CGM記事詳細 | BE-PAL

40年物の大切なナイフ

2021.04.19 (閲覧数) 1,648

もうすぐ定年になる私。
キャンプのきっかけは小学生低学年から始めたボーイスカウト。
カブスカウトで小学生の高学年になった頃に、今は亡き父親が買ってくれたエバニュースポーツナイフNo12。
中学生になってからはプライベートでもキャンプに行くようになり、これ一本で木を削ったり、料理をしたり、時には藪こぎや、夜営地の草刈りもしていました。
大学生になって家から離れたせいもあり、暫くキャンプから離れていたことこともあったのですが、30歳になる頃には子供もできて、今度は子供を連れてキャンプを始めようと思い、実家に置き去りだったキャンプギアを探して見たら、殆どの物は無くなっていましたが、このナイフは父が油紙に繰るんで大切に保管してくれていました。

それから20年以上経って、手にしてから40年以上前の物ですが、ブッシュクラフト、フェザースティック、時には川魚を裁いたりと、今でも現役で使ってます。
オピネルなど、他にもいくつかの小型ナイフを持っていますが、長年使ったこのナイフがやっぱりしっくり来て、他のナイフは持っていかなくとも、このナイフは私のキャンプには欠かせない存在。
そして何よりも、子供の頃からキャンプに送り出してくれた父に感謝し、いつかキャンプから引退する日が来るまで、手入れをしながら大切に使って行こうと思ってます。

ケースも買った当時のもの。
縫っている糸が切れて来たので、レザークラフト用の糸で補修したり、傷んだ部分を補強をしていますが、オリジナルのまま。

kazuさん

もっと見る

この記事をシェアしよう!

kazuさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。