排水設備もあるとのこと。

    一度は泊まってみたい!トラベルトレーラー

    かなりかっこいい!トレーラー(エアストリーム)への宿泊は1泊21,000円!

    グリンヴィラの目玉は、なんといっても、このトラベルトレーラーでしょう!アルミボディーの本格的アメリカントレーラーです!シルバーの近未来的なトレーラーが、遠目でも目立って、とってもかっこいいです。3台しかありませんので、予約は早めがよさそうです。

    トレーラーの横には、炉(いろり)付きの東屋があり、ゆっくりバーベキューや団らんができるようになっています。トレーラーの定員は4名。ダイネット・キッチン・トイレ・シャワー・調理器具・洋食器がついています。

    おうち気分でキャンプができるキャビンタイプ。おしゃれなおうちに住んでいるみたい!

    キャビンサイトの定員は、ファミリーキャビンは標準4名(最大5名)、グループキャビンは標準8名(最大12名)。キッチン・バス・トイレ・調理器具・洋食器つきです。

    充実した施設なので安心!

    キャンプ場で温泉に入れる!

    キャンプ場に温泉があるというのは、なんとも嬉しいですね。アクティビティで汗をかいても、ゆっくり温泉につかってリフレッシュ!グリンヴィラの温泉「ふれあいの湯」には、室内の大浴場と露天風呂がありました。

    利用料金は、中学生以上500円、小学生300円、幼児無料です。

    コインランドリーもある!

    キャンプ場にコインランドリー!連泊組にはとてもありがたい設備です。洗濯機と乾燥機が設置してあります。コインランドリーがあるシャワー棟は、個別サイトからは比較的近く、フリーサイトからは少し離れています。

    また、各テントサイトにあるサテライトハウスには、炊事場やトイレがあります。どちらも手入れがすみずみまで行き届いており、清潔感があります。

    創意工夫あふれたセンターハウスがお出迎え

    売店や受付などが入っているセンターハウスでは、季節を感じさせる飾りつけがお客さんをおもてなし。センターハウス内には、くつろぎスペースやランタン展示があります。地域案内コーナーも充実していますので、情報収集には困りません。

    売店には薪や木炭、飲料のほか、お菓子やアイス、生活用品やキャンプアイテムまで充実の品ぞろえ!チェックイン時にJAFカードかワイルドワン会員カードを提示すると、ちょっとした特典がありますよ。

    隣接した広域公園はさらに広々!

    キャンプ受付時に渡されるファイルに、広域公園情報も載っています

    センターハウス脇にある「森林(もり)のかけ橋」を渡ると、多目的運動広場やアスレチック、温水プールなどがある広域公園が広がっています!プールにテニスコート、アスレチックと、丸1日、夢中になって遊ぶことができそうですよ。家族連れや友人同士で、アクティビティを楽しみながらキャンプなんて、とても楽しそうですね。

    ルールやマナーが徹底していて気持ちいい

    ゴミの分別がしっかりされている

    ブース内で細かく分別できるようコンテナがあります。キャンプで使ったガスボンベも回収してくれるのはありがたい!

    キャンプで出たゴミを回収してくれるグリンヴィラ。受付時に、町指定のゴミ袋(燃えるごみ・生ごみ用)を1枚配布してくれます。キャンプ場に4つあるゴミブースは、清潔に維持管理されており、分別が丁寧になされていました。ゴミブースまできれいなキャンプ場はなかなかありません。

    直火はNG

    各サテライトハウスに設置してあるなべしき。破損したなべしきを置く場所もあり、細かな配慮を感じます

    美しい芝生が印象的なグリンヴィラ。芝生を守るために「なべしき」利用のアナウンスがされています。なべしきは、各テントサイトにあるサテライトハウスに置いてあり、自由に利用することができます。キャンプフィールドをきれいに保つために、利用者によびかけるキャンプ場側の徹底は素晴らしいですね。利用者のマナーもとてもよいのだと感じました。

    サイトではボール遊びは禁止

    広々としたフリーサイトで走り回って遊びたいところですが、ボール遊びはNG。隣接する広域公園に行くよう、アナウンスされています。

    フィールド内放送がある

    キャンプ場内では、定期的に放送があります。子どもたち向けのイベント案内や21時以降の静粛時間に向けてのアナウンスなど、利用者が気持ちよく過ごせるような配慮を感じます。

    キャンプのあとは観光へ

    気持ちよく過ごせるグリンヴィラでキャンプを楽しんだあとは、ぜひ観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。季節ごとに違った表情を見せる滝や海、そして、心落ち着く神社をご紹介します。

    三名瀑のひとつ、袋田の滝へ

    別名「四度の滝」。四季折々、それぞれの楽しみ方がある名所です

    華厳の滝・那智の滝と並び、日本三名瀑として数えられる袋田の滝。グリンヴィラから車で20分ほどの場所に位置しています。3カ所で様々な角度から滝を楽しむことができますよ。一番上の展望台からは、滝のどこかにハートマークが見えるとのことで名所になっているようです。

    心落ち着く神社や海へ

    神仏を祀る御岩神社。荘厳で心身ともに浄化されたような気持ちに

    茨城は、山や森はもちろん、海もありますよね。キャンプ場から袋田の滝を訪れたあと、さらに足をのばして、海岸沿いへ行くのもおすすめですよ。大子町から日立市への道中には、雰囲気のよい御岩神社があります。御神木の三本杉がとても美しいです。御岩神社から東へ約20分ほどで、海辺に到着。「キャンプ場〜袋田の滝〜御岩神社〜日立の海」コースは、山と海の大自然、そして美しい神社を満喫できて超おすすめです

    楽しみ方いっぱい!グリンヴィラへ出かけよう

    東日本で人気のある高規格の「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」。トラベルトレーラーやキャビンに宿泊したり、芝生の美しいテントサイトでゆっくりキャンプしたり、温泉や隣接の公園で楽しんだり!行くたびにいろいろな楽しみ方があるグリンヴィラ。茨城の魅力再発見にぜひお出かけください。

    大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

    住  所:〒319-3552 茨城県久慈郡大子町矢田15-1
    電話番号:0295-79-0031
    利用料金:フリーサイト 4,200円(通常期) 3,200円(冬期)
         個別サイト 6,700円(通常期)5,700円(冬期)
         キャンピングカーサイト 7,700円(通常期)6,700円(冬期)
         トラベルトレーラー 21,000円(通年)
         キャビン 20,000円〜(通年)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 キャンプ場 』新着編集部記事

    寒い冬もぽかぽか!焚き火が思い切り楽しめるキャンプ場5選

    2023.02.06

    廃校がキャンプ場になった!? 都内から1時間で行ける「CAMPiece君津」の魅力に迫る

    2023.01.20

    BE-PAL厳選!北海道から九州まで、おいしいワインにあえるキャンプ場5選

    2023.01.14

    広大な山林からキャンプ場まで!お得にソト遊びを楽しめるサブスク7選

    2023.01.10

    キャンプのプロが手がける施設をピックアップ!メーカー&ショップの直営キャンプ場5選

    2022.12.13

    パジャマは持ってく…?キャンプ好きファミリーが初グランピング体験

    2022.12.04

    z