ナチュラリストの本棚をこっそり拝見……写真家:野川かさねさん/フォトグラファー:永易量行さんとっておきの一冊 | 本 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ナチュラリストの本棚をこっそり拝見……写真家:野川かさねさん/フォトグラファー:永易量行さんとっておきの一冊

    2020.11.13

    繰り返し眺めることで気づき、深まる世界があるのでは。

    山や自然を撮るにあたり、さまざまな写真集を手に取ったという野川かさねさん。
    「偉大な先輩の仕事を拝見し、この時代にわたしがどう撮っていくのかを、流れを踏まえてとらえたいと思いました」

    そして、百冊を超える写真集を繰り返し眺めるという。
    「見るたびに気づきが違うので、間を開けて何度も読みます。とことん深掘るのが好き……職業病ですかね(笑)」

    自然:
    読後、自然の見え方が変わる……

    『FIELD GUIDE』

    「彼は研究者で自然に対する造詣が深いけれど、それを再構成し、自然の見方、とらえ方そのものを新たに提示している。その観点がすごいですね」

    ヨヘン・レンペルト著 ¥1,800
    2016年 IZU PHOTO MUSEUM 160ページ 19.5×15cm

    旅の記録:
    歩く旅、そのものを作品に

    『EL CAMINO』

    「ウォーキングアーティストによる、巡礼の道を旅した記録写真集。いつかわたしも個人的な記録を作品にできたら……」

    ハミッシュ・フルトン著 $49.5 2008年 Fundacion Ortega Munoz 
    138p 25×30.5cm

    自然:
    自然を撮るうえでのバイブル

    『野性にこそ世界の救い』

    「その自然を見るまなざしに、初めて触れたときは打ちのめされました。とことん眺め、わたしはなにを撮るべきかを考えています」

    ヘンリー・デイヴィッド・ソロー文、エリオット・ポーター選・写真、酒本雅之訳 
    ¥4,900 1982年 森林書房 106ページ 19×24.5cm

    山岳写真:
    山と共に生きる先人が描いた、山岳世界

    『北アルプス黎明 穂苅三寿雄ガラス乾板写真集』

    「わたしの山の写真は通って撮ったもの。それとは別の視点で、山と共に生きて撮っているという、人生込みの写真に感銘を受けます」

    槍ヶ岳山荘著 ¥2,200 2002年 
    信濃毎日新聞社 106ページ 24.5×26cm

    写真家:野川かさねさん

    山や自然をテーマにした作品を発表し、雑誌や書籍などの撮影を手がける。共著『山小屋の灯』(山と溪谷社)ほか、著作多数。

    写真集を眺めることは
    いろいろな栄養を取ることのよう

    「写真集を見るというのは、いろんなものを食べて体を作ることに似ていると思います」

    そう語る永易量行さん。写真集に限らず、映画や音楽も、気持ちよいと感じる作品にたくさん触れるという。
    「仮に忘れてしまっても、そのとき美しいと感じることが重要。それらを吸収し、消化していれば、いつかそれは自分の表現として、写真に現れてくるものだと思っています」

    スポーツ:
    作り手の情熱にあふれる、会心の一冊

    『XVIII Olympiad Tokyo 1964』

    「日が沈み、照明のないなか、ギリで写した一枚が見開きに……。写真家の心情が痛いほど伝わるし、全編にあふれる情熱に震えが走ります」

    朝日新聞社 ¥2,800 1964年
    217ページ 28.8×19cm

    ルポタージュ:
    ユーモアあふれる極上の一冊

    『Elliot Erwitt Snaps』

    「なにを撮っても抜群に上手く、ユーモアが漂う。アーウィットみたいに撮ってという注文が、いちばん過酷な要求でしょう(笑)」

    エリオット・アーウィット著 £29.95 2003年 Phaidon Press 240ページ 27×19cm

    ピクチャーブック:
    スペイン人作家による言葉をもたない絵本

    『BIRD』

    「言葉をもたない水彩画の絵本です。写真だけでなく、絵画や映画などよいものを取り入れて消化したいと思っています」

    BEATRIZ MARTIN VIDALイラスト 
    $16.95 2015年 Simply Read Books 36ページ 20.3×28cm

    宇宙:
    「写真表現は芸術か?」ここに隠された答えが……

    『MARS 火星 未知なる地表 ―火星探査機MROが明かす、生命の起源』

    「人工衛星から火星を自動撮影した写真集。写真表現は必ずしも人間を要せず創造性を生み出す……写真の本質を深くえぐった一冊です」

    ¥12,000 2013年 青幻舎 272ページ 35.7×29.5cm

    フォトグラファー:永易量行さん

    山岳雑誌から広告まで、幅広い撮影を手がける。精力的に撮影を行なう一方、ランナーとして年間4000km以上を疾走する。

    ※構成/麻生弘毅 撮影/永易量行 野川かさね
    ◎紹介している本の書誌情報は、すべて発行当時のものとなります。
    (BE-PAL  2020年7月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 本 』新着編集部記事

    動物の死んだふりの意味は…?ほか、好奇心をかき立てられる書籍3選

    2023.01.13

    飽くなき行動で25の言語を習得、農業の大淘汰時代…興味深く読める注目の2冊

    2022.12.06

    土壌再生、シルクロードへの冒険…自然への探求を深める書2選

    2022.11.30

    虫たちのワンダーランドに驚き、暮らしに新しい視点を与える2冊

    2022.11.28

    キャンプのお供にもおすすめしたい図鑑&自然をめぐる書2選

    2022.11.25

    福岡の小さな書店「本屋アルゼンチン」から広がる、豊かな旅の世界

    2022.09.26

    z