暮らしの実験室のワークショップ 原材料からラーメンづくり

2016.10.07

「ORGANIC FARM 暮らしの実験室」(以下、暮らしの実験室)で年末の恒例になっているのが「ラーメンワークショップ」。畑の野菜を収穫し、小麦を粉にして麺をつくり、ニワトリをさばいてスープをとるところまで、すべて原材料からラーメンを作るのである。

みんなで小麦粉を練る。ラーメン作りワークショップには誰でも参加できる

みんなで小麦粉を練る。ラーメン作りワークショップには誰でも参加できる

日本人には身近なラーメンだが、それがどんなものでできているかというと、実はあまりよくわからなかったりする。インスタントラーメンはもとより、多くの店で供されるラーメンは添加物や保存料、化学調味料などがいっぱい。言ってみればブラックボックス。スープの上にのった薄いチャーシューを食べるとき、果たしてどれだけの人がそこに命があったことを感じるだろうか。

身近にある素材だけで仕込んだ特性スープ

身近にある素材だけで仕込んだ特性スープ

暮らしの実験室のラーメンは、豚骨と鶏ガラでスープをとる。そこでまずやるべきことはニワトリを絞めて捌くこと。ニワトリをしっかりと押さえ、首の頸動脈を切れば、血が流れ出て、2〜3分経つとそれで絶命。その後、60〜65度の熱湯に2分ほどつけ、毛穴を開いて毛をむしると、そこにあるのはもうお肉だ。これがラーメン作りのスタート。あとは肉をさばいて、残ったガラでスープをとる。

命をいただくことに感謝して、ニワトリを絞める

命をいただくことに感謝して、ニワトリを絞める

毛をむしり、お肉となったニワトリ。農場スタッフのレクチャーのもと解体していく

毛をむしり、お肉となったニワトリ。農場スタッフのレクチャーのもと解体していく

麺は製粉した小麦を練ってつくる。もちろんこれも農場でとれた有機無農薬の小麦である。小麦の種をまいたのは1年前の秋。収穫は翌年6月ごろ。食べ物を作るって大変なのだ。

 

製粉した小麦に卵を加えて練り、製麺機を使って作った麺

製粉した小麦に卵を加えて練り、製麺機を使って作った麺

ブタは食肉処理場に送られてお肉になる。骨も戻ってくる。骨はスープに、肉はチャーシューにするわけだが、豚舎の柵に顔をのせて、つぶらな瞳でこちらを見るブタたちを見ると、ちょっと複雑な気持ちだ。ニワトリもそうだが、食べるというのは、つまりそういうことなのだ。私たちはほとんど場合、食べるという行為のその最終段階しか知らない。

農場で育てたブタがお肉になって帰ってきた。これでチャーシューを仕込む

農場で育てたブタがお肉になって帰ってきた。これでチャーシューを仕込む

農場の産物だけで作ったラーメン。そこに見えないものは何もない

農場の産物だけで作ったラーメン。そこに見えないものは何もない

ほぼ、1日がかりのラーメン作り。
普段、私たちが、手軽に食べているラーメンもちゃんと作ろうと思えばこうなる。
たかがラーメンとはいえ、それを通して、何か都会では見えない、本当は知らなくちゃいけないことがいろいろ見えてくる気がする。
身の回りにあるけれど、考えてみるとよくわからないこと。そういう“どこか遠いものを自分ごとにしていく”。これ、暮らしの実験室の隠れたテーマです。

『ORGANIC FARM 暮らしの実験室』
住所:茨城県石岡市柿岡1297-1
TEL:0299-43-6769
URL:http://www.kurashilabo.net/

 文/和田義弥 写真/ORGANIC FARM 暮らしの実験室

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 農業・ガーデニング 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』