モカ Moka Express エキスプレス

2020.05.19 (閲覧数) 301

 これで景色のいい場所で一服した時や食後に、インスタントではない(*^^*) 香り高い旨いコーヒーが飲めそうです。


外コーヒーもインスタントにしてから使ってなかったので知り合いの喫茶店に長い間、貸してあったものを久しぶりに持ち帰り、パッキンの交換をするつもりで外してみたら… 、

えっ (((; ̄▽ ̄) !? … 「 どんな使い方してたんだろう 」 ・・・ 熱で溶けて変形していたゴムパッキン、外れないフィルター、ボイラー内の固まったコーヒー滓、溶けたパッキンとコーヒー滓の混ざったネジ部の汚れ、焼き付いた焦げ跡等々 … 、「 ヤカンで湯を沸かすように強火で使ってたのか。使ったあと毎回、軽く洗って水切りしてたのかな 」

・・・ あまりにもひどい状態だったので薬局でベンジンとクエン酸、メラミンスポンジも買って、洗っては乾かし焦げ付き跡を擦り落とし汚れをこすり取っては洗い、パッキンの溶けたものを削ぎ落としては、また洗って乾かしての繰り返しで三日かかって汚れ落としは終了。あとは使う前に二、三回煮出して蒸気漏れがなければ完了です。

平たいゴムパッキンが高温で溶けて O リング状態に、固着し取れなかったフィルターを外した直後です。このあと水洗い。

二日目は外回りの強火の炎で焦げた焼き付き跡を消してアルミ地が傷になりそうなところは残したまま、ボイラー内部も大まかに汚れを落としました。

水洗いで落ちないものは乾いてからベンジンを使い少しづつ削ぎとっては洗い、乾いたらまた削り落とし洗って乾かしての繰り返し。

『 1995年製 』 ・・・ 古いし、それほど高価なものではないのですが、ふつうに使えば一生ものですよね。

コーヒー滓と溶けたゴムパッキンが混ざった汚れで目詰まりしていたフィルターは、洗うのも無理なので新しくパッキングとフィルターをセットで購入、店売りで3カップ用は 800円くらいでした。

三日かかった汚れ落としはトライ & エラーの連続、時間はかかりましたがネジ山の谷部分にもトライ、洗ったくらいでは取れなかったネジ山の汚れ、コーヒー滓と混ざった溶けたゴムパッキンも削ぎとってこれで終わりに、仕上がりに気になるところはありますが乾かして組みあげる前の状態です。

ミニ焚き火台を使えばエスビットなどの固形燃料で気軽にどこでもコーヒータイム。野外なら枯れた小枝を集め焚き火をしても (*^^*)♪ 一杯の旨いコーヒーを楽しめますよ。

IVYさん

折りたためない… (^_^ ;ゞ 折り畳み自転車です。晴れた日は片手で持てる軽くて小さな自転車に乗ってます。遠出を車ではなく、専用の輪行バッグを使って電車で(*^^*)移動も楽しいですよ。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

IVYさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事