必ず揃えておくべき防災用品はコレだ!【地震に負けない必備アイテム6選】

2018.09.07

東京都総務局総合防災部防災管理課課長代理 防災普及担当 山中圭子さんに、最低限揃えておくべき防災用品について教えてもらいました。

家庭や会社では、防災用品の準備や食糧の備蓄を心がけるようにしたい。

「東日本大震災の発生時は、物流がストップしてスーパーから生活物資が消えました。家族が3日以上過ごせるだけの食糧は、常に備蓄しておきましょう。長期保存できるミネラルウォーターを用意するほかに、普段から水道水をペットボトルに汲み置きしておくのもおすすめです」と、山中さん。

備え1 水(ミネラルウォーター)

富士ミネラルウォーター/
非常用5年保存水 2ℓ PETボトル(1ケース6本入り)
¥1,800
軟水で飲みやすく、高級レストランでも使われる「富士ミネラルウォーター」。5年間保存可能。
https://www.fujimineral.jp/

水道水は常温であれば3日間はもつので、汲み置いておけば災害時に生活用水として活用で きる。3日経ったら洗濯などに利用すれば良いだろう。

非常食といえば乾パンが定番だが、糖分が取りたくなるもの。ほんのり甘いお菓子類なら、お子さんがいる家族には嬉しい非常食といえるだろう。レトルトパウチ食品も保存に向くので、買い置きをおすすめしたい。

備え2 非常食

江崎グリコ/
ビスコ保存缶
¥420
5枚ずつ分包した「ビスコ」が6パック入りなので、家族で分け合える。5年間の長期保存が可能。災害時の糖分摂取にも重宝する。
http://www.glico.co.jp/bisco/products/index.html

地震の発生直後は停電が起こり、テレビや照明器具が使えなくなる可能性が高い。

「これまでは災害時の必需品は懐中電灯でしたが、現代は携帯電話やスマートフォンなど、何かと充電が必要な機器がたくさんありますので、ソーラー式の充電器が重宝します。また、電池や手回し発電で使えるラジオを1台は準備しておき、災害情報をリアルタイムで入手するように心がけましょう」と、山中さんは解説する。

備え3 ソーラー充電器


晴天時、約5時間でスマートフォンの50%を充電可能なソーラー式充電器。前面にLEDライトが付くので、懐中電灯代わりにもなる。
http://www.logos.ne.jp/

備え4 ラジオ

パナソニック/
FM-AM 2 バンドレシーバー RF-TJ20
オープン価格

手のひらサイズのラジオ。ハンドルを回して充電して聞くこともできるほか、スマートフォンや携帯電話にも充電できる。LEDライトやサイレン機能もある。乾電池の利用も可。http://panasonic.jp/radio/line_up/keitai.html

防災用品を買い揃えたら、定期的に使い方を家族で確認しておこう。普段から防災意識を高
めておくことが、災害時に生き延びるために不可欠なのだ。

備え5 ヘルメット

トーヨーセフティー/
防災用折りたたみヘルメット BLOOM No.100
オープン価格
普段は折りたたんで収納でき、紐を引くだけでヘルメットに変形。家庭や職場に人数分揃えておきたい。重量約430g。
http://www.toyo-safety.co.jp/

備え6 ライター

ウインドミル/
camperⅢ 
¥3,500
コンパクトで扱いやすいライターで、着火は片手人差し指一本で可能。燃料ガスの残量も確認できる。サイズ/76×69×20㎜。
http://www.windmill.co.jp/

◎構成/山内貴範 ◎撮影/小倉雄一郎

 

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 サバイバル・防災 』新着ユーザー投稿記事

『 サバイバル・防災 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』