CGM記事詳細 | BE-PAL

とある家族のクーラーボックス事情

2021.07.27 (閲覧数) 796

とある家族のクーラーボックス事情(2泊3日…)

今回は「夏キャンプの必需品」というテーマですが、「クーラーボックス」にスポットを当ててみました。
クーラーボックスは夏に限らずマストアイテムですが、夏だからこそその機能を損なわず、ポテンシャルを引き出す為に色々と準備をされるかと思います。

まず何を作るか、そして食材が傷まないように食べる順番、クーラーボックスの種類、保冷剤の種類、断熱材の使い方など、どのように合理的にクーラーボックスにまとめるかが重要ですよね。
当たり前の事かと思いましたが、他のキャンパーのクーラーボックス事情、日数・人数によりどれくらいの食材を、どういった物でどれだけ持っていくかなどなど…。
参考程度で目を通して頂けたら幸いです。

とあるキャンプ時に(3人家族で2泊滞在)食した料理リストと、クーラーボックス各種です。

【1日目】
(到着時)
まずは駆け付け一杯のカップ麺各種
(夕食)
ひたすら肉三昧
フレッシュ野菜とトルティーヤ(焼き肉を巻いて)
焼きそば

【2日目】
(朝食)
フレッシュサラダ
フレンチトースト
コーヒー
(昼食)
素麺
天ぷら
(夕食)
グリル野菜、ベイクドポテト
こだわりのレトルトハンバーグ
バターチキンカレー(自作)
チルドタイプのナン
酒の肴は安定の缶詰め、干物

【3日目】
(朝食)
ホットサンド
フルーツヨーグルト
コーヒー


メインの「コールマンスチールベルトクーラー」には、傷みやすい食材(肉類)、キンキンに冷えたビールなどを、2段に区切って入れます。
下段には冷凍した食材(2日目の材料)を入れ保冷剤で蓋をし、更に断熱材を上に重ねて2日目まで全く開けない様にします。
そしてその上に1日目の食材を入れ同様に、保冷剤と断熱材で蓋をします。

命の水(お茶、スポーツドリンク)を入れる為の「イグルーのハードクーラーボックス」
2Lのペットボトルを6本中2本を凍らせます。
そして中央に2本配置し、上部とサイドに保冷剤、その上に断熱材(カリマーの冷汗タオルなど)を被せます。

安定のクーラーボックス「コールマンパーティスタッカー」は朝・昼食用に、その日に使用する食材を、それぞれ別の色のクーラーボックスに分けて入れます。
3日目の朝食用のボックスは車の中の奥底に入れ、絶対に開けません。

あと直接キャンプ時に使用するものでは無いですが、移動中に頂く冷えたドリンクなどの保存用、途中で買った物を一時的に入れる為に「コールマンソフトクーラーボックス」など、車の中の取り出し易い所に準備しておきます。

基本的に途中で買い物(現地調達)もしますが、なるべく傷みやすい肉類は前日に冷凍したり、すぐに使用しない食材が入ったクーラーボックスは、極力開ける回数を減らす事が夏キャンプの鉄則ですよね。

今回は何と言いましても、付録の「karrimor ×BE-PAL」の冷感タオル、同様に昨年8月号の付録「CHUMUS×BE-PAL」の冷感タオルにより断熱材として、そしてクーラーボックスに入れる事により、本来の用途である冷感タオルとして更にポテンシャルも上がりそうですね。

メインの「コールマンスチールベルトクーラー」には、傷みやすい(肉類)、キンキンに冷えたビールなどを、2段に区切って入れます。
下段には冷凍した食材(2日目の材料)を入れ保冷剤で蓋をし、更に断熱材を上に重ねて2日目まで全く開ける事がないようにします。
そしてその上に1日目の食材を入れ同様に、保冷剤と断熱材で蓋をします。

命の水(お茶、スポーツドリンク)を入れる為の「イグルーのハードクーラーボックス」
2Lのペットボトル6本のうち2本も冷凍し、それを中央に配置し、上部に保冷剤、その上に断熱材や、「karrimor ×BE-PAL」の冷感タオルなどを入れると更に保冷機能も上がります。

因みに私は夏といえば、ビー玉の入った「ラムネ」のドリンクを思い出します。
ラムネではありませんが、美味しそうなご当地「サイダー」祭をしてたので、つい購入してしまいました(*´∇`*)。
実際飲むのは初めての物ばかりでしたが、とても懐かしい味がしました。
このような経験ができるのも、夏の醍醐味でしょうか…。

TAKASHIさん

ファミキャン&グルキャン歴9年目。 2020年10月、遂にソロキャンデビュー! 少年かむい殿、西尾維新様、細美武士師匠…リスペクトです。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

TAKASHIさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 クーラーボックス 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。