CGM記事詳細 | BE-PAL

アウトドアで古民具『ー 焚き火用自在鉤 ー』

2021.06.17 (閲覧数) 486

昔むかし、合掌造りの古民家で、囲炉裏や竈で調理をする鍋などをぶら下げ、鉤を上下させて火加減を調節していた古民具『自在鉤』。

現代では使う事も目にする事もほとんどなくなってしまいましたが、先人たちが使っていた道具をアウトドア、焚き火で使ったら素敵じゃないかな、と思い付きで作りました。

角鋼や平鋼を、熔ける寸前まで焼き、叩き、潰し、捻り、曲げて、ハンドメイドで作りました。

鉤は30cmほど上下させて固定できます。

重たいダッジオーブンをぶら下げても全く問題なしです。

流行りのアイアンギアとの相性も抜群です。
 

Solusさん

北海道伊達市で生まれ育ったオジさんです。 キャンプ歴は40年あまり、最近は、鉄で焚き火台などを作り、キャンプや焚き火を楽しんでいます。 『ココペリアイアン』というガレージブランドとして活動したいと、目下奮闘中です。 自分にしか作れないものにこだわり、皆さんが使ってみたいと思えるようなものづくりが目標です。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

Solusさんの新着ユーザー投稿写真

新着ユーザー投稿写真

『 焚き火 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。