CGM記事詳細 | BE-PAL

ワンティグリス ティピノヴァ買っちゃった!

2021.08.03 (閲覧数) 955

独特の張り姿が気に入って購入しました。色もイイよね。
ポーランド軍ポンチョテントをオマージュしてハイテク素材で作った現代版と言う感じです。
近くの公園で、炎天下の試し張りだったので、暑くて倒れそうやん。
(えー…、またテント買ったの?この前もネイチャーハイク買ってたやん。それに、オレは流行りの軍幕っぽいのとかやらんって言ってたやん!)

写真A:このテントのカッコイイ特徴は、スカート部が一段折れ曲がって地面に吸い付くようなフォルムになるよう設計されているところです。そのフォルムのために、幕体はシングルウォールですが床部分のペグとスカート部分のペグの2か所にペグダウンが必要となってきます。よって、普通のワンポールテントの倍のペグダウンが必要になります。(冬季や強風時にスカート付きワンポールのスカート部がめくれないようにペグダウンする場合と同じ理屈やん。めんどくさ…、いや、このフォルムのためなら、オレは打つ!)

写真B:スカート部をめくった写真です。床部分のペグが左側の丸ペグです。右側のY字ペグがスカート部のペグになります。床部分のペグで幕体を一旦地面に引きつけておいて、さらにそこから延長されるスカートを外側にピンと張る事で、幕体の延長に見えるスカートが一段折れ曲がって地面に吸い付くような独特のフォルムを作るようになっています(コレ設計した人センスいいですね)。

写真C:スカート部を被せたところ。左側に床部分をペグダウンした丸ペグの突起が分かりやすく見えちゃってます。突き抜けるとマズイので、このペグはもう少し深く打つべきですね。地面ぴったりのスカートの裾は、雨の跳ね返りや寒気を防いでくれます。冬キャンに期待が持てます。ワクワク。

写真D:今回このくらいだろうとエイヤでポチったグランドシートです。ペラペラの床の保護もありますが、正六角形にペグダウンするガイド役の方が意味合いが高いです。角からフラップが伸びていて、そのフラップの真ん中ほどにグロメットが打ってあります。とりあえず、そのグロメットに通るサイズの丸ペグを打ちました。このペグが床部分のペグダウン箇所とドンピシャだったら実に最高です。結果的には少し内側でした。フラップを緩めにしてグロメットにペグダウンするか、ピーンと張ってグロメットの内側にペグダウンするか?ここは実戦投入時の課題です。

写真E:幕体構造です。床面は正六角形の一つの角を削ぎ落とした変形五角形です。削いだ部分がグランドシートの露出したところです。要するに前室ですね。前面はフルメッシュ。軍幕と同じくらいの小ささなので、ローコットでもギリで厳しいかも。どうしてもコットを入れたければ、二股の検討も視野に入れておいた方が良さそうです。屋根も低いので、私はコレはジベタリアンで使おうと思います。

写真F:入り口チャックを左右から開けて、真ん中で束ねた状態です。はみ出したグランドシートは床下へ折り込んであります。この入り口の部分を、別ポールを使ってタープのように張り出してる方もいらっしゃいますね。グッドアイデアですね。たぶん真似しようかな。床面の少し上に見える細い隙間はメッシュの通気口ですが、個体によっては、ここをマジックテープで塞げるようになってるモノもあるようです。が、私のはそれが付いていないタイプでした。冬キャン使用だとちょっと残念。

写真G:ワンポールの美しい張り姿のポイントはポールの長さです。ポールは別売なので、吟味する必要があります。私は太めのアルミでアジャスタブルなモノを用意しました。ポールの長さは写真で130cmです。先端部の棒状の突起(タープなどのグロメット用)はノコギリでカットしました。また、ポール先端部が薄い幕体にダメージを与えそうなので、靴下を丸めて挟みました。ポールの長さ調整は、もう少し検討の余地ありに思います(調整穴がワンノッチ50mmなので穴追加かな)。

写真H:スカート部のガイラインは緩めずにポールを抜いた状態です。正六角形の張りが結構パッツンパッツンです。一発でこの状態に近いペグダウンは慣れが必要でしょうね。畳むのは慣れれば簡単です。

写真I:今回用意した道具です。奥から、OneTigris TIPINOVA幕体はカタログ値1180g 軽くて素敵!アルミY字ペグと補強用ガイライン付属、タイムセールで12000円くらいだったのでポチるしかなかった(それ完璧に口実やん)。ペグ打ちとバトニングに愛用のショックレスハンマー。 FIELDOOR アルミテントポール 直径32mm /4本連結 / 高さ調整 / 8段階(2本しか使ってないやん)。6角形グランドシート、アマゾンで色々ありますが1990円のやつ、サイズはほぼドンピシャでした。手持ちのチタン丸ペグ、グランドシートにもアルミ丸ペグが付いてきましたが念のため。

写真J:所感 冒頭にも書きましたが軍幕のワンポールくらいの小ささです。幕体は薄く、ゆえに軽量でコンパクト。TCのように生地に風情はありませんが、軽量に割り切った潔さもストイックだと思います。先日もネイチャーハイクのターガ2買ったばかりなんですが、両方とも設計思想にオリジナリティーを感じました(はぁ?床に敷くヤギの毛皮もeBayでポチってたやん、ブッシュクラフトとかやらんて言ってたくせに…)。

mabiさん

50歳頃からハーレー仲間とグルキャンを始め、その後ソロキャンに転向して7年目、還暦越えのバイカージジイです。荷物満載のハーレーで、最近は近場のキャンプ場メインに出撃を繰り返しています。バイクだけどお気に入りの雰囲気は我慢しないキャンプスタイルを目指しています。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

mabiさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 テント 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。