圏外のキャンプ場でも「デジタル簡易無線」があれば安心!使い方と楽しみ方とは

2020.10.19

私が書きました!
アウトドア女子
ヒミカ
石垣島出身。フェールラーベン公式アンバサダー。2017年4月からYouTube「ヒミカチャンネル」をスタート。以来活動範囲はYoutube、インスタグラム、ライター、モデルなど多岐にわたる。キャンプ、登山、グラベルバイクなどを楽しみながら、2019年夏から山暮らしを開始。https://www.youtube.com/c/hobbyhimika

奥武蔵の山では2回目の秋を迎えました。このコラムを書いている今日はすっかりと秋めいて、数日前から残暑のむし暑さが一転して肌寒さを感じるようになりました。ご近所にある棚田では秋の風物詩となる稲刈りが行われ、お米を美味しくする稲架掛けも見られるようになりました。わたしもこの収穫の季節を味覚で楽しみたいと思います!

コールサインは「とうきょうUT616」

それでは本題に入りますが、今回はデジタル簡易無線という無線機のご紹介です!

キャンプに慣れてくると、もっと大自然を満喫したくなって人里離れたキャンプ場を訪れる機会が増えてくると思います。休日に友人と連れ立って行くキャンプは楽しさが倍増しますよね。そんなとき山間を数台の車で走っていると、休憩したくてもスマホが圏外で連絡が取れないって場面に遭遇したことはありませんか?

それに、キャンプ場へ着いて自由行動しているメンバーを一斉に呼び戻したい時などにスマホが使えなくて探し回らなければならないことも……。そんなときに活躍するのがデジタル簡易無線なんです。これなら迷子や防災対策にも活用できますよ!

デジタル簡易無線は免許が不要な広範囲のトランシーバー

私はアイコム「IC-DPR3」を使っています。

アマチュア無線業界では広く認知されているデジタル簡易無線。一般的なトランシーバーは数百メートル離れて通話できるかどうかといったところですが、このデジタル簡易無線は1~5㎞離れていても通話できるという優れもの。

しかも、アマチュア無線のように難しい免許が必要ないのがポイントです! これだけの範囲で相互通信できるのなら、スマホが圏外になりやすいドライブやキャンプではとても役立ちますよね!

特に最近はキャンプブームで小さいお子さんを連れたファミリーキャンプを目にすることが増えました。食事の用意などでちょっと目を離したすきにどこかへ行ってしまい迷子になる危険性もあります。このような不測の事態を考え、予めデジタル簡易無線をお子さんにも身に着けておけば、いざというときに大事に至らずに済むことでしょう。

通信範囲は狭まりますが、GPSを搭載したデジタルコミュニティ無線というものもあり、こちらは通信範囲内であれば相手の場所を探し出すことができます。こういった無線機は災害時にも大きく役立ちます。もしもライフラインが寸断したときに不特定多数に向けて助けを求めたり、居場所を知らせたりすることができるのです。

免許が不要とはいえ、事前に登録申請は必要!

登録が完了したら届く無線局登録状。

アマチュア無線のように免許の取得は不要でも、使用する前に総務省へ登録申請が必要になります。登録方法は2種類あり、1台だけ登録する個別登録と複数台を登録できる包括登録があります。

わたしは初めに2台購入したので包括登録を行いました。包括登録はあとから無線機を追加登録できるので、複数台所有する予定があるなら最初から包括登録することをお薦めします。

初めての申請は少し大変でしたが、何とかわたしでも修正もなく一発で登録できましたので、皆さんなら簡単に行えると思います。登録証が届くまで約2週間かかりますので、それまでは使用を我慢してくださいね!

また違った楽しみ方も!デジタル簡易無線を使うフリラー交信

アマチュア無線家の方々は、古くから遠方にいる不特定の相手との交信を楽しんでいますが、免許のいらないデジタル簡易無線や特定小電力無線、市民ラジオといった無線機でも遠方の方との交信を楽しむフリラー(愛好家)が増えています。

高台や見晴らしの良いところ、山頂から交信すると100㎞以上離れた思わぬ場所から応答が返ってくることがあるそうです! わたしもこれからこのような楽しみ方も加えてみたいと思います。

わたしはしばらく購入を悩んでいた時期がありましたが、山暮らしの中で台風被害を受け、道路が寸断したときに購入を決意しました。今ではキャンプはもちろん、様々な場所で大活躍しています。

それでは、次回もお楽しみに!

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 田舎暮らし 』新着ユーザー投稿記事

『 田舎暮らし 』新着ユーザー投稿写真

『 田舎暮らし 』新着編集部記事

おすすめ記事