はじめてのキャンプ~テント撤収のポイント~ | BE-PAL

はじめてのキャンプ~テント撤収のポイント~

2015.09.17

テントの設営につづいて、撤収のポイントです。難しいことはありません。キレイに畳んでいけばOK!ポイントは、袋の大きさに合わせることです。

コールマン1.まずはテントの底面を乾かす。地面に接している部分は、湿気が溜まりやすい。霜などでフライが濡れている場合も、少し乾かしてから撤収を。塗れたまま袋にしまうと、劣化の原因に。もし雨の撤収になった場合には、家に帰ってから面倒くさくても一度乾かしてからしまっておこう。

コールマン2.テントとフライを半分に畳み、収納袋のサイズに合わせる。闇雲に畳まずに、最終的なサイズを考えよう。

コールマン3.サイズが決まったら、クルクルと巻く。畳むと折れている部分の生地が弱くなってしまうので、巻いていくのがおすすめ。テントとフライは一緒にしたほうが収納袋に入れやすい。

【ワンポイントアドバイス】コールマンポールは端からではなく、真ん中から折っていくこと。端から折ると、中のゴムに負荷がかかって伸びてしまうことがあるので注意!濡れている場合は、水分を拭きとってから収納すると、サビの原因を防げる。

以上で撤収は終わり!みんなでやれば、あっという間。テントの設営撤収が面倒で、なかなかキャンプデビューできない、あなた!一度手順を覚えれば、とっても簡単にできますよ。レッツチャレンジ!

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプの知識 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。