【田舎のヒット商品】 生産者に人気のヒミツを聞きました! 「森の家」の甚五右ヱ門芋(山形県) | BE-PAL

【田舎のヒット商品】 生産者に人気のヒミツを聞きました! 「森の家」の甚五右ヱ門芋(山形県)

2016.11.27

11-88-1山形県最上郡真室川町で伝承野菜である里芋を作る佐藤春樹さん。幼いころから祖母・清子さんの作るこの里芋を食べて育ったため、そのすごさに気がつかなかったという。

「26歳から祖父母を手伝って農業をはじめたんですが、ちょうどそのころ、町が伝承野菜を探しているという記事を広報誌で知ったんです」

佐藤家では代々、里芋の種を絶やさずにとっている。そのおいしさは近所でも評判だった。「調査の結果、やはり伝承野菜でした。家宝はここにあった! って、武者震いしましたね」

1981年山形県真室川町生まれ。 『甚五右ヱ門芋』を育てている農 家『森の家』の 20 代目。イベント などにも積極的に出店し、真室川 の特産品をアピールしている。

佐藤春樹さん。1981年山形県真室川町生まれ。『甚五右ヱ門芋』を育てている農家『森の家』の20代目。イベントなどにも積極的に出店し、真室川の特産品をアピールしている。

山形大学で在来作物の研究をする江頭宏昌教授からも、「ねっとりとした特別な食感。粘り成分は普通の里芋の約2倍」とのお墨付きをもらうことができた。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿写真

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。