秋の七草「ススキ」を使って野草茶を作ってお月見をしよう! | BE-PAL

秋の七草「ススキ」を使って野草茶を作ってお月見をしよう!

2020.10.01

私が書きました!
マクロビオティックライフアドバイザー
Miki
野草やマクロビオティックなど「そのまま自然にあるもの」を用いて、世界中で「生きる知恵」を伝える活動家。ロンドンにてメイクアップアーティストとして活動し、帰国後にマクロビオティックと出逢う。野草で100年先も豊かにする国際NGO法人YASOUENの代表理事・YASOU合同会社代表。一男一女の母。

十五夜を家でも外でも楽しめる「ススキ茶」

日本人は古来より、月の満ち欠けでカレンダー(二十四節気)を知り、日々の生活を紡いできました。そのため一番大切な収穫期の満月を豊穣の象徴として「十五夜」と呼び、お月さまに感謝を捧げています。今回はアウトドアでも手軽に作れる野草茶を、秋の七草「ススキ」を使って楽しむ方法をご紹介します。

どんなススキがお茶に適してるの?

芒(ススキ)は和名では尾花(オバナ)といい、秋の七草の一つです。Japanese silver grassと英語で言われるように、銀色に輝く穂は月夜の晩にこそキラキラと美しいですね。このススキには何種類か種類がありますが、全てイネ科です。イネ類にアレルギーが無い方であれば、全てお茶にして楽しめます。

収穫にちょうどいいススキとは?

ススキは、穂が開くとフワフワ飛んでいきます。これは自然界で種を飛ばすためのススキの知恵です。ですがお茶にするためには適さないので、まだフワフワしていない穂を摘みましょう。茎は固いので、ナイフやハサミを使います。

こちらは穂が少し開きかけた状態です。これぐらいまでに摘むのが良いです。

ススキ茶を作ってみよう

材料と道具

・ススキ
・フライパン

作り方

(1)ススキがフライパンに入るぐらいに切ります。あまり細かくしないようにしましょう。

(2)中火〜弱火でそのまま炒っていきます。さえ箸などでススキが焦げないように時々ひっくり返します。パチパチとやさしい音がするので、耳を澄ましてみてくださいね。

(3)穂が開いたら完成です。そのままお湯を注げば、ススキ茶がすぐに楽しめます。保存する時はジップロックに入れておきましょう。

子どもも大好きなススキ茶は、玄米茶のようにまろやかで香ばしい味です。涼しくなってきた秋は温かい野草茶と共に、月を眺めてほっこりと夜を楽しみましょう。

ススキ茶情報協力 / 田中 寛人

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿記事

『 ナチュラルライフ 』新着ユーザー投稿写真

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。