コンポストは意外と簡単!おしゃれなバッグ型「LFCコンポスト」のやり方 | BE-PAL

コンポストは意外と簡単!おしゃれなバッグ型「LFCコンポスト」のやり方

2020.10.12

私が書きました!
モデル
加藤由佳
大阪府出身、東京都の高尾エリア在住。アウトドア雑誌や広告などで活動するモデル。根っからのインドア家庭で育ったが、東京移住を機に自然を求めて山に行くようになり、以来ハイキングにハマる。「ゆるふわ」をモットーに近場の低山から、海外のトレイルまでを歩く。インスタグラム:@_yuka_kato_

コンポストで地球に優しい循環サイクル

みなさんは「コンポスト」って知っていますか? 枯れ葉や生ゴミなどの有機物を微生物の力で分解させた「堆肥」のことです。 家庭で出る生ゴミを「ゴミ」として捨ててしまうのではなく、土に戻し循環させることができるなんて、素晴らしいですよね! とはいえ、臭いや虫の発生はどうなのか、続けられるのか心配でした。 そんな時に見つけたのが、『LFCコンポスト』。

LFCコンポストを選んだ理由

家庭でできるコンポストには様々な種類がありますが、私が探した条件はこちら。

・賃貸でもできる省スペースなもの
・虫が混入しにくく、臭いが少ないもの
・扱いが難しくない
・サポートがある

LFCコンポストは、この条件がピッタリとハマりました。土を入れるバッグのデザインがシンプルで、見た目がいい事もポイント◎。

とっても簡単!やり方の手順

では、早速トライしていきましょう。

・専用のバッグに専用の紙袋をセットします。

・専用の土を入れて、ほぐしながらよくかき混ぜます

・混ぜるとこのようにサラサラとしています。

・生ゴミを入れ、混ぜて封をするだけ!

初めての投入。これからどうなるのかドキドキ。

・生ゴミを土に馴染ませていきます。

袋を2回ほど折り、しっかりと封をします

1日約300gの生ゴミを入れると、2ヶ月間使うことができます。

長続く続けるためのマイルール

LFCコンポストは、屋外で通気性のいい網かごの上に乗せての使用を推奨していますが、私はキッチンのラックにS字フックで吊り下げたままでした。

毎日のことなので、自分がやりやすい導線を決めておくのも、長続きできるコツだと思います。

他にも私は調理しながらでた野菜クズは、水切りカゴがついたボウルに溜めておくことにしました。三角コーナーは見た目も「ゴミ」感がでてあまり好きでありませんでしたが、ボウルにすると不思議なことに汚らしさがなくなり、食器と一緒に洗ってしまえばキッチンもスッキリします。

水切りカゴに入れておくと余分な水分も落としてくれます

コンポスト成長日記

・1週間目はずっと土がサラサラな状態で、本当に分解されるのかな?と心配でした。
毎日コーヒーカスを入れているからか、臭いは全くしません。

・2週間くらいで入れた野菜の周りが熱くなっているのを感じました。
でもまだ野菜はゴロゴロとしっかり形があります。臭いは無臭から、土らしい香りになってきました。

・3週間目で土の臭いが少し強くなってきました。とはいえ、生ゴミの嫌な感じではなく、漬物のような酸っぱい発酵臭。土全体がホカホカしています。

3週間目頃。最初と比べると土の色も濃くなり、しっとりとしてきました

・1ヶ月過ぎても変わらず少し酸っぱい臭いがするだけで、心配していた虫もわいていないので、このまま室内で継続しました。

仕上げの熟成期間

2ヶ月が経ち熟成させるため、土を袋からダンボールに移してベランダに設置しました。

まだ直前に入れた野菜や、骨は残っている状態です。

虫が入らないようにガムテープでしっかり止めて通気性をよくするため、すのこの上に置きました。

週2〜3回混ぜたり、週1回水を入れたりと、お世話を続けながら約3週間の熟成期間を経て完成です。

いつでも気軽に相談できる、安心のサポート

簡単にできるとはいえ、やっていくうちに「これは入れて大丈夫かな?」「この状態でいいのかな?」と様々な疑問や不安なことってありますよね。そんなときはLINEで相談!

私は1ヶ月ほどで中の袋が破けてしまい、このまま続けていいものなのか心配になったのでメッセージを送りました。するとすぐ、このようにお返事をいただきました。

「お使いのコンポストがファスナー付きのLFCコンポストであれば、紙袋はやぶけいてても大丈夫です。保水目的ですので。破れたり穴が開くと、通気性がよくなり水分も飛びやすくなります。ですので、そのまま堆肥化を続けてください。どうしても気になる場合は、単品で販売もしております。」

 

他にも土が水っぽくなってきた時や、梅干しやアボガドの種は入れてもいいのか?堆肥の管理方法や、すぐに土を使わない場合の保管方法など様々なアドバイスをいただきました。

このように、すぐに解決できるサポート体制は本当に心強いです。

コンポストをはじめて変化したこと

・可燃ゴミが週2から週1に減少した
私が住んでいる地域は、ごみ収集の為に専用の袋を買わなければいけません。7月からレジ袋が有料になったこともあり、小さなことかもしれませんが、ゴミ袋の消費が減ったのは嬉しいことでした。

・ゴミ箱を開けた時の嫌な臭いがなくなった
梅雨時期や夏場は特にゴミの臭いが気になっていましたが、今年はほとんど不快感は感じませんでした

・土を育てている感覚で、毎日かき混ぜるのが楽しい
生ゴミですが、コンポストにとったら「ご飯」なんですよね(笑)毎日「今日はどんな状態かな?」「お、温かい!」など観察しながら混ぜる事にすっかりハマってしまいました。

・家庭菜園がより楽しくなった
家庭菜園も初心者ですが、土づくりから始めてスクスクと育った野菜を収穫して食べるってなんて素晴らしいんでしょう。と、しみじみと感動しました。

気がついたら大きくなっていたキュウリ

紫蘇は冷しゃぶやサラダにしたりで夏は重宝しました。最後の実まで余す事なくいただきます。

こんな感じでコンポストはいいことづくし!

自治体によってはコンポストのための補助金がでるところもあるので、お住まいの市町村のHPなどで調べてみてくださいね。私の住む地域でも補助金がでるようなので、今度申請する予定です。

コンポストをきっかけに各家庭から少しずつでもゴミを減らし、環境のことを考える良いきっかけになればいいなと思います。

LFCの購入方法

まずはガーデニングのセットもついたお試しセットで始めてみるのもいいかもしれません。生ゴミの投入期間は3週間、その後熟成させ、コンポストの容器をプランターがわりにし、種を植えるとガーデニングが楽しめます。

LFCガーデニングセット
価格:3,480円(税別)

長くコンポストを続けたい場合は定期コースがお勧め。2回目以降は1〜3ヶ月のサイクルが選べて、定期的に紙袋と基材が届きます。

LFCコンポストセット
価格:2,980円(税別)

2回目以降定期便
価格:1,780円(税別)

LFCコンポスト
https://lfc-compost.jp/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿写真

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。