自宅バルコニーで楽しむキャンプ「ベランピング」がトレンド! | BE-PAL

自宅バルコニーで楽しむキャンプ「ベランピング」がトレンド!

2020.10.12

奥行き1.9m×長さ8mほどのベランダ。ウッドファニチャーにクッションや布物を組み合わせるだけで豪華!

自宅バルコニーで楽しむグランピングがトレンド!

最近、ベランダでグランピングを楽しむ“ベランピング”が人気だ。ベランダのちょっとしたスペースにアウトドアグッズを持ち出し、キャンプ感覚でリラックスタイムを楽しむ、新しいスタイルだ。そのオシャレなスタイルがインスタで話題なのが、トレンドの最先端を疾走するファッション業界の仕掛人、ビームスの遠藤秀幸さん。

本日のメニューはフレンチトーストとケメックスでいれたコーヒー。インスタ映えを意識してメニューを考えることも多い。

「若いころは、それこそ洋服だけにお金をかけていたけど、いまは衣食住バランスよく楽しむようになった」

年齢を重ねるとともに、よりライフスタイル全体の質を重視。特に家族と過ごす休日には、自分のセンスと時間をかけるようになった。そのひとつが、ベランピングだ。

キッチンから直行できるのが魅力

「外でコーヒー飲みたいな、っていうところからはじまりました。ベランダでブランチしたり、キャンプ道具を試したり。お気に入りの椅子を1脚持ち出して朝の時間を過ごすだけでいい」

家のモノとミックスすれば簡単です

ベランピングは奥さんをキャンプに連れ出す第一歩

キッチンで手軽に料理できるので、ベランピングをはじめてから、カフェに行く回数が減ったという。とはいえ、遠藤さんにはもうひとつ目論みがあるようで……。

「ベランピングは奥さんをキャンプに連れ出す第一歩ですよ。早くトーラス(愛犬)と一緒にキャンプして、旨いビールが飲みたいなぁ(笑)」

ご近所デイキャンプもおすすめです

 

一歩足を延ばし、トーラスの散歩を兼ねたデイキャンプでリフレッシュすることも。筑波山や横川・アプトの道など10㎞歩くこともある。愛用しているのはティクラのテント&タープ。

ビームスEコマース 
統括マネージャー 遠藤秀幸さん

「ビームス プラス 原宿」創設に参画。店長、プレスを経て現在はオンラインショップの企画・運営に携わる。休日は妻の仁奈さん&愛犬トーラスとのデイキャンプ&古着屋巡りがマイブーム。

(BE-PAL 2月号 2018より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプの知識 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。