20年間死蔵していたマナスル121の復活(パッキン交換)

2020.04.27 (閲覧数) 1,512

20年間死蔵していた割にはきれいに時代が付いています(笑)
右下のプラの箱に入っているのが、新しいパッキンです。
アマゾンで購入しました。

使用する工具
上から
14-17のメガネレンチ
14-17の両口スパナ
7mmのソケットレンチ
3mmの六角レンチ
あと写っていませんが
バイスと13mmのソケットレンチ
マイナスドライバーを使います。

センターキャップのパッキン交換
右上が古いパッキン
右下が新しいパッキン
パッキンの劣化がよくわかります。

注油口キャップのパッキン交換
千枚通しを使ってパッキンを削り
落とします。左下が削り落とした
ゴムパッキン
右の部品は安全弁ですが、今回は交換
しませんでした。

バーナー部、点火カップ部、ジョイント部の分解
14-17のメガネレンチ、14-17の両口スパナを使って分館します。

石綿パッキンの削り落とし
スクレーパ等を使って、バーナー部
点火カップ部、ジョイント部の石綿パッキンを
削り落とします。
金属光沢が出ているのが写真からわかります。
左上の丸い金属はジョイント部の中にある
フィルターです。

ジョイント部の鉛パッキンのヘタリ
みるからに痕跡がついているのが
見てとれます。

鉛パッキンを取り去ったジョイント部
千枚通しでは取れないので、私はSOTOの
ハンディトーチRZ-520YLで鉛パッキン部分を
炙って取りました。

新しい鉛パッキン
金属光沢が違います。

バーナー部の組み立て(点火カップ下側から)
新しい石綿パッキンが見えます。

バーナー部の組み立て(点火カップ上側から)
新しい石綿パッキンが見えます。
14-17のメガネレンチ
14-17の両口スパナで組み立てます。

ポンプセットの革パッキンの取り付け
13mmのソケットレンチで下から固定して
マイナスドライバーで、革パッキンを固定します。

ポンプセットの組み立て
バイスにポンプセットの軸を固定して
7mmのソケットレンチで、先程の
革パッキンの先端部をポンプセットの
軸に固定する。
タンクに組み付けて完成!

完成、試運転!!
無事点火して青い炎が見えます。
大体1時間ぐらいの作業でした。

クエン酸で酸洗い
300ccのぬるま湯にクエン酸を
小さじ1入れて酸洗い、その後
重曹で中和しました。
300ccのぬるま湯に重曹小さじ1
刻印まで読めるようになりました。

ノズル掃除
専用のゲージが売っていますが、結構なお値段
なので、私は荷札に付いている針金を使います。
太さは0.2mmで市販の簡単に手に入る針金では
かなり細いです。
ちょっと曲げて、ピンセットで針金を挟んで
掃除をします。

caster23さん

もっと見る

この記事をシェアしよう!

caster23さんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 ストーブ 』新着編集部記事

おすすめ記事