【のんびりローカル線で行く絶景低山の旅】JR弥彦線・弥彦山(新潟県)

2017.11.03

東京スカイツリーと同じ高さから日本海を一望

ローカル線の魅力は、ゆったり車窓の景色を堪能できること。そこにお手軽な低山があれば登りたくなるのがアウトドズマン。

越後平野を走る弥彦線は2016年に開業100周年を迎えた、北陸を代表するローカル線。

終点の弥彦駅は越後一宮「彌彦神社」の最寄り駅だ。神社の境内からも雄大な姿を望める弥彦山は、東京スカイツリーと同じ約634mの標高で、神域として信仰の対象になってきた。

境内に入り口がある「万葉の道」は、鬱蒼とした森の中を進んでいく登山道。整備されているので、初心者でも歩きやすい。

彌彦神社の境内に登山口がある。山頂へはロープウェイでもアクセスできるが、徒歩でも約1時間30分。途中に多少の岩場があるものの、コースの大半は木々の中を森林浴を楽しんで歩ける。心も体もスッキリしよう。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』