富山「宇奈月~黒部」サイクリングツアー、オススメ飲食店3選 | 日本の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 富山「宇奈月~黒部」サイクリングツアー、オススメ飲食店3選

    2020.07.22 指田真琴

    私が書きました!
    グルメサイクリングガイド
    指田真琴
    1979年、神奈川県藤沢市生まれ、富山県在住。富山グルメサイクリングツアー代表。年間500軒以上外食し「美食」を追求。2014年から食と自転車をコラボしたグルメサイクリングツアーを開始。他に類のないサイクリングガイドを目指しています。https://www.facebook.com/toyama.gourmet.cycling.tours/ instagram:@maksashida

    気軽に楽しめるルートで、地元で人気のグルメも満喫

    みなさんこんにちは。グルメサイクリングガイドの指田です。今回は私が日頃案内しているサイクリングツアーで、寄らせていただいてる「黒部の水」を使った飲食店を、実際にモデルさんと一緒に訪れながら紹介しよう。

    今回ツアーを体験してくれたのは、「宇奈月女子化プロジェクト」代表の津田奈由子さん。宇奈月を中心に富山を盛り上げるため活動しているアクティブガール。昨シーズンのトロッコ乗車回数はなんと60回以上!目指せシーズン100回!

    宇奈月駅前の温泉噴水にて。これから出発しまーす!

    宇奈月女子化プロジェクト

    Facebook:https://www.facebook.com/宇奈月女子化プロジェクト-184521138966281/
    Instagram:@una_jyo

    全国屈指の長さ!トロッコのある「宇奈月温泉」からGO!

    宇奈月にある展望台。この日は快晴。黒部川が美しい。

    今回のサイクリングコースは、黒部市にある富山県唯一の温泉街であり、全国でも指折りの運行距離を誇るトロッコ発着所の富山地方鉄道終点「宇奈月温泉」駅からスタートし、「新黒部」駅まで下るお気軽ルート。ほとんどが下り基調のため、普段運動されない方でも楽しみながら完走できるオススメコースだ。

    スタートの方法は下記の4パターンがあるのでお好みで。

    ①富山地方鉄道「電鉄富山」駅からに自転車と共に乗車し、終点「宇奈月温泉」駅で下車してスタート。電車乗車時間:約1時間40〜50分。

    ②車で「新黒部」駅まで行き、富山地方鉄道に自転車と共に乗車。終点「宇奈月」駅まで行きスタート。電車乗車時間:約25分。

    ③宇奈月温泉街に宿泊してスタート(自転車は持参)。

    ④当グルメサイクリングツアーにお任せ(上記すべてのパターンに対応します。レンタサイクルも有り)。

    ※いずれも帰りは「新黒部」駅から乗車する。
    (富山地方鉄道は土日のみ自転車の乗り入れが可能)

    1.独自の製法で他を凌駕するダージリンティー

    紅茶専門店「グレイスピース」。出発する前にまったりするぞー(笑)

    富山地方鉄道「宇奈月温泉」駅からわずか1分。1店舗目の紅茶販売店「グレイスピース」さん。この店との出会いは私が30代に入る直前の頃で、何年ぶりかにトロッコに乗りにきた時が初見。あれ?こんな店あったかな?と、相方と話していたのを思い出したが、訪れた2008年は店がオープンしたばかりだったようだ。

    まだスタートしてないけど、いただきまーす。

    (左)プレミアム 2,700円、(中央)レギュラー 1,620円、(右)数量限定ハイプレミアム 3,780円。以上、すべて税込。ハイプレミアムは想像を絶する香り。今すぐチェックしないと売り切れ必須。

    店舗内ではイートンはできないが、希望により紅茶を試飲できるスタイル。当時一緒に訪れた相方が、試飲直後、「スゴイ」を連発していたのを今も鮮明に覚えている(相方は紅茶大好き)。「ダージリンで香り付けしてないのに、こんなにマスカットの風味が強いなんて!」と横で語っていた。当時は何のことかまったくわからなかったが、今ならわかる。確かにスゴイ。いわゆるダージリン「セカンドフラッシュ」がマスカットの香りで有名だが、本当にマスカット?と思うほど、風味を感じ取るのは難しい。一方、グレイスピースの茶葉(プレミアム)は、マスカットの香りがパワフルに喉から鼻を駆け巡り、舌に甘みがしっかりと残る。夏はアイスティーにすると、清々しくキレのある甘みに変化。優雅な気分が味わえる。まだサイクリングは始まってないが、心の柔軟体操はバッチリだ。

    お持ち帰りした紅茶のパウンドケーキ。甘さに甘さを重ねた味は、甘党にはたまらないほど嬉しい。

    このパウンドケーキは、グレイスピースの茶葉を使用して、富山市にある「ラ・メゾン・ド・ジュン」にて制作したコラボ商品。写真の商品はレギュラー、プレミアム1杯分が2パックずつ入った「ケーキ&ティーSET」2,484円(税込)。迷ったらコレを選ぼう。

    こちらのマカロンも「ラ・メゾン・ド・ジュン」とのコラボ商品。ケーキとマカロン甲乙つけがたい。コラボ商品は小矢部市にある薄氷本舗「五郎丸屋」にもある。

    グレイスピース

    住所:富山県黒部市宇奈月温泉324-1
    TEL:0765-62-9211
    http://www.tea-break.ne.jp/top.html

    2.観光地で有名な「あのカレー」を作っていた店がこの場所に?

