女子キャンパーの私が2020年に買って良かった「ソロキャンプにも使える道具」3選! | BE-PAL

女子キャンパーの私が2020年に買って良かった「ソロキャンプにも使える道具」3選!

2020.12.29

私が書きました!
アウトドア女子
ヒミカ
石垣島出身。フェールラーベン公式アンバサダー。2017年4月からYouTube「ヒミカチャンネル」をスタート。以来活動範囲はYoutube、インスタグラム、ライター、モデルなど多岐にわたる。キャンプ、登山、グラベルバイクなどを楽しみながら、2019年夏から山暮らしを開始。https://www.youtube.com/c/hobbyhimika

今年2020年は誰もが予想もしなかった未曾有の事態、新型コロナウイルス感染症と戦った1年でした。今もなお増加の一途を辿る、この得体の知れないウイルスはいつ終息に向かうのでしょうか……

振り返ってみると、真夏であっても誰しもがマスクを着用しなければならないという想像すらしたことのない光景は、苦難の年の象徴でもありました。

今年も素敵なキャンプ用品にも出会えました!

そんな年ではありましたが、感染防止対策として3密(密閉・密集・密接)を避けながら適度に体を動かし、リフレッシュできるアウトドアアクティビティーとして、キャンプは一役買ったのではないかと思っています。

それでは、今年もキャンプを楽しんだ私が今年買ってよかったキャンプ用品を3つ紹介します! 今回はソロキャンプでも活躍するアイテムに厳選しました。

ギア1:グリップスワニー「ファイヤープルーフGSタープ」

「ファイヤープルーフGSタープ」¥38,500+税

1つ目は、キャンプを始めて4年足らず、いつかはタープだけ持って現地調達した枯れ枝でシェルターを作ってキャンプを楽しみたい! という想いが叶えられた年でもありました。

焚き火好きにはたまらない、満を持して登場した難燃タープ。

レザーグローブが定番名品となっているグリップスワニーから独自開発した難燃ファブリックFIRESHIELDを使用した製品が今年続々と登場しましたが、焚き火好きにはたまらないそのこだわりの各製品群の中に「ファイヤープルーフGSタープ」があります。

枯れ枝で作っていますが、別売りでポールも販売しています。

サイズは3×3m、ループ数は19箇所もあり、自由度の高い豊富なシェルターアレンジができるます。また難燃ファブリックだから、存分に焚き火が楽しめます。

シェルターにすると十分な高さが生まれ、まさにソロキャンプにピッタリ!「ファイヤープルーフGSタープ」は今年買ってよかった逸品です。

ギア2:flames「ファイヤースタンド」

「ファイヤースタンド」¥13,000+税

今年は焚き火ブームということもあってか、大手メーカーからガレージメーカーまでたくさんの焚き火台が登場した年でもありましたね。キャンプ場へ足を運ぶと、様々な焚き火台を目にしました。その中で、今年は焚き火好きの私も新しい焚き火台に出会えたので2つ目を紹介します!

手にした瞬間に、“これは定番になる!” と感じました。

私が思う定番の条件とは「シンプルで飽きが来ず、そして頑丈である」ことだと思っています。flamesの焚き火台はそう思わせた道具の1つ。80年以上の鉄加工により培われた技術と、焚き火を愛する想いが注ぎ込まれているからだと感じました。

写真出典:flames

Lコンセプトという新発想でデザインされており、収納時にL字型の火床に両脚を合わせて置くと寸法ピッタリに納まります。それをゴトク兼バインダー(フルセット付属)で固定ロックをかけて、持ち運びができるという仕様で収納できます。展開時ともに素晴らしいデザインなのです!

写真出典:flames

このデザインのこだわりをメーカーの製作者である松永さんにお聞きしたところ、黄金比ならぬ白金比で美しく見えるように設計されたそうです。 手にした人はその焚き火台の美しさに驚かれると思います。

サイズはとても小さいので、チェアに座りながらというより地べたに座って使うのがいいと感じました。みんなで囲って焚き火をするというより、一人でじっくりと焚き火を満喫するのにいいでしょう。

ギア③:スノーピーク「マナイタセットM」+「キッチンメッシュケースS

「マナイタセットM」¥3,800+税

アウトドア料理に重宝する「マナイタセットL」は以前から愛用していた道具でした。でも、どこに出かけるにも簡単に持ち運びできるような小ぶりなサイズを欲しくなり、今年購入してみた「マナイタセットM」が予想以上に使いやすくて、買ってよかった道具です!

小ぶりな天然木のマナイタとペティナイフは万能なアウトドア道具。

自宅のキッチンでも、大きな三徳包丁よりペティナイフのほうが小回りがきいて使いやすいですよね。

野菜でもフルーツでも何でも手軽に切れるし、スペース的にも邪魔にならない使い勝手のよいペティナイフと、調理したり料理をサーブしたりもできるカッティングボードほどのサイズのマナイタがセットになっているのだから、そんなセットがアウトドアでも手軽に使えるとしたら、万能な道具になるのは当然!

「キッチンメッシュケースS」¥2,180+税

さらに買ってよかったと思えたのは、「キッチンメッシュケースS」のおかげ!「マナイタセットM」にピッタリのサイズで遊びもなく、メッシュだから洗って軽く水気をきったままで収納しても、すぐに乾燥するから雑菌の繁殖も抑えられます。

また、自転車やバイクなど移動する際に荷物が傷つきやすいスタイルでも、まな板を傷つけずに持ち運べるので大変便利。これほど使い勝手が良いので、お出かけには常備するマストアイテムになりました。

また来年も皆さんと同じようにキャンプを存分に楽しんでいきたいと思います!

皆さんも良いお年をお迎えください。それでは、次回もお楽しみに!

『BE-PAL責任編集 はじめてのソロキャン完全ガイド』好評発売中!

さまざまなソロキャンパーのスタイル&愛用道具紹介をはじめ、ソロキャン道具カタログ、料理レシピ、キャンプ場ガイドなど知りたい情報がぎっしり詰まった1冊。要チェックです!

定価1200円+税。小学館刊

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自然とともに暮らす 』新着ユーザー投稿記事

『 自然とともに暮らす 』新着ユーザー投稿写真

『 自然とともに暮らす 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。