アジア初上陸! 森の空中あそび「パカブ」オープン!

2017.06.03

© Denis Gliksman

 

フランスで生まれた空中の遊び場「森の空中あそび『パカブ(parcabout)』」が7月下旬に、神奈川県南足柄市の「足柄森林公園 丸太の森」にオープンします!

「パカブ」は、巨大な網の上でハーネス(落下を防ぐ器具)などを使用せず、気軽に遊べることをコンセプトにした空中の遊び場です。
足元は固定されていない網なので、揺れて跳ね上がったり転んだりする楽しさと、地上3m~最大8メートルの地上高で下がすべて見えるスリルもあり、吊り橋や迷路、サッカーなどのスポーツも楽しめます。
発祥の地となったグロワ島では過疎化が進んでいましたが、引退した漁師たちが漁網やロープを編んで「パカブ」を製作したことで若者の島離れを食い止めたとも。
現在はフランス国内の23カ所に設置されている以外に、イギリスでも5カ所に展開。日本にオープンする「パカブ」は世界最大級の規模となります。

© Denis Gliksman

© Denis Gliksma

 

 

住所:神奈川県南足柄市広町1544
オープン予定日:2017年7月下旬
定休日:月曜(祝日の場合は、翌日)、12/29~1/3 ※7/15~8/31 は無休
駐車場:100台(無料)
Web:http://www.parcabout.jp
アクティビティ:・空中吊り橋・空中迷路・空中トンネル スベリ台・空中バドミントン・空中バスケットボール・空中サッカーボール 他ボールゲーム・バランスウォーキング(平衡感覚と体幹を刺激します)・キッズ専用プレイゾーン・網の上でゆっくりとくつろげるスペースも。

足柄森林公園 丸太の森では、キャンプやバーベキュー、日本最長クラス(1060m)のキャノピー(樹間)ツアースタイルのジップライン〈飛天狗(とびてんぐ)〉なども楽しめます。

 

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 公園・ご近所 』新着ユーザー投稿記事

『 公園・ご近所 』新着ユーザー投稿写真

『 公園・ご近所 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』