    黒部川沿いに自転車を走らせ、しばらく走った田園地帯にポツンと現われたのは「カントリーキッチン」さん。新規開拓店舗を増やすため、Google mapで検索していて見つけたお店。

    温かみのある一体感が素敵。この空間が大好き。

    お花のソファでクマさんにこんにちは。

    外観は普通のお宅だが、扉を開けるとメルヘンチックな雰囲気が漂う店内が迎えてくれる。奥様の趣味なのだろうか?壁は一面お花畑で、照明の具合も抜群。すべてが愛らしく感じられる落ち着いた空間だ。

    富山ならではの「富山ブラックスープカレー」604円や、「しろえびカレー」572円などがある。共に税込。

    席に座って目に付いたのはレトルトカレーの山。まさか…観光地のお土産で売っているような?レトルトカレーを温めて出してるのか?と最初は勘繰ってしまったが、そうではなく、このレトルトカレー達はなんとカントリーキッチンで作っている製品だったのだ。正直これにはビックリ。

    新発売の「とやま和牛カレー」は、756円(税込)。

    カントリーキッチンのカレーはインド系や一般的なスープカレーとも違う、いわゆるレストランカレー。子供の頃、何処か都会のホテルで味わったことがあるような、口当たりが上品で野菜を溶け込ませたスープ。一時期カレーにハマって富山県中のカレーを食べ歩いた結果、県内で数軒、美味いを超えた「クセ」になる、持続的かつ定期的に食べたくなるカレーが存在することを発見。カントリーキッチンさんのカレーは、まさにそのうちの一つ。私の精神のモチベーション維持のため、定期的に数十パックを買いだめをする。「クセ」になる味とは理屈で測れない領域なのだ。

    「キレイなオムカレ~!」と言っています。

    できたてほやほや、私の一押しオムカレー&クリームソース。ポーク、ビーフ共に968円(税込)。

    カントリーキッチン

    住所:富山県黒部市山田新473-1
    TEL:0765-57-0369
    instagram:countrykitchenkurobe

    3.華麗なる水出しコーヒー専門店

    カントリーキッチンさんから自転車でわずか5分。ブレイクポイント「水の時計」さんがある。名前でわかるかもしれないが、富山で唯一の水出しコーヒー専門店だ。

    店前には自転車ラックも。テラス席もあり、テイクアウトも充実している。

    初めて訪れた年は店がオープンした2009年。年齢を重ねて、ようやくドリップコーヒーが美味しく感じてきた30歳の頃。初めて水出しコーヒーを飲んだ時は、「よくわからない味」が率直な感想だった。あの頃は苦ければ苦いほど良くて、飲みにくいものがコーヒーの醍醐味だと思っていたからだ。数年後、コーヒー歴を積み重ね、改めて水出しコーヒーをいただいてみると、「水の時計の水出しコーヒーは、他店と全く違う飲みやすさ」にようやく気付いた。

    津田さんが見ているのは「ナイトロコーヒー」717円(税込)。窒素とコラボした水の時計のコーヒーはキレのある滑らかクリーミー。新感覚にびっくり!

    10時間〜12時間滴下抽出後、2日間寝かせた物を提供しているので、苦味のカドが取れた独特の熟味&まろみへと変化。コーヒーが苦手な方でも飲みやすくなっているため、ごく短時間で飲み干してしまうほど。

    水出しに使われる器具。見ていると時間を忘れそうだ。

    「お湯で抽出するドリップは、油分が溶けて液中に入り、時間が経つと酸化し飲みにくくなるか飲めなくなってしまう。しかし水出しは、常温で抽出しているため油分が入りにくく、コーヒーが劣化しにくいため、寝かせたコーヒーを提供できる」と、オーナーの北山晃さんはいう。

    お土産に一押しの「水出し珈琲ボトル」1,447円(税込)。手軽に黒部の水の力が味わえる。

    何故ワイングラス?私も最初はそう思ったが、オーナーはソムリエと聞いて納得。水出しコーヒー(アイス、氷無し)は、630円(税込)。

    私のお気に入りの過ごし方は、水出しコーヒーのストレート(氷なし)をワイングラスで飲むこと。いつも満席に近いお店が不意に誰もいなくなる時間がある。その瞬間、特別な時間を自分だけに与えられたような、そんな気にしてくれる素敵なお店がサイクリングの締めくくり。
    あとはゆっくりと「新黒部」駅へ向かう。

    時を忘れる「非日常」を演出する店内。

    水の時計

    住所:富山県黒部市荻生2671-3
    TEL:0765-57-3251
    http://mizunotokei.com/

    いかがだったでしょうか?宇奈月から黒部川沿いに走り、途中にあるお店はサイクリングで寄りやすい店ばかり。ルート的にも富山で最も楽チンなサイクリングコースです。私も体験してみたい!と思われた方は、是非問い合わせてみて下さい。

    ツアーに関するお問い合わせ

    富山グルメサイクリングツアー
    TEL:090-1391-4329
    xyz07saeba@yahoo.co.jp
    Facebook:https://www.facebook.com/toyama.gourmet.cycling.tours/
    instagram:maksashida

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 日本の旅 』新着編集部記事

    ロマンスカー展望席で出発!お得な「箱根フリーパス」を買って箱根の乗り物を楽しみ尽くす!

    2022.10.01

    火山、特産種、青い海……。 三宅島は、ほぼハワイ!? 週末で行く離島キャンプ

    2022.09.20

    SNSで話題沸騰!”死ぬまでに渡りたい”夢のつり橋に行ってきた!

    2022.09.17

    持続可能な山の力を活用!「シモノロパーマネント」谷のサウナにいらっしゃい

    2022.09.12

    東京から一番近い「避暑地」!? 千葉県「勝浦」の海と森で夏を過ごそう!

    2022.07.24

    「尾道」をのんびり歩く、久しぶりのひとり旅!「2児の母」を少し休んで旅エッセイスト復活!!

    2022.07.14