お知らせ写真&記事投稿コンテスト開催中!最優秀作品にギフト券1万円! 

011 砂浜焚き火キャンプで役立つシエラカップの手入れ方法

2019.01.06 (閲覧数) 1,292

「BE-PAL.NETリニューアルキャンペーン」に応募した『001 焚火着火の極意はズバリ「〇〇を作ること』が「星のや竹富島賞」を受賞した。感謝。皆様のお役に立てれば幸いである。

平成最後の年末に「星のや竹富島」を訪れた。写真は、施設から徒歩数分でアプローチできるアイヤル浜である。遠方に小さく見えるのは、石垣島の街並みだ。日帰り観光客が多い竹富島は、最終便のフェリーが出港した後に静寂が訪れる。宿泊した者だけが味わえる真の竹富島の姿がそこにあった。「キャンプに行こう!自然と遊ぼう!」を謳う「BE-PAL」が「星のや竹富島」を選んだ理由が、滞在して分かったような気がした。

シエラカップにちょこんととまっているのは、旅のお供をした1月号付録「[CHUMS]×BE-PAL LEDクリップライト」である。

さて、受賞記念に砂浜での焚き火キャンプに役立つノウハウを紹介する。
私のキャンプには焚き火がつきものである。というより焚火にキャンプがつきものであるといった方が正確だ。式で表すと「焚き火>キャンプ」となる。今回は残念ながら焚き火ができなかった。

焚き火キャンプでは暖をとるにも焚き火、調理も、お湯を沸かすにも焚き火である。シエラカップにすすがつく。使い込んだダッチオーブンを「ブラックポット」というが、私のシエラカップは焚き火遍歴のすすが塗り重ねられ、いわば「ブラックカップ」の風格を帯びている。

いつもは、思い出として焚き火のすすを塗り重ねて育てているのだが、今回は、アイヤル浜の砂で一部磨くことで記念に残すことにした。

【ノウハウ】
1「サンドペーパー」は、文字通り訳すと「砂紙」である。「サンドペーパー」で金属がきれいになるように、「砂」があれば磨くことができる。そもそも、クレンザーはザックリ言えば石を粉状にしたものである。
2シエラカップを砂浜にこすりつけて磨く。
3内側にこびりついた汚れも砂を入れて指でこすると綺麗に落ちる。

写真1がbefore、写真2がafterである。この状態になるまでものの数分である。さらに続ければ、完全にすすを取り除くことができるが、「ブラックカップ」を目指しているのでここまでにした。

追補
ウィキペディアで「クレンザー」を調べてみた。すると、「クレンザーの現れる前まで、金属器を磨くために磨き砂と呼ばれる炭酸カルシウムを主とした磨き粉が用いられていた。」という文を見つけた。「炭酸カルシウム」は、サンゴの成分である。沖縄の砂浜は、サンゴでできているわけで、オリジナルだと思っていたノウハウは、すでに先人が行なっていたことであった。先人に学ぶことは大切であることを改めて学んだ。この点で言えば後進のためにノウハウを蓄積するBE-PAL.NETは貴重である。「004 オリジナルだと思っていたカイロは江戸時代にすでにあった」に通じる話である。

(写真1)before

(写真2)after

一弛庵さん

もっと見る

この記事をシェアしよう!

一弛庵さんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 焚き火の知識・テクニック 』新着編集部記事

おすすめ記